貴方のチーピンの原因は「グリップ」にあるかもしれない話

getty

貴方のチーピンの原因は「グリップ」にあるかもしれない話

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです。

突然ですがボクは“どチーピン持ち”として仲間内で知られていました!

ティーショットを安全に行きたいからアイアンをチョイス。

そしてどチーピンでOB・・・「フォアーーーー(涙)」。

こんなに切ないことはありません。

スイング軌道やフォームなどいろいろチェックしてみましたが、実は非常に単純なところに原因が隠れていたんですよね。

それは「グリップ」。チーピン持ちの皆さん、グリップを一度チェックしてみてください。

チーピンが出る原因はインパクトでフェースが被っているだけだった

チーピンが出る原因はインパクトでフェースが被っているだけだった

getty

ボクの場合チーピンが出る場合、インパクトで大きくフェースが被っていることが原因でした。

でもアドレスではリーディングエッジを飛球線方向と垂直にして、そのまま戻しているだけのつもりだったんです。なのに実際にボールを打ってみるとかなり強くフェースが被っている状態になっていたんですよね。

スライスやシャンクなどのミスショットと違って、チーピンってしっかりとらえた感じが手に残るんです。

だからボールはまっすぐ飛んでくれていれば結構ナイスショットだったり・・・。

余計に切なくなっちゃいますよね。

貴方のチーピン度チェック!まずはアドレスしてみて!

貴方のチーピン度チェック!まずはアドレスしてみて!

さぁ、これから貴方のチーピン度をチェックしてみましょう!

まずは普段通りアドレスをしてください。ボールは実際打ちませんが、ゆーーーっくりスイングをしてみます。

そのままインパクトまでヘッドが動いてきたらヘッドの角度を見てください。

アドレスのときとフェースの角度が変わっていなければ大丈夫。

でもアドレスでは真っ直ぐだったフェースが、強く被っている人はチーピン度がかなり高い人かもしれませんよ!

さぁ、なんでアドレスとインパクトでフェース向きが変わってきてしまうのでしょうか。

強いハンドファーストのグリップが原因なんです!

強いハンドファーストのグリップが原因なんです!

「今のクラブはハンドファーストにした方がいい!」

と巷でよく言われていることですね。

ハンドファーストは悪くないと思うんですが、この度合いが強すぎると、どんどん左手の甲が上を向いてくるグリップになってしまいませんか?

その手の形を維持したままアドレス、そしてスイングを開始するとインパクトではある程度スクエアに戻ってくるんです。

ハンドファーストにした手がスクエアに戻ってくる、その結果がフェースが思いっきり被ってインパクトを迎えてしまう原因だったんですね。

強すぎるハンドファーストのグリップは一度スクエアに

強すぎるハンドファーストのグリップは一度スクエアに

この症状がモロに当てはまる方は、一度グリップをスクエアに戻してみましょう。

すると驚くほど症状が改善されます。

けれどグリップって慣れてしまうと、それを変更するのってかなりの違和感がつきまといます。

練習していても、グリップを変えて違和感を感じながらボールを打っていて、ミスショットが出たとしましょう。

「このグリップやっぱり違う、ダメだ」

と言ってすぐに元通り。

そんな人は、写真のような練習器具を使うのもひとつの手ですね。

なかなかグリップの修正って一筋縄では行きませんが、強いハンドファーストがチーピンの原因ですから、この「違和感」を克服すること。

これぞグリップに原因のある方のチーピン撲滅の第一歩です。

ボールを打たずにゆっくり振るとスイングの悪いところが出てくる

ボールを打たずにゆっくり振るとスイングの悪いところが出てくる

getty

スイングはいつもチェックしているのに、結構グリップはチェックしていない人って多いかもしれません。

まして「ハンドファースト!」といろいろなところで言われるようになってきていますから、ついついフェースが被ってしまうようなアドレスを取っている人が少なくありません。

一度スクエアに戻してチーピン卒業を目指しましょう!

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


グリッジカップH