チーピンって何?チーピンの原因とかんたん解決練習法

お気に入り
練習の時はまっすぐ打てていたのに、本番ラウンドになると突然起こる、チーピン。

チーピンの突然の発生は、多くのゴルファーを悩ませているかと思います。

この突然起こるドライバーショットのトラブルについて、気をつけるポイントをご紹介します。

チーピンとは?

チーピンとは?
まっすぐや、やや右に打ち出したボールが途中で極端に左に曲がっていく打球のことをチーピンと言います。

チーピンの由来は、麻雀牌の七筒(チーピン=イラスト)のようなボールの軌跡から来ており、極端な左方向に飛んでいく球筋のショットを指します。

このチーピンはドローヒッターやフッカーに多いドライバーショットのトラブルです。

チーピンで打ち出されたボールは、バックスピン量が極端に少ないので、地面に落ちてからも勢いが止まらず転がってしまうため、OBなどの大ケガにつながりやすいです。

チーピンと引っ掛けの違いとは?

チーピンと引っ掛けの違いとは?

getty

チーピンと引っ掛け、よく似たようなボールに対して使われる言葉ですが、それぞれ違いがあります。同じようなボールに対して使われますので、意味を混同している方も多いかもしれませんね。

正しい意味をおさらいしてみましょう。

チーピンとは、左に急激に曲がるボール

チーピンとは、左に急激に曲がるボール
チーピンは、目標方向から急激に左に曲がる(右打ちの場合)ボールです。いわばフックボールの一種です。

そのため、打ちたい方向に打ち出せても、最終的なボールの到着地点が大幅にズレてしまいます。

大きく左に打ち出してしまうのはチーピンとは言いません。これは後述する「引っ掛け」に該当します。

引っ掛けとは、打ち出し方向が左へ飛んでいくボール

引っ掛けとは、打ち出し方向が左へ飛んでいくボール
引っ掛けは、目標方向ではなく大きく左(右打ちの場合)に向かってまっすぐ飛んでいくボールを言います。

左に曲がらないストレートボールでも引っ掛けと言えるんですね。打った瞬間から左へ打ち出しています。

これがチーピンと引っ掛けの違いです。イラストを比べていただくと分かりやすいですね。

チーピンの原因とは?

チーピンの原因とは?

getty

ラウンド本番に突然発生したチーピンの原因は、極端に手を使い過ぎていることが原因の一つです。

ドローヒッターやフッカーは、インサイドアウト軌道のスイングをもともとしているため、手首が返り過ぎてフェースがかぶりやすい傾向にあります。

そこで手を使い過ぎると、フェースがかぶってインパクトを迎えますので、インサイドアウトの軌道が顕著になってくるのです。

この症状が出たときは、下半身が止まっているのかもしれません。下半身が止まって手首だけを返してしまうと、いつも以上に手首が返り過ぎてしまいます。その結果フェースがかぶってチーピンを誘発しやすくなるんですね。

チーピンの直し方は?

チーピンの直し方は?

getty

チーピンが出てしまう人の中には、グリップとアドレスをちょっと修正してやればチーピンがピタリと止む人もいます。

まずグリップについては、極端なフックグリップになっていないかをチェックしてみましょう。

アドレスでどんどんフックグリップになってしまうのは、上級者でもよくあるミステイクです。それが知らず知らずのうちに進行してしまうと、インパクトで強くフェースがかぶってしまうようになります。

グリップを正しい位置で握れているのか、を確認してみましょう。

もう一つはアドレスです。

目標に対してまっすぐアドレスできている、と思っていても実際にはできていない人が多くいます。目標に対してアドレスの時点で強くかぶっている傾向が強いんです。

すると自然にスイング軌道がインサイドアウトになってきてしまいます。もともとインサイドアウトの傾向が強いスイングの人が、アドレスが右を向いてしまうとどうなるでしょうか。

さらにインサイドアウトの度合いが強くなって、チーピンを連発してしまうというのがチーピン発生のメカニズムの一つです。

極端なインサイドアウトのスイングはチーピンを量産!?

極端なインサイドアウトのスイングはチーピンを量産!?

getty

アドレスがまっすぐできている人でも、スイング軌道でインサイドアウトの度合いが強過ぎる人は要注意です。

昨今ではシャロースイングが流行していますよね。ダウンスイングでヘッドを低く出してインパクトゾーンを長くして打つショットです。

適正な位置からヘッドが入ってくれば問題ないんですが、これが原因で極端なインサイドアウト軌道になっている方も見かけます。

極端なインサイドアウトのヘッド軌道になれば、フェース面が飛球線方向に向いていても、ボールには強いサイドスピンがかかります。

そのためチーピンを量産してしまう事態にもなりかねません。またチーピンが出始めてしまうと怖くなって、体が止まってしまう方もいるでしょう。すると余計にフェースが返りやすくなってしまいます。

ただでさえチーピンを出したくないのにもかかわらず、チーピンに拍車がかかってしまうケースも……。

ドライバーのチーピンとは? スコアを崩す一番の原因

ドライバーのチーピンとは? スコアを崩す一番の原因

getty

ドライバーショットでのチーピンは、スコアを崩す一番の要因になりかねません。その理由として、チーピンとはいえ、ボールがしっかりつかまっているショットが多いんです。

そのために、つかまった強いボールが出るんです。しかも急激に左へ曲がりながら……。

これが何を意味するかと言えば、地形が受けていなければOBになりますし、高い斜面などになっていたとしても強いつま先下がりの最悪なライからセカンドショットを打たなければならなくなります。

これではスコアがまとまるわけがありませんよね。

ゴルフラウンド中にできるチーピンの対策方法

ゴルフラウンド中にできるチーピンの対策方法

getty

ドライバーショットで突然発生したチーピン。

ラウンド本番中に修正するのはなかなか難しいことですが、気をつけるポイントは下半身を意識的に動かしてやること。

バックスイングの動作やスイングリズムは問題ないのにチーピンが発生してしまうのは、ダウンスイングの時に下半身の動きが鈍くなっているからです。

この下半身を意識的に動かすことで、チーピンが解消されることがあります。

つまりダウンスイングの時に、腰を意識的に“切る”(素早く回転させる)ようにしてみましょう。

チーピンの発生を防ぐスイングを練習で身につけよう

チーピンの発生を防ぐスイングを練習で身につけよう

getty

ラウンド本番でのチーピンはOBの原因になり、スコアを大きく落とすことになります。

やはり普段の練習からチーピンの発生を防ぐスイングを身につけることが大切ですね。

気をつけるポイントは下半身の動きになります。そこで下半身リードでスイングを体感する練習を取り入れてみましょう。

左手一本でドライバーをスイングすると、下半身リードの正しいスイングを身につけることができます。

左手一本でスムーズにスイングできるようになるまで繰り返し練習してみましょう。最初は素振りで、徐々に慣れてきたら実際に球を打ちます。

ラウンド本番でのトラブルは対処が難しいため、やはり日頃の練習が大切になってきます。

普段からチーピンの発生を意識した練習に取り組むことで、突然のトラブル発生に悩まないように準備を整えていきましょう!

スライスもフックも両方出る! ビビれば体が止まってチーピンが出る!

スライスもフックも両方出る! ビビれば体が止まってチーピンが出る!

getty

ラウンド中にチーピン持ちの方は、ものすごいチーピンの恐怖に襲われるときがあります。

それは左が狭い、池がある、右ドッグレッグのホール、など状況は様々です。そこでミスが一定方向で安定していれば、まだ組み立てはしやすいんです。

しかし困ったことに、チーピンに悩まされながらも、スライスもフックも両方出てしまう! という悩みのある方もいますよね。

こういう方はヘッド軌道やフェースの向きが一定ではなく、スイングそのものにバラつきがあるケースが非常に多いんです。だからといって、そーっと置きに行くようにドライバーを打つとどうなるでしょうか。

バラつきは減るかもしれませんが、置きに行くスイングをしてしまうと、体の回転が止まりやすくなります。体が止まるとフェースが急激に閉じやすくなって、チーピンの発生確率がアップしてしまいます。

こうしたケースでは、チーピンに戦々恐々としながらスイングするよりも、まずはミスの方向を一定にする練習をおすすめしたいと思います。

例えば持ち球がドロー、ミスをしてもフック。

これならば左にしか曲がりませんから、コースを広く使えますよね。スイングにびびって体が止まってしまう確率も大きく下げられるでしょう。

道具も見直す? チーピンが出やすいドライバーとは?

道具も見直す? チーピンが出やすいドライバーとは?
チーピンが出てしまう原因の一つにフェースが強くかぶってしまう現象が挙げられます。ここでもしかしたらチーピンの原因はあなたのドライバーにあるのかもしれません。

フェースが返りやすいドライバーは、チーピンが出てしまう可能性が高いドライバーともいえるのです。

フェースが返りやすいということはつかまりやすく、スライサーにとってやさしいドライバーでもあります。しかしフッカーやチーピン持ちにはこれほど相性の悪いドライバーはないかもしれません。

見るべきポイントは二つです。

一つ目は重心角の大きなドライバーです。机などにクラブを置いたとき、ヘッドの向きを見てみましょう。フェース面が上を向けば向くほどフェースの返りやすいドライバーです。

二つ目は重心距離の短いドライバーです。重心距離が短いもの(具体的には38~40ミリ以下)は手で操作がしやすくなります。メーカーが公表している数値や雑誌やWEBなどに掲載されている数字を見て、注意しましょう。

スイング中の手首を返す動きを、よりクイックにヘッドの挙動をして表れてしまうんです。

チーピンで困っているのに、チーピンが出やすいドライバーを使っていては、チーピンの症状を助長しているといっても過言ではないでしょう。

チーピンを直すおすすめ練習法 スイング軌道をテープで表示!

チーピンが出る原因の一つに強いインサイドアウトのスイングがあります。そこで、強いインサイドアウトにならないように、ヘッド軌道をマットにテープなどを貼って表示してしまいます。

スイングのガイドを作ってあげるんですね。

インスタグラムなどで、上級者がこのようにテープを貼っているのを見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。

このテープ(ガイド)に沿ってヘッドを動かすように意識してみましょう。

これで強いインサイドアウトのスイングが矯正されて、チーピンが少しずつ収まってくるでしょう。持ち球が軽いドローボールになればしめたものです。

ただ意識していないと、元に戻ってしまう可能性もあります。「調子がおかしいな」「チーピンが出始めたぞ」と思ったときには、またこの練習に戻ってヘッド軌道を確認するようにしましょう。

スイングだって日々のメンテナンスが非常に大切なんですよ。

チーピンを直すおすすめ練習法 ハーフショットで目標よりも左へ打たない

チーピンを直すためのおすすめの練習ドリルを紹介します。

最初はハーフショットです。ただハーフショットを打つだけではなくて、目標を決めたらそこよりも左へ打ち出さないように意識をするんです。

フェース面をいつもより意識して左に向けないようにスイングができるので、強いサイドスピンをかけないようにボールを押し出すような動きが自然と身に付きます。

ボールをつかまえるためにはフェースの開閉は必要なのですが、これが必要以上に働いてしまうとチーピンの原因もなりますからね。

このときもスイング軌道は強いインサイドアウト軌道にならないように意識してみましょう。テープでヘッド軌道を表示させつつ、ハーフスイングをしていくのも有効ですよ。

チーピン持ちの方は、気が緩んだ途端左へ行くボールが出ることがあります。1球1球大切に打つようにしましょう。

チーピンを直すおすすめ練習法 フィニッシュを上に抜く

チーピンを直すおすすめ練習法 フィニッシュを上に抜く
こちらのフィニッシュを上に抜くように意識をして練習できるといいでしょう。

これもフェースを急激に閉じ過ぎない矯正をするための練習方法です。見るべきポイントは、フォローでクラブが体の前に来たときです。

ここでアイアンのヘッドが上を向いていれば大丈夫ですが(写真左)、地面を向いていたらヘッドを返し過ぎています(写真右)。

右手をスナッピーに使い過ぎると、ヘッドがこのような角度になってしまいます。

こうしたタイプのスイングをする人は、ボールはしっかりつかまる人が多いでしょう。しかし制御不能なくらいボールが左へ飛び出してしまうケースに悩まされているはずです。あなたのフィニッシュはちゃんとヘッドが上を指しているでしょうか?

チェックしてみてください。

チーピンを直すおすすめ練習法 右手の片手打ち

フィニッシュを上に抜くための補助的なドリルになりますが、右手の片手打ちもぜひやってみてください。

このときただ右手一本で打てばいいというものではなく、目標を決めたらそこよりも絶対に左へ打ってはいけません。フェースコントロールをより強く意識して練習をしていきましょう。

スライスが止まらない人には、フェースでボールを包むようなイメージで打つというイメージを推奨しますが、フッカーやチーピンを持っている方は逆です。

いかにフェースでボールをつかまえ過ぎないかコントロールする方向で練習をすすめていきましょう。

クラブコントロールがモノになればもうチーピンは怖くない!

クラブコントロールがモノになればもうチーピンは怖くない!

getty

チーピンが出てしまう原因は、軌道とフェースのコントロールができていないのです。

しかし逆にクラブのコントロールができてしまえば、もうチーピンなんてしないようになるんです。

地道な練習かもしれませんが、あと少しでベストスコア更新! という場面で憎らしいチーピンを出さないためにも、ぜひともチーピンは修正しておくようにしましょう。

左へのミスが怖くなくなれば、もっとラウンドでの攻め方が広がってきますよ。目指せチーピン撲滅!

こちらにまとめ記事ご用意しています

お気に入り
meison

アスリートを夢見るアベレージ100のゴルファーです。

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200801-0901
ダンロップX2ボール200801-0901

カートに追加されました。


フォーティーンIF700FG 200716-816