ミシェル・ウィーの奇抜なウェアに釘付け!

getty

ミシェル・ウィーの奇抜なウェアに釘付け!

お気に入り

パワフルなスイング、女性ながら250ヤード以上を飛ばす、豪快なゴルフが人気のミシェル・ウィー。

アメリカツアーで先日久しぶりの4位タイという成績を残した彼女ですが、それよりもメディアの注目が集ったのはその奇抜なウェアでした。

ミシェル・ウィー選手、一体どんなゴルフウェアだったのでしょう。

タンクトップ風のトップスにミニスカート

タンクトップ風のトップスにミニスカート

getty

画像を見て分かるとおり、タンクトップ風のトップスにミニスカートという、ゴルフウェアというよりはテニスウェアに近い感じですよね。

背中も肩甲骨付近が大きく開いたデザインになっており、肩周りの動きを邪魔しないので機能的と言えるかもしれません。

が、しかし「一般的な今までのゴルフウェアとは異なる」というコメントが米のゴルフメディアから発表されています。

実はゴルフウェアについては規則で決められているわけではなく、競技会や団体、またはゴルフ場で決められたルールに沿っていれば大丈夫なんですね。

日本女子ツアーも「ゴルフウェア」ならOK

日本女子ツアーも「ゴルフウェア」ならOK

getty

LPGAでは「トーナメント会場内のTシャツ(ゴルフウェアとして販売されているもの)の着用は認める」としっかり書かれています。

実は過去、森田理香子選手がゴルフウェアとして販売されているTシャツを着用したことで、当時かなり問題になっていました。

ツアーの中であればTシャツOKと明記されていますから、このケースでは大丈夫だったんです。

ただしこれはツアーの規定として明記されているものになります。

これが「襟付きに限る」とされているゴルフ場や一般的な競技会のルールを適用する場合にはNGになるんです。

ミシェル・ウィー選手の場合もこのケースが当てはまりそうですね。

ゴルフ場に掲示されている服装のルールが最優先

ゴルフ場に掲示されている服装のルールが最優先

getty

こうしたプロゴルファーはまた別として、我々一般人がゴルフを楽しむ場合を考えて見ましょう。

そのゴルフ場でプレーするわけですから、そのゴルフ場のルールを最優先させる他ないでしょう。

とあるメーカーではTシャツや微妙な長さの立ち襟など、判断に迷うようなウェアをいくつか見かけることができます。

「ゴルフウェア」として販売されていたから着ている、という言い訳はもしかしたら通用しない場合もあるかもしれませんね。

なぜならゴルフウェアである前に「襟付き」が原則なんですから。

一般的には残念ながらNG

一般的には残念ながらNG

getty

現状「原則襟付き」というルールがあるため、ミシェル・ウィー選手が着用したウェアなどは一般のゴルファーはNGという見解になってしまいます。

が、「なんでプロはいいのにアマチュアはダメなの?」という疑問が沸くのは当然。

スポンサーの問題や他にも色々な大人の事情が絡んでくるのかもしれません。

けれどミシェル・ウィー選手のようなウェアが一般的に認知されてくるようになると、少しずつルールも変わってくるのかもしれませんね。

また原則襟付きというルールが外れることで、さらにファッショナブルなカワイイウェアが増える、引いては女性ゴルファーの新規取り込みにも一役かってくれたりすることにもつながってくることでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

ミシェル・ウィー選手が今回着用したウェアについて世界中から注目が集っていますが、もしかしたらこれを皮切りに「襟無し解禁」なんていう時代がくることもあるかもしれませんね。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。


フォーティーンDJ4bk_191209-200131