【アラフォー女子のゴルフ成長記】まずは正しいグリップから
【アラフォー女子のゴルフ成長記】まずは正しいグリップから
ゴルフ初心者

【アラフォー女子のゴルフ成長記】まずは正しいグリップから

0

こんにちは、ライターのとやです!

先日笑撃のゴルフ場デビューを果たしたアラフォー女子。

とりあえず基本とかそんなものはまったく無視してスタートしました。

でもそれじゃ成長記を書いていく意味もあまりありませんので、せっかくですから少しだけ家で自主練です。

まずはけっこう使えるアノ器具で正しいグリップから学んでみました!

どうぞご覧ください!

(※前回の記事「【アラフォー女子のゴルフ成長記】ゴルフ場デビュー!」はこの記事の最後にリンクがあります)

アラフォー女子の風呂上がりを捕まえてグリップ指南!

アラフォー女子の風呂上がりを捕まえてグリップ指南!

とりあえずアラフォー女子が見たこともないような器具を取り出し、手渡してみます。

「・・・これ、何?」

ゴルフをやらない人はまったく知らない器具なんですが、グリップが手にフィットするように凹凸が作られています。これを握るだけで正しいグリップが覚えられるというシロモノ。

実は過去購入したものの、手のサイズが合わず眠っていたのですが、アラフォー女子の手のサイズにピッタリ!

役に立ってよかった♪

「なんかしっくりくるね!」

と太鼓判でした。

あれこれ説明する必要がなく、グリップ矯正器具は便利。

この器具なかなか侮れません!

アラフォー女子、正しいグリップでアドレス

アラフォー女子、正しいグリップでアドレス

まぁまぁ前傾も取れてて大丈夫じゃないですかね。

「こんな感じ?」

と手をブンブン振り回しています。

さすがにこのグリップ矯正器具では、スイングの際ヘッドを感じることはできません。

そのためスイングをしようとすると、まだまだ初心者なアラフォー女子は完全に手打ち。

ですのでグリップの感触だけ覚えておいてもらって実際のクラブに持ち直してもらいます。

グリップ矯正器具の中にはゴルフクラブに直接取り付けることができるようになっているものもあります。

その器具ならば、正しいグリップを体感しながらスイングまでできちゃいますね。

アラフォー女子、実際にスポンジボールを打ってみる

アラフォー女子、実際にスポンジボールを打ってみる

先ほどのグリップの形を覚えてもらって、クラブに持ち替えます。

そしてスポンジボールをクローゼットに向けて打ってみます。

もちろんフルショットしてもあまり意味がないので、8時から4時の振り幅で軽くスイングしてもらいます。

「ボールがヘッドに“コツン”と当たる感じで大丈夫だよ」

とあくまで軽く打つことを推奨。

こんなに小さなスイングでもミスが出るときは出るんですよね。

けれどもここはまず「正しいグリップで振る」ということに重点を置いて練習してもらいます。

アラフォー女子、ゴルフ上達への道は険しい・・・

アラフォー女子、ゴルフ上達への道は険しい・・・

20発程軽く打っていると、我が家のアイドル登場。

※仁(じん)くん、メインクーン 7歳♂

こうして練習してると、部屋にボールが転がりますでしょ。

動くものを見るとダッシュで絡み始める仁くん。

スポンジボールだって例外ではありません。ようやくちょっとだけ当たってきたかなー? というところで仁くんがボールをつかんで離しません。

そしてこの画像の表情。完全に返してくれるつもりはないようです・・・。

そしてアラフォー女子も「ボールで遊んでるのー? かわいいねー、かわいいねー^^」と練習するテンションもあっさり消えて、本日の練習は終了となりました。

まぁそれでも継続して続けていくことが大切ですからね。

ほんの少しでもクラブやボール、グリップに触れておくことでそのうちしっくりくる感覚を覚えてくれることでしょう。

アラフォー女子がゴルフの上達を感じてくれるのはいつになるやら・・・。

前回のお話
「【アラフォー女子のゴルフ成長記】ゴルフ場デビュー!」はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

【アラフォー女子のゴルフ成長記】まずは正しいグリップから

カートに追加されました。


×