雨のゴルフでは打ち急がずにボールをクリーンヒットすることを心がける

getty

雨のゴルフでは打ち急がずにボールをクリーンヒットすることを心がける

お気に入り

ゴルフは自然を相手にするスポーツです。

少々の雨であっても、コンペは決行されますよね。

プレーをする前から「こんな雨ではやる気が出ないよ」などと思っていたら、いいスコアなんて出るはずもありません。

むしろ、そんな状況でナイスプレーができたら、優勝だって狙えるチャンスかもしれませんよ。

打ち急ぎ、力みがリズムを狂わせる

打ち急ぎ、力みがリズムを狂わせる

getty

雨の日のゴルフは、例えフェアウェイにボールがあろうとも、トラブルショットと考えるくらいの慎重さを持ったほうがいいのも確かです。

地面が軟らかくなるし、芝も水を含んで重くなりますので、少しのダフリでも、極端なミスショットになってしまうからです。

特に、雨が嫌だからといって打ち急いだり、力んだりすれば、スイングリズムが乱れて余計にダフりやすくなります。

雨の日のプレーは絶対にダフらないスイングをすることが鉄則です。

股関節を意識して、どっしり構える

股関節を意識して、どっしり構える

getty

背中に雨が当たると、それだけで肩に力が入って構えが猫背になったりします。それではしっかりインパクトできないのも当然です。

両肩をストンと落とすようなイメージで肩の力をまず抜いて、それで上体を起こした構えをしやすくします。

そのうえで下半身をどっしり安定させます。

下半身が崩れると前傾姿勢の角度が変わるために、ダフりやすくなってしまうからです。

下半身をどっしりと安定した構えを作ろうと思ったら、股関節を意識するといいでしょう。

目安はズボンの股関節のシワです。上体を股関節で折り、お尻を少し持ち上げる感じで構えれば、ズボンにシワができ、下半身はどっしりと安定します。

インパクトゾーンではクラブヘッドは平行に

インパクトゾーンではクラブヘッドは平行に

getty

スイングで注意したいのは、右手の使い方です。

トップまでクラブを振り上げたら、ゆっくりと大きな円を描くように下ろしてくるのです。

そうするとインパクトで右腕がアドレスの位置に戻り、クラブフェース面も正しく戻ってくるからです。

背中が目標を向くまで大きく回してバックスイングをしたら、ダウンスイングの始動はゆっくりして、右股関節の角度をキープします。

インパクトゾーンでは、クラブヘッドが地面と平行に動くような意識を持つこともクリーンにヒットするためには効果的です。

雨の日には特にスイングリズムが早くなりがちです。

上記のポイントに気をつけて、いつも以上にゆっくりとスイングすることを心がければ、意外といいスコアでラウンドできるかもしれませんよ!

お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


グリッジカップH
GDOゴルフテック