冬のゴルフウェア事情 襟はどうしてる?

getty

ゴルフウェア

冬のゴルフウェア事情 襟はどうしてる?

0

冬のゴルフウェアでちょっと迷ったことってありませんか?

襟付きが基本とされていますが、丸首のセーターやブルゾンなんかを着ると襟って隠れちゃいますよね。

正直脱がなきゃ襟はついてなくても大丈夫なの? とか境界線が今ひとつ分からないんですよね。

ここではそんな「襟について」の疑問を解き明かしていきたいと思います。

襟は出しておけば一番間違いがない

襟は外に出しちゃえば一番間違いがありません。

しかも最近ではスタンドカラーが認められつつありますので、これがOKなコースならば一番迷うことなく着ていけるウェアになるかもしれません。

もちろんスタンドカラーでなくてもVネックセーターからシャツの襟を出しておく、といった方法でもOKですね。

こちらの方はスタンドカラーNGのコースでも通用する、一番無難な着こなしと言えますよね。

けれどこれだと真冬のゴルフは首元がけっこう寒いんです・・・。

冬ゴルフの強い味方 ネックウォーマー

冬ゴルフでは一般的なネックウォーマーというアイテム。

これをすることで襟はもちろん隠れてしまいます。

しかし多くのゴルファーが着用している姿を見かけますので、こちらは全く問題ありません。

結果隠れてしまっても襟付きのウェアを着用していればOK、ということになりますよね。

これはもちろん分かってはいましたが・・・。

しかし「隠れているから」といって、Tシャツや襟無しのウェアはもちろんドレスコード違反ですよ。

セーターの下に襟付きシャツは?

筆者がゴルフを始めたときに、一番迷ったのがこれ。

襟付きシャツを着ても、セーターを着ると隠れちゃうんですよね。しかも外から見たって良くわからないんです。丸首の場合は特に見えません。

実は、結局この場合も「ちゃんと襟付きのシャツを着ていればOK」という解釈なんです。

ワイシャツのように襟がしっかりしているものは、セーターを着ていても見ることができます。

しかしポロシャツでは、場合によっては隠れて見えなくなってしまうこともあるんです。

こうした場合でも「OK」と判断されるゴルフ場が多いようです。

ブルゾンなどの防寒着も同様と考えて良さそうですね。

着膨れしたくない場合はこんなアイテムも

男性にとっては衝撃的なアイテムかもしれません。

「付け襟」と言われるもので、外から見ればどうみたって襟なんですが、その部分しかないという男性にとってはなんとも不思議なアイテム。

コーデの幅を広げるためのアイテムだとは思いますが、ゴルフでは着膨れしたくない場合に活躍してくれます。

もちろん動きやすいのもありますし、タイトなトップスを着るのになかなか具合がいいんだとか。

最近付け襟ならぬ「付けタートル」という、タートルネックを着ている風のアイテムも商品化されています。

まとめ

結局最終的には「襟さえついていればOK」という結論になりそうです。

ドレスコードはなかなかうるさく言われるケースもあるようで、ちょっと初心者には敷居が高く感じられてしまうかもしれません。

けれど襟さえ付いていれば大丈夫、とあればなんとなく気軽にコースに行くことができそうですよね。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

冬のゴルフウェア事情 襟はどうしてる?

カートに追加されました。


×