チーピンって何?チーピンの原因とかんたん解決練習法

チーピンって何?チーピンの原因とかんたん解決練習法

お気に入り

練習の時はまっすぐ打てていたのに、本番ラウンドになると突然起こる、チーピン。

多くのゴルファーを悩ませているかと思います。

この突然起こるドライバーショットのトラブルについて、気をつけるポイントをご紹介します。

チーピンって何?

チーピンって何?

真っすぐや、やや右に打ち出したボールが途中で極端に左に曲がっていく打球のことをチーピンと言います。

チーピンの由来は、麻雀牌の七筒(チーピン=イラスト)のようなボールの軌跡から来ており、極端な左方向に飛んでいく球筋のショットを指します。

このチーピンはドローヒッターやフッカーに多いドライバーショットのトラブルです。

チーピンで打ち出されたボールは、バックスピン量が極端に少ないので、地面に落ちてからも勢いが止まらず転がってしまうため、OBなどの大ケガにつながりやすいです。

チーピンの原因 手打ちのドライバーショットになっていませんか

チーピンの原因 手打ちのドライバーショットになっていませんか

getty

ラウンド本番に突然発生したチーピンの原因は、極端な手打ちが考えられます。

ドローヒッターやフッカーは、インサイドアウト軌道のスイングをもともとしているため、手首が返り過ぎてフェースがかぶりやすい傾向にあります。

つまり手打ちになっているのです。

ここで気をつけるポイントとしては、いつも以上に手が返り過ぎていないかということです。

では手打ちになってしまう原因は何なのか。それは下半身がまったく使えていないことにあります。

ゴルフラウンド中にできるチーピンの対策方法

ゴルフラウンド中にできるチーピンの対策方法

getty

ドライバーショットで突然発生したチーピン。

ラウンド本番中に修正するのはなかなか難しいことですが、気をつけるポイントは下半身を意識的に動かしてやること。

バックスイングの動作やスイングリズムは問題ないのにチーピンが発生してしまうのは、ダウンスイングの時に下半身の動きが鈍くなっているからです。

この下半身を意識的に動かすことで、チーピンが解消されることがあります。

つまりダウンスイングの時に、腰を意識的に“切る”(素早く回転させる)ようにしてみましょう。

チーピンの発生を防ぐスイングを練習で身につけよう

チーピンの発生を防ぐスイングを練習で身につけよう

getty

ラウンド本番でのチーピンはOBの原因になり、スコアを大きく落とすことになります。

やはり普段の練習からチーピンの発生を防ぐスイングを身につけることが大切ですね。

気をつけるポイントは下半身の動きになります。そこで下半身リードでスイングを体感する練習を取り入れてみましょう。

左手一本でドライバーをスイングすることで、下半身リードの正しいスイングを身につけることができます。

左手一本で思いっきりスイングできるようになるまで繰り返し練習してみましょう。最初は素振りで、徐々に慣れてきたら実際に球を打ちます。

ラウンド本番でのトラブルは対処が難しいため、やはり日頃の練習が大切になってきます。

普段からチーピンの発生を意識した練習に取り組むことで、突然のトラブル発生に悩まないように準備を整えていきましょう!

こちらにまとめ記事ご用意しています

お気に入り
meison

アスリートを夢見るアベレージ100のゴルファーです。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


グリッジカップA