ピッチ&ランは上りと下りでクラブを替えるのが基本です!

お気に入り
上っているグリーンと下りのグリーンでは、当然のことですがボールの転がりが違いますので、同じクラブでもランの距離が変わってきます。

テークバックからフォロースルーまでを同じスイング幅で打っても、上り傾斜へのアプローチはその分だけ転がりが減少しますし、下り傾斜では思った以上に転がってしまいますよね。

傾斜によって使用クラブを替える

傾斜によって使用クラブを替える

getty

そんな時は、あらかじめ傾斜によって変化するボールの転がり具合を計算に入れておけばいいのです。

つまり、下りではランを多めに、上りでは少なめに見積もって打っていけばいいのです。

とはいっても、落とし場所を変更するのではなく、単純に使用クラブを替えてやるだけでいいのです。

受けグリーンでショートすると思ったら、そのショートする分だけランの出るロフトの小さなクラブを選択していきましょう。

ロフトが変われば、キャリーも変わる

ロフトが変われば、キャリーも変わる

getty

例えば、9番アイアンではショートすると感じたら、8番、あるいは7番アイアンを選択します。

下りのグリーンでは逆に、よりランの出ないクラブを選びます。

9番アイアンでオーバーしそうであれば、ピッチング、あるいはサンドウェッジを手にすればいいのです。

この時、ロフトが変わった分、キャリーにも変化が現れることも計算に入れて、ショットに臨む必要があります。

得意クラブで振り幅を変えて打つ

得意クラブで振り幅を変えて打つ

getty

しかし、どうしても得意クラブで打ちたいという人もいるでしょう。

そうしたいのであれば、振り幅で変化をつけていきましょう。

ショートすると本能的に感じたら、テークバックはいつもと同じで、フォロースルーだけ大きめに取り、オーバーすると思ったら、フォロースルーだけを小さく抑えるようにすることでランをコントロールするのです。

「違うクラブで同じ振り幅で打つか、同じクラブで違う振り幅で打つか」

このどちらかを徹底すれば、アプローチが上達していくはずです。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516