スイングの成否がここで決まる!フォロースルーが上手くいくコツ

お気に入り
しっかりとしたスイングをするためには、フォロースルーを意識することも大切です。

フォロースルーをしっかりさせることを意識すれば、スイング全体が良くなります。

今回は、いいフォロースルーについてご紹介します。

フォロースルーの重要性とは

フォロースルーの重要性とは

getty

スイング上達には、どうしてもテークバックからインパクトまでの間に意識が集中しがちですが、フォロースルーを意識することも大切です。

それは、アドレス、テークバック、ダウンスイング、インパクトまでのスイング過程が、フォロースルーに集約されて現れるからです。

つまり、フォロースルーが悪いということは、スイング全体が悪いということになります。

インパクトから、きれいに振り抜いてフォロースルー、フィニッシュを迎えることを意識するだけでスイング全体が良くなってきます。

フォロースルーでは、左手でクラブを目標に向かって投げ飛ばすようなイメージで左肘を伸ばすのがポイントです(右打ちの方の場合)。

左腕と地面が平行になるまで、左肘をたたまずにまっすぐ伸ばします。

肘と腰の使い方

肘と腰の使い方

getty

フォロースルーでは、左肘と腰の使い方が大切です。

フォロースルーの際には、左手でクラブを目標に向かって投げるイメージで左腕を伸ばしますが、左腕と地面が平行になるまでは、左肘をたたまずにまっすぐにしておきます。

しかし、その意識が強過ぎると、左肘が引けてしまうこともあります。

その原因は、腰の回転が止まってしまっていることが原因の場合が多いです。

腰の回転が止まると、左腕が伸ばせない状態になってしまうのです。

そのような状態を避けるために、フォロースルーの時にはしっかりと腰を回転させてスイングをリードし、左腕を伸ばして振り抜くことを意識してみるといいでしょう。

最初は、左手による片手打ち練習などを行うと、イメージがつかみやすくなります。

フィニッシュを改善してきれいなフォロースルーを身につけよう!

フィニッシュを改善してきれいなフォロースルーを身につけよう!

getty

スイングのフィニッシュの形は、フォロースルーの良し悪しを表しています。

フォロースルーに自信がない場合は、最初にフィニッシュを見直すことをお勧めします。

正しい格好でフィニッシュができていない場合は、フォロースルー時の腕の使い方や腰の使い方が間違っている可能性があります。

正しいフィニッシュのチェックポイントは2つです。

フィニッシュ時に左足に体重が乗って、右足は爪先立ちになっていること。

腰がしっかりと回転していて、おへそがボールを飛ばしたい方向に向いていること。

肘を伸ばすことや、体重移動がしっかりとできていること、腰がしっかりと回転していることが、正しいフォロースルーとフィニッシュのポイントとなります。

正しいフォロースルー、そしてフィニッシュ、いいスイングはカッコイイスイングでもあります。

自分のスイングをスマホで動画を撮影するなどしてチェックし、自分のものにできるように頑張りましょう!
お気に入り
チャーシュー

ゴルフとラーメンをこよなく愛するおっさんゴルファーです。 たまに競技にも参加しています。 ゴルフ、グルメネタ等々いろいろと載せていきますのでよろしくです!

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。