フェースを開いてバウンスを滑らせるピッチショット

お気に入り
プロのトーナメントを観ていると、グリーンサイドからアプローチする場面で「ピッチショット」を打つことは珍しくありません。

トーナメントでは高速のベントグリーンが多いということもあるでしょうが、ほとんどランをさせないピッチショットは、いったいどうやって打っているのでしょうか?

サンドウェッジのバウンスを利用する

サンドウェッジのバウンスを利用する

getty

ピッチショットは、サンドウェッジのバウンス(底の厚い部分)を使って、地面を滑らせるように打つ方法が一般的です。

クラブフェースを開いて打てば、バウンスが地面や芝の上を滑り、そのままヘッドがボールの下に入って、ボールは高く上がっていくのです。

フェースを開いて上を向けておかないと、インパクトでリーディングエッジ(刃先)から先に下りてくるので、地面や芝にクラブヘッドが刺さってしまい、バウンスを上手く滑らせることができなくなります。

しかし、芝が非常に薄い場合やベアグラウンドでは、バウンスが地面に跳ね返されるため、バウンスを使ってのショットは難しくなります。

ラフからはボール1個分手前から滑らせる

ラフからはボール1個分手前から滑らせる

getty

芝がきれいに刈られているフェアウェイからの場合は、ライが良いのでバウンスをフルに使わなくても、少し使う程度でボールは上がっていきます。

芝の抵抗の多いラフからは、フェアウェイにある時よりもフェースを大きく開き、いつもよりボール1個分手前からソールを滑らせるような意識で打つようにすると、イメージ通りの高さが得られます。

つまり、状況に応じてオープンフェースの度合いを変え、それに合わせてスタンスもオープンにしていくことが必要なのです。

上から打ち込もうとはしない

上から打ち込もうとはしない

getty

ボールをセットする位置も状況に応じて、センターからボール半個から1個分ぐらい左足寄りにします。

右足寄りになるとロフトが立ってしまい、ボールは高く上がらないので注意が必要です。

スイングは決して上から打ち込もうとしないことです。あくまでもバウンスを滑らせていくようにレベルスイングをしていくのです。

アプローチ練習場やコースなど、いろいろな状況で試してみましょう。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >