練習の成果をコースで発揮しよう♪気楽なラウンドの考え方♪

お気に入り
どーも。

kengolfです。

今回は私が心掛けている気楽な? ラウンドの考え方について書いてみます。

練習場ではいいショットが打てるのに、コースでは上手くいかない、なかなかスコアに結びつかない……。

いいショットが打てるようになっているのに、自分のスコアの壁がなかなか破れないetc……。

よかったら参考にしてみてくださいね♪

まずはティーショット♪

まずはティーショット♪

getty

朝イチのティーショットは緊張しますよね(汗)。

私の場合、ティーショットはその日のゴルフの2~3割くらいしか重要視しません。

なぜかというと、あまり気持ちを入れ過ぎると緊張して、変な球が出てしまうためです。

おそらくほとんどの方が、ショートホール(パー3)を除く14ホールで、ドライバーでティーショットを打つと思います。

ドライバーショットって、実はターゲットが広く、アプローチやパットほど厳密なショットはいらないと思うんですよね……。

そんな理由から、目印の旗やポールらへんを目がけて軽くアバウトに打ちます(笑)。

セカンドショットが打てる位置にあれば、もう大成功です♪

ファウェイバンカーに入ってしまっても、リカバリーできればミスショットではないと自分にいい聞かせます(笑)。

ティーショットでOBを打たなければヨシ! と考えます。

セカンドショットを打とう♪

セカンドショットを打とう♪

getty

セカンドショットついては、7割くらいの力感で振るようにします。

大ダフリや大トップ、シャンクといったミスやコースのハザードを避けるために素振りでリハーサルします。

狙いは基本的にグリーンセンター、または花道に向かって打つようにします。

この際のポイントは、傾斜地であれば半分くらいの力加減で打ちます。

そして体重移動は少なめにします。

グリーン奥にいくとロクなことがないので、なるべく手前から攻めます♪

この時もセカンドOB(2打目でOB)を打たなければOK! と自分に言い聞かせます。

アプローチを頑張って寄せよう!

アプローチを頑張って寄せよう!

getty

アマチュアゴルファーのパーオン率は、ハンデ10以下の上手い人でもせいぜい50パーセントを超えるくらいのものです。

ご多分にもれず、私も18ホールの中で1~2回パーオンできたらいいほうです。

なので、アプローチはどんな球で、どうしたら1パットでイケる位置につけられるかを考えます。

経験上、パターが使えるならパター、転がせるならピッチングウェッジ(PW)、次にアプローチウェッジ(AW)を考えます。

サンドウェッジ(SW)で上げる球はミスする可能性が高いので、最後の手段にします。

池越えやバンカー越えのアプローチが残った場合は、腹をくくり、ミケルソンになったつもりでロブ気味なアプローチを打ちます(笑)。

3パットをなるべくしないように♪

3パットをなるべくしないように♪

getty

昔、ゴルフを始めたころ、仲間うちの上手い人が言ってました。

「3パットは池に入れるようなもんだぞ」この言葉がいまだにトラウマになっていて、2パットもしくは1パットにするために最初のパットを頑張ります。

私がゴルフの中で最も重要視するのは、アプローチとパットです。

自分の中でリズムを作り、インパクトで過剰に強く打たないようにストロークします。

この際は、次に打つパットが打ちやすい位置に来るように、イメージを作りながら素振りをして、朝の練習グリーンで作った距離感を信じて打ちます。

この場合、そのホールの最後のパットがトリプルボギーパットでも、パーパットでも、いい加減にならないように真剣に打ちます。

あきらめていい加減なパットを打つと次のホールにつながってしまうためです。

いいパットが打てれば、次のホールで気持ちを上手く切り替えることができて、気持ちが落ちずに仲間と楽しくゴルフに臨めるためです。


みなさんのゴルフの考え方の参考していただけたら幸いです♪
お気に入り
kengolf

ゴルフ大好きなアラフォー平凡ゴルファーです♪ なかなか上達しないゴルフですが、そこも含めて楽しんでいます♪ 好きな場所はゴルフ場、雪山、映画館♪ 宜しくお願いします!

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。