インパクトの時にボール見てますか?これ意外と見てないんですよね

お気に入り
はいはーい。ジェッ太ですー。

お元気ですか?

暖かくなってきていろいろとゴルフのお誘いも増えてくる時期ですね。新しいウェアも欲しいし、新しいクラブも気になるし……。

あー……気温とともに高まってくるゴルフ熱。

高まってこないのはスコアだけという初心者ゴルファーさんに問う!

ぶっちゃけ、インパクト時にボール見てますか?

はい、ということで今回はここのお話でーす。

トップやチョロを防ぐためにボールを打つ瞬間を見よう

トップやチョロを防ぐためにボールを打つ瞬間を見よう

getty

タイトルにも書いたように、ボールを見てない人って意外と多いんです。もう一度、自身でよーく思い出してみてくださいね。

ヘッドに当たる瞬間にボールを見てますか?

たぶん、なんとなくボールのある地面のあたりをぼやっと見ている感じでボールをガン見してるわけじゃないという方が多いんじゃないかなと思うんですね。

まぁ気持ちはわかるんです。地面にあるボールは止まってますもん。

見なくてもそこにあるのはわかってますもんね。

数多くのボールを使うスポーツの中で、ボールが止まっている状態でプレーする競技はないと言ってもいいんじゃないですかね。

だから、初心者の方は打つ時のボールより打った後のボールが気になるんです。

つまり、打った後のボールの行方が気になって仕方ないんですよね。

でも、そしたら、どうなるか……。

ヘッドアップして、上体が先に起きてしまい、クラブがボールに届かず、薄く当たったりトップやチョロの原因になるんですよね。

打った後に頭を残すって言うけど、ボール見ればいいんです

打った後に頭を残すって言うけど、ボール見ればいいんです

getty

打つ瞬間にボールを見ていれば、必然的に頭は残ります。

何もそんなことわざわざ意識しなくても、「見れば」いいんです(笑)。

ゴルフのスイングは構えからフィニッシュまで1秒~2秒ぐらいのものです。

その間で、手の位置がどうの、左手がどうの、フェースの向きがどうのって……無理です。

意識してできるのは、せいぜい2個ぐらいまで。できるだけ、意識することは少ないほうがいいんです。

意識しないということは「無意識」です。つまり、自然とそういう術を身に付けていくのが練習であり、それで身に付いた技術こそが基本なんです。

頭の位置というのは、すごく重要です。ヘッドアップすると、スイングの他の部位にも影響が出ます。

無意識に右手の強さでボールを拾いにいくようになりますし、右肩が早く回ってチーピンや引っ掛けも出やすくなります。

ありますよね? 3番や4番ユーティリティ(UT)で飛距離10ヤードとか、ティーショットがレディースティーまでも届いていないとか。

そういうミスをしないためにもインパクト時は「ボール見ましょう」。

見るのは「インパクト時」ですよ。打つ瞬間のことね

見るのは「インパクト時」ですよ。打つ瞬間のことね

getty

もういちど、今回のジェッ太の記事を読み返してみて。

「インパクト時にボールを見よう」って書いてますよね。

構えてる時じゃないんですよ。打つ瞬間にボールを見るんですよ。

むしろ、アドレス時はあんまりボールばかり見ないほうがいいです。

アドレスした時、ボールが2つ連続であるものと想像して、足元のボールより少しだけ前の地面を見ておいたほうがしっくりくると思います。

ボールを見るのはあくまで「インパクト時」です。

当たる瞬間、打つ瞬間にボールを見ておかないと、頭が流れちゃうんですよね。

つまり、アドレスする時はぼやっと見て、打つ瞬間だけ、クリアにボールを見るということです。

そういえば、ボール見てないという方、目からウロコでしたか?

見過ぎて手打ちにならないようにして、厚い当たりを飛ばすようにしましょうね。

ボールを見るのは「基礎の基礎」です。でも、意外とみんなできていないもんですよ。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >