9番アイアン1本で!?スライスボールを克服する練習方法

getty

ゴルフスイング

9番アイアン1本で!?スライスボールを克服する練習方法

0

初心者の悩みの多くが、スライスボールではないでしょうか?

スライスボールの欠点は風に負けてしまったり、飛距離が出なかったり。初心者の頃は飛距離が出るドローボールに憧れますね。

さて、今日は『つかまったボールを打ちたい!』と思っている平均スコア100前後の方に向けた練習方法をご紹介します。

9番アイアンで低い球を打つ

まずはやり方を説明します。

体の中心からボール一個分右足寄りにボールをセットしましょう。

そして、9番アイアンで低弾道で真っ直ぐ飛ぶ球を打てるように繰り返し練習します。

球の低さは7番アイアン程度の弾道をイメージしましょう。

ボールが捕まらない原因と克服

「ん? それだけでボールをつかまえる練習になるの」という疑問を持つ方も多いと思います。

スライスボールになってしまう原因って何だと思いますか? 大きく3つの原因があります。

◆フェースが開いている
◆体重が後ろ(右足)に残っている
◆振り遅れ

この3つの原因を克服するには9番アイアンで低い球を打つ練習を反復することが一番効果的です。

低い球を打つには、インパクトからフォロースルーにかけて以下の状態を作らないといけません。

◆フェースが立っている
◆前方(左足)へ体重移動ができている
◆ヘッドが早めに戻ってくる

低弾道が打てるようになったら

9番アイアンで低弾道の球が打てるようになったら、いつものように体の中心にボールを置いてみましょう。

あとは特に何かを意識することなく、そのままボールを打ちましょう。

低弾道の球を打つ練習を繰り返したことで、フェースの向き・体重移動・ヘッドの戻りが改善され、以前よりつかまったドロー系の球が打てるようになるはずです。

スライスボールで悩んでいる方はぜひお試しください。

ただしこの練習には即効性はないので、少なくとも5回は練習場で打ち込みましょう!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

9番アイアン1本で!?スライスボールを克服する練習方法

カートに追加されました。


×