ゴルフマン【第19話】イメージ大切!

お気に入り
木曜日のお楽しみ!ゴルフマン!

打つ前にしっかりイメージすることが大切なんです!

【第19話】イメージ大切!

【第19話】イメージ大切!
イメージって大切です。

コースをどういう風に攻めるかというイメージがしっかりできていると、スコアメイクに役立ちます。

攻め方だけじゃなく、どこを狙ってどういう球筋で攻めるかをしっかりイメージすることもとても重要。

以前、あるコーチとラウンドした時に言われたのですが、自分がこれからどこを狙ってどういう球を打つかを声に出して言うのがいいらしい。

例えば「あの木のほうに打ち出してそこから軽いフェードでフェアウェイ右サイドに落とす」とかね。

まぁ、あまり大きい声で言うと同伴競技者に「何この人?」って思われるかもしれませんから、つぶやくくらいでいいんですが、ちゃんと声に出すことが大切なんだって。

僕も実はやってみたのですが、これがなかなか良いのよ。

声に出して自分に言い聞かせることで、目標意識が高まるし、体もなんだかそういうふうに動くような気がする。

さすがにアマチュアですから、そうそう言った通りの球筋が打てることはないですが、続けていると結構イメージに近い球が打てるようになってくるもんなんですよ。

これは皆さんにもぜひ試してもらいたいですね。
イメージといえば、そのホールに対するイメージってのもあります。

どうもアドレスの時に立ちにくいホールや、簡単そうに感じるホール、悪いイメージしか出てこないホールとかね。

何度かラウンドしてるホールだと、以前に大叩きしてるとか、OB打ったとかそういう悪いイメージは不思議と残ってるんですよね〜。

パーだったとか、バーディ取ったとか、そういう良いイメージは意外と残ってないのに、悪いイメージだけはずっと心の中に残ってる。

そういう悪いイメージが残っていると、やっぱティグランドに立った時にいや〜な感じになるし、スイングもおかしくなっちゃって、結局また悪いスコアになりがち。

そのホールの悪いイメージを払拭するには、かなりの回数いいスコアでラウンドしないとなかなか難しいんですよね。

困ったもんです。

僕のゴルフ仲間で、以前ラウンドしたことのあるホールをほとんど記憶していない人がいるんです。

僕と同じコースのメンバーなんですが、何十回もラウンドしたことのあるホームコースのパー5の3打目を打つときに「あれこれロングだっけ?」とか平気で言っちゃう。

当然、大叩きをしたホールのことなんかも覚えてないから、どんなホールでも変なプレッシャーとかかからない。

もちろんコースマネジメントとかできないから、あまりいいスコアは出ないんだけどね。

しかしちょっと羨ましかったりもするわけですよ。

せめて悪いイメージだけでもスパッと忘れられるといいんだけどな〜。
お気に入り
野村タケオ

ゴルフバカイラストレーター。ゴルフ雑誌やウェブサイトにイラスト描いたり、試打企画にちょこっと出演したり、オリジナルのゴルフグッズを販売したり・・・。 一日のうちほとんどの時間をゴルフのことを考えて生活しています。楽しいゴルフがモットーですが、競技にもちょこちょこ出場したりしています。 超ハイスピンスライスが持ち味で「飛ばないオヤジ」だったのが、最近開眼してちょこっとドローが打てるようになったりして「ちょっと飛び気味のオヤジ」になってきました。まだまだ日々進化中の中年ゴルファーです! ブログ、Twitter、Facebookで情報発信中。毎週水曜日の22時からはYouTubeライブで生放送「野村タケオのゴルフバカTV!」やってます! ハンデ7.1。ベストスコア73。練習嫌い。 http://ameblo.jp/nom562b/

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。