上達するために必要なこととは何かを考える!その2「アドレスでのボールの位置」

お気に入り
今回は、アドレスでのボールの位置を考えます。

打つ前の準備である、正しいアドレス。

それが、ショットの成否の50パーセントを決めていると言われています。

さあ、ここをしっかりと学んで自分のものにしましょう!

ボールの位置には2種類あります!

ボールの位置には2種類あります!

getty

通常、ボールの位置と言うと、スタンスの真ん中とか、左足かかとの前とか、左右どちらに置くかという意味での位置を思い浮かべると思います。

このボールの位置ももちろん重要ですが、これは、体型、スイングの形、ゴルフを始めた時に教わったボール位置などで、各々異なると思います。

ドライバーはこの位置、フェアウェイウッドなどはこの位置、アイアンはこの位置と決めている方が多いのではないでしょうか。

今回お伝えしたいボールの位置は、もう一種類のボールの位置。

「身体とボールとの距離におけるボールの位置」です。

これも、さまざまな要素で変わってくるものかもしれませんが、案外おろそかにされているような気がします。

近過ぎず、遠過ぎずの、ベストなボールの位置を見つける!

近過ぎず、遠過ぎずの、ベストなボールの位置を見つける!

getty

左右のボールの位置については、多くの人がボールの位置を確認するために、何かしらのチェックをしながらアドレスを決めていると思います。

では、身体とボールとの距離はどのようにチェックしていますか?

「大体こんなところかな?」といった感じで構えている方が多いのではないでしょうか?

それでは、方向をどれだけスクエアに構え、左右のボールの位置を正しくセットしたとしても、ボールに対して遠かったり、近かったりしてしまっていたら、いつも正しいアドレスで構えられているとは言えません。

練習の時から、常に身体とボールの距離を一定にし、同じボール位置でアドレスをし、練習をすることで、コースでもナイスショットにつながることになります!

では、いつも同じボール位置で構えるためにはどうすればいいでしょうか?

アドレスでのボール位置を決めるための決め事!

アドレスでのボール位置を決めるための決め事!

getty

アドレスで構える時に、体とボールの距離を一定にするように自分の決め事を作っておくことです。

私は、右のひじが右の腹に軽くつくようにして、アドレスします。

この時のボール位置が私のベストポジションです。

この動作が私の決め事で、練習場でも、コースでも同じポジションで構えられるようにしています。

一般的に、ボールから離れ過ぎている方が多いように感じます。

もちろん前傾姿勢ではなく、棒立ちで近過ぎる方もいるにはいますが……。
*片山晋呉プロのグリップの距離感の解説はわかりやすいです。
皆さんも、さまざまなボール位置を試しながら、いつも同じポジションをキープするようにしてみましょう。

自分なりの距離を保つ決め事を作ってください。

練習場で、ナイスショットが出ないと悩む前に、アドレスをきちんとする準備をしてみてください。

それで、上達の階段を少しずつ登って行くことができます。

一度試してみてはいかがですか?
こうした練習器具を使うのもいいと思いますよ!

お気に入り
PAR RUSH 01

サラリーマンゴルファーの「Par Rush」です。 ゴルフは何年やっても、上手くいかないことが多い! それを克服しようと、考えて練習する、でもまた上手くいかない!また、考えて練習する、これの繰り返しです、だから飽きないんです! 数多いラウンドの中から得たこと、おもしろいネタをお伝えしていきます。 「PAR RUSH」 は10周年を越えたゴルフサークルです。サークルメンバーの特製ネームタッグです。 https://parrush.hatenablog.com/

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。