100切りのためのチェックポインイト!その5「アプローチ」

お気に入り
ゴルフファーの約7割の人が100切りができていないと言われています。

周りのゴルファーは軽々と100を切っているように見えるのに、実は約3割の人しか100切りができていなかったんですね。

練習場では上手く打てる。なぜかコースにいくと上手くいかない。

上がってみると120……。そんなゴルファーがほとんどなんです。

今回は、練習場ではいい球が打てるのに、コースに出ると100が切れない。

そんなゴルファーにスポットを当ててチェックポイントをお伝えして行きます。

チェックポイントその5は“アプローチ”です。

チェックが必要な方

チェックが必要な方

getty

アプローチに課題がありそうな方は、以下のような方です。

・グリーン周りを往復している人
・プロのようにふんわり浮かしたアプローチをイメージしている人

100切り目前のゴルファーで特にもったいないプレーはグリーン周りでのザックリ&トップです。

グリーン周りの往復ビンタをなくすだけでスコアはグッと縮まります。

徹底して転がす

徹底して転がす

getty

アプローチはカッコよくふんわり上げて、ピタッと止めたい気持ちは重々承知です。

ですが、100切りを目標にしているゴルファーにとってはアプローチのザックリ&トップが命取りとなります。

またふんわりボールを浮かせるよりも、転がしたほうが距離感が出しやすいと言われています。

実際に手でボールを投げて相手に渡す際、あえて高い球を投げないですよね?

たとえゆっくりのボールでも比較的まっすぐにボールを投げて渡します。

そのほうが相手(目標)までの距離感が出しやすいということです。

ピッチ&ラン

ザックリ&トップをなくすための特効薬というとアプローチでピッチングウェッジを使うことです!

サンドウェッジや、アプローチウェッジはソールが鋭く、地面に刺さりやすくなっています。

ザックリを怖がって打つとトップになったり……。

それを防止するためにアプローチではピッチングウェッジを活用しましょう!

これだけでザックリ&トップが劇的に減るはずです。

※画像の10番はピッチングウェッジです。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >