力みを取るには、あえて思いっ切り強く握ってみる?

お気に入り
遠くに飛ばしてやろうと思えば思うほど、ついつい力んでしまいますよね。

特にドラコンホールなどにくると、この力みによって自滅してしまう人って多いんじゃないですか?

グリップを緩めれば、上体の力は抜ける

グリップを緩めれば、上体の力は抜ける

getty

遠くから見ていても「この人、絶対ミスしそうだな」っていう人は、すぐにわかります。

肩が怒り、両腕が突っ張っているタイプです。それではとてもスムーズにスイングできるはずがありません。

この肩、腕といった上半身の力みを解消するには、まずグリップを緩めることです。

そこでまず思い切りクラブを握りしめ、そしてもう一度握り直してみましょう。

これで指や手首の無駄な力は抜けるはずです。

右の親指と人差し指は遊ばせておく

右の親指と人差し指は遊ばせておく

getty

グリップでもうひとつ気を付けたいのが、右手の人差し指と親指に力を入れないことです。

この2本を除いた中指、薬指、小指の3本を主体に握り、親指と人差し指は遊ばせておくくらいでいいのです。

というのも、この2本に力が入ると、腕の上側の筋肉が硬直してしまい、自動的に腕や肩に力みが生じてしまうからです。

両ひじに余裕を持たせる

両ひじに余裕を持たせる

getty

スイングしてもクラブがすっぽ抜けないくらいの力加減でソフトにグリップすることです。

また、両ひじにも余裕を持たせておくことです。

両腕は突っ張るのではなく、上半身を前傾してダラリと下に垂らした時の脱力した状態でいいのです。

こうすれば両ひじには力が入らず、余裕が生まれてくるはずです。

なかなか難しいことかもしれませんが、力を入れないで飛ぶという経験をすることで、実際に飛ばしたい時でも力を入れずに打つことができるようになります。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >