プッシュアウトに注意!打ち上げホールを攻略するための基本

getty

プッシュアウトに注意!打ち上げホールを攻略するための基本

お気に入り

タイガーです。

打ち上げているホールって圧迫感があって、失敗すること多くないですか?

なぜミスをしてしまうのか、それを防ぐ方法をお伝えします。

プッシュアウトに要注意

プッシュアウトに要注意

getty

打ち上げのホールでよく出てしまうミスがプッシュアウトです。

コースの傾斜なりに立つだけでも体重が右側に残りやすく、それが原因の一つとも考えられます。

しかし、これを解消しようと体重を無理に右から左に移動させる必要はありません。

必要なのは右肩を下げすぎないことです。

打ち上げのホールはどうしても高い球を打とうとしてしまいます。

高い球を打とうとするとすくい打ちになってしまいます。

このときに右肩が傾斜と平行ではなく下がった状態になっているとミスが出やすくなります。

アドレスで傾斜と肩のラインが平行であることを意識してスイングしましょう。

打ち上げのホールだと低い球が出ているように思えますが、そんなことはありません。

自分のインパクトの感触を信じましょう。

目線はどこなのか

目線はどこなのか

getty

打ち上げのホールの場合、目線を打ち上げている方向を見るのか、それとも自分の目線の高さに合わせるのかは意見が分かれます。

打ち下ろしのホールでも同じなのですが、大切なのは目線の高さではなく肩のラインです。

先ほど述べたように、肩のラインが変わってしまうとうまく打つことができません。

右肩が下がってしまう人は目線を高く上げないほうがいいのだと思います。

目線の高さを変えることで変わってはいけないのはアドレスです。

ここを理解しているだけで打ち上げも打ち下ろしも対処しやすくなるはずです。

距離感をつかむ上でやってはいけないこと

距離感をつかむ上でやってはいけないこと

getty

打ち上げのホールの距離感はかなり難しいと思います。

打ち下ろしと違って落下地点が見えないためにイメージしづらいという人も多いと思います。

まずやってはいけないのは、コースの距離表示をそのまま信用することです。

基本的にグリーンのセンター、もしくはグリーンの手前といった基準点から水平に距離を測っているので高低差は考慮されていません。

ここだけは気をつけてください。

まずは大きめの番手を握っていつもどおりのスイングを心がけましょう。

お気に入り
タイガー

ゴルフの打ち方は人によって本当に色々あるなと思います その中で自分なりにうまくいったことや気付いたことを記事にしていきます 是非試してみてください

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


求人