冬のゴルフウェア事情 襟はどうしてる?

お気に入り
冬のゴルフウェアでちょっと迷ったことってありませんか?

ゴルフって襟付きが基本とされていますが、丸首のセーターやブルゾンを着ると襟って隠れちゃいますよね。

正直脱がなきゃ襟は付いていなくても大丈夫なの? とか、襟は絶対外に出さなきゃいけないんだろうか? とか、境界線が今いちわからないんですよね。

ここではそんな「襟について」の疑問を解き明かしていきたいと思います。

襟は出しておけば一番間違いがない

襟は出しておけば一番間違いがない

getty

襟は、セーターなどの上に出してしまえば、一番間違いがありません。

しかも最近ではハイネックが一般的になってきているので、ハイネックやタートルネックがOKなコースならば一番迷うことなく着ていけるウェアになるかもしれません。丸首のセーターを着用しても、これなら外に出てくれますからね。

もちろんハイネックやタートルネックでなくても、Vネックセーターからシャツの襟を外に出しておく、といった方法でもOKですね。

こちらはどんなゴルフコースでも通用する、一番無難な着こなしと言えますよね。

けれどVネックに襟付きシャツを着てしまうと、真冬のゴルフは首元がけっこう寒いんです……。

冬ゴルフの強い味方 ネックウォーマー

冬ゴルフでは一般的なネックウォーマーというアイテム。

これをすることで襟はもちろん隠れてしまいます。

しかし多くのゴルファーが着用している姿を見かけますので、こちらはまったく問題ありません。

結果隠れてしまっても襟付きのウェアを着用していればOK、ということになりますよね。

これはもちろんわかってはいましたが……。

しかし「隠れているから」といって、Tシャツや襟なしのウェアはもちろんドレスコード違反ですよ。

ちなみにネックウォーマーだけでなく、マフラーの使用だって大丈夫です。ただマフラーは端がひらひらとして、ゴルフのスイングにちょっと邪魔になる可能性もあります。

そのデメリットを我慢できるならマフラーの使用も大丈夫です。

セーターの下に襟付きシャツは?

セーターの下に襟付きシャツは?

getty

ライターとやがゴルフを始めた時に、一番迷ったのがこれ。

襟付きシャツを着ても、セーターを着ると隠れちゃうんですよね。しかも外から見たってよくわからないんです。丸首セーターの場合は特に襟の有無は見えません。

実は、結局この場合も「ちゃんと襟付きのシャツを着ていればOK」という解釈なんです。

ワイシャツのように襟がしっかりしているものは、セーターを着ていても見ることができます。

しかしポロシャツでは、場合によっては隠れて見えなくなってしまうこともあるんです。

こうした場合でも「OK」と判断されるゴルフ場が多いようです。

ブルゾンなどの防寒着も同様と考えて良さそうですね。

着膨れしたくない場合はこんなアイテムも

着膨れしたくない場合はこんなアイテムも

amazon

男性にとっては衝撃的なアイテムかもしれません。

「付け襟」と言われるもので、外から見ればどう見たって襟なんですが、襟しかないというなんとも不思議なアイテム。

コーデの幅を広げるためのアイテムだとは思いますが、ゴルフでは着膨れしたくない場合に活躍してくれます。

もちろん動きやすいのもありますし、タイトなトップスを着るのになかなか具合がいいんだとか。

最近付け襟ならぬ「付けタートル」という、タートルネックを着ている風のアイテムも商品化されています。

冬のゴルフウェアでは、「襟」は付いていれば見えてなくてもOK!

冬のゴルフウェアでは、「襟」は付いていれば見えてなくてもOK!

getty

結局最終的には「襟さえ付いていればOK」という結論になりそうです。

ドレスコードはなかなかうるさく言われるケースもあって、ちょっと初心者には敷居が高く感じられてしまうかもしれません。

けれど襟さえ付いていれば大丈夫、とあればなんとなく気軽にコースに行くことができそうですよね。

冬の防寒対策で襟や服装に関する悩みやマナーをチェックしよう

冬の防寒対策で襟や服装に関する悩みやマナーをチェックしよう

getty

冬は寒いためにたくさん服を着こんで防寒対策をしていきます。その防寒対策をする時に、「これって着ても大丈夫なのかな?」という疑問を感じたことがあるゴルファーも多いでしょう。

ここではメンズゴルファーとレディースゴルファー、それぞれの冬のゴルフウェアについての悩みを確認していきたいと思います。メンズとレディースのそれぞれのおすすめ冬コーディネートもお送りします。

冬のゴルフウェアの悩み! メンズゴルファー編

冬のゴルフウェアの悩み! メンズゴルファー編

getty

とにかく寒い中でのゴルフは嫌なものです。

そんなメンズゴルファーで冬のゴルフウェアの悩みと言えば、上下ウインドブレーカーでも大丈夫かどうかが気になるところではないでしょうか。

上下のウインドブレーカーはアイテムによっては、ジャージ形状で風を通さない素材になっているような商品が多くなります。

よく見てみればジャージと似ているウインドブレーカーの上下。しかもコスパをよくするためにはゴルフ用のものではなく、「ワークマン」などで購入したお値打ちなもの。

こうした場合はドレスコードやマナー的に大丈夫なのか、迷った方も多いかもしれません。

結論を言えば、ゴルフウェアでないウインドブレーカーでも着用については問題ありません。

もちろんカーゴパンツのようにサイドポケットに膨らみを持たせている構造のようなものはドレスコードにひっかかりますが、そうでなければ大丈夫です。

例えばワークマンの「イージス」のような防風、防水ウェアでもドレスコードに抵触しません。

おすすめのメンズゴルファー冬コーディネート

おすすめのメンズゴルファー冬コーディネート

getty

メンズゴルファーにぜひおすすめしたい冬コーディネートを紹介したいと思います。

まずは吸汗発熱系のインナーと長袖のポロシャツは基本として、パンツは裏起毛のあったかパンツにニットセーターやジップアップブルゾン。

そこにアウターのダウンジャケットなどを合わせて、冬のゴルフを暖かく乗り切りましょう。風が強い日などはさらにウインドブレーカーなどでメンズの冬コーディネートは完璧です。

冬のゴルフウェアの悩み! レディースゴルファー編

冬のゴルフウェアの悩み! レディースゴルファー編

getty

女性が冬のゴルフウェアで悩むのは、冬の寒さとおしゃれを両立したい場合でしょう。

やはり寒くてもミニスカートやワンピースなどかわいいゴルフウェアを着用したい、と考えているゴルフ女子もたくさんいますよね。

レディースゴルファーの冬は、おしゃれと防寒の両立です。

おすすめのレディースゴルファー冬コーディネート

冬のレディースゴルファーファッションでは、襟が外に出るほど薄着をすることはあまり考えられません。おしゃれで暖かいアウターやネックウォーマーを着用して、とにかく首を冷やさないことが大切だからです。

さらにミニスカートやワンピースなどを着る場合は、肌の露出を抑えるためにインナータイツなどの着用がおすすめです。
そしてもう1つおすすめしたいのがレッグウォーマー。

レッグウォーマーは足の露出を防いでくれるばかりか、風が吹いても素肌をがっちりガードしてくれます。ミニスカートやワンピースでおしゃれをしたいレディースゴルファーの防寒には欠かせないアイテムです。

冬のゴルフウェアで「襟」にまつわるみんなの疑問

冬のゴルフウェアで「襟」にまつわるみんなの疑問

getty

さてメンズとレディースのゴルフウェアのおすすめなどを見てきましたが、冬のゴルフウェアの襟にまつわる疑問を確認していきたいと思います。

「襟」について悩みがあるゴルファーも多いと思いますが、あなたならこんな時どうしますか?

冬のゴルフウェアはアウターに襟が付いていればいい?

冬のゴルフウェアはアウターに襟が付いていればいい?

getty

襟付きシャツ、というドレスコードの指定ですが、襟付きシャツを着用せずに、襟の付いたアウターを着用した場合はどうなるのでしょうか。

ここでの襟が付いたアウターとは、スタンドカラーのブルゾンなどが上げられますね。丸首セーターなどを着用した場合には、襟が見えなくなってしまってもドレスコード的には大丈夫。

ではアウターの場合はどうなのか、という疑問です。

アウターの場合は「シャツ」と認められるかどうか非常に微妙な判断になるかもしれませんが、考えてみてください。襟付きのアウターを着用している場合、中にシャツを着用しているかどうか確認されたケースがあるでしょうか。

そもそもアウターですが襟は付いていますよね。

ということで、この場合アウターに襟が付いていれば中には襟付きシャツを着なくても大丈夫でしょう。しかしアウターに襟が付いていても、途中でそれを脱いでしまった場合には即ドレスコード違反となりますね。

「絶対に襟付きシャツは着たくない!」なんていう方がいるとは考えにくいケースではあります。しかしアウターに襟が付いていれば、そのアウターを着用している限りは大丈夫、という解釈ができそうです。

とはいえ、クラブハウス内で脱ぐ可能性がある場合は、やはり下にも襟付きのシャツを着ておいたほうが無難です。

冬のアウターってフリースは大丈夫?

続いての疑問は、冬のアウターにフリースは大丈夫なのでしょうか。

もちろん中に襟付きのシャツを着ている場合、ドレスコード違反になるものではありませんので大丈夫です。プレーをするにしても機能的な問題もありませんし、マナー的な問題もクリアしています。

しかもフリースのアウター商品は「スタンドカラー」の形状をしているものが多いため、ゴルフ用のブルゾンなどと同様の扱いで問題ないでしょう。

ただフリース単体では防寒対策としてはちょっと弱めになりますので、その上にさらにアウターを重ねるなどして冬のゴルフを乗り切りたいですね。

ハイネックインナーやタートルネックインナーはマナー的にどうなの?

ハイネックやタートルネックはすっかり「襟付きシャツ」として市民権を得ていますね。さてそこでなんですが、ハイネックやタートルネックと言えども、インナーとして発売されているアイテムってどうなのでしょうか。

ユニクロの「ヒートテック」やしまむらの「ファイバーヒート」など、いろいろなアイテムがありますが、これらは「インナー」として発売されているものです。

あくまでポロシャツの代替になるものではありませんよね。インナーなんですから、いわば下着なんですよ。

下着に襟がついている、という不思議な解釈にはなってしまいますが、マナー的にどうなのかを見ていきたいと思います。

ドレスコードが厳しいことで知られる霞が関カンツリー倶楽部を見てみると、インナーを外に出すのは禁止されています。ということは、襟部分であれインナー(下着)である以上は外に見えてはいけないというのが通常の解釈です。

しかしインナーが外に出ることを禁止していないゴルフ場ではどうなのでしょうか。

インナーと言えど造りは比較的しっかりしており「下着」だという認識を持っている人って少ないですよね。

そのため世間で一般的に浸透している感覚ならば、インナーのタートルネックやハイネックは問題ないとするゴルフ場がほとんどでしょう。

全身ユニクロ、全身ワークマンでも冬のゴルフは大丈夫?

全身ユニクロ、全身ワークマンでも冬のゴルフは大丈夫?

getty

コスパがいいファストファッションとして、ゴルフウェアとしても使えると人気のユニクロやワークマン。

これらのブランドで全身を固めても、マナー的には問題ないのでしょうか。

結論から言えば、まったく問題ありません。ドレスコードさえ守ればファストファッションを代表するユニクロや、作業着のお店として知られるワークマンでも大丈夫です。

もちろん襟さえ付いていればの話ですが。

ユニクロやワークマンの商品は、基本的にはゴルフ専用ではないウェアです。

しかし防寒性能やデザイン、コストパフォーマンスなどが高いため人気を集めているブランドです。

ゴルフのマナー違反にならないウェアを上手く活用しましょう。

冬のゴルフウェアの襟事情

冬のゴルフウェアの襟事情

getty

冬のゴルフウェアの襟にまつわる話題を中心にお送りしてきました。

メンズゴルファーもレディースゴルファーも、ドレスコードの襟についてはちょっと悩む場合も多いものです。そんな時は、ぜひこちらを確認してみてくださいね。

それでは皆さん、楽しい冬ゴルフを。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516