絶望?左足下がりのバンカーショットの打ち方&考え方

お気に入り
やれやれ、バンカーに入っちゃったよ……とガッカリしながらボールを見に行くと、よりによって左足下がりのライ。

……なんていう経験は、ゴルフ歴の長い方なら何度かあるはずです。

プロでも難しいとされるライですから、バンカーが苦手な人にとってはもう大変。

絶望感さえ漂う左足下がりのバンカーは、どうやって打てばいいのでしょうか。

傾斜に逆らわずアドレスするしかない!

傾斜に逆らわずアドレスするしかない!

getty

左足下がりのバンカーは、無理に(垂直に対して)水平を保ってアドレスすると、まずダフります。

これは、スイングが身体を中心として円運動をしているので、当然と言えば当然です。

ですから、傾斜に逆らわずに立ってスイングをしなければなりません。

こういう場所に入ってしまったら、1回で脱出できれば成功! という気持ちで望みましょう。

どうやって高さを出す?

どうやって高さを出す?

getty

左足下がりの傾斜に合わせてアドレスをすると、打ち出しはどうしても低くなってしまいます。

アゴが高かったりすると、少しでもボールを上げたいですよね。

ボールの高さを出すポイントとしては、

・フェースをできる限り開く
・オープンスタンスに構える
・しっかり振り抜く

この3つのポイントで、ボールの角度を少しでも高く上げることができます。

通常のバンカーショットで高さを出す時と同じやり方ですね。

ただし、ある程度低く出るのは仕方がないことなので、バンカーのアゴを越えればOKくらいのつもりで打ちましょう。

どうしても自信がなければ後ろや横に出すことも

どうしても自信がなければ後ろや横に出すことも

getty

あまりに厳しいバンカーショットの場合、大叩きを避けるためには、後ろや横へ「とりあえず出すだけ」という選択もありです。

無理をしてさらに悪い状況になるよりも、時にはそうした選択も必要です。

まして初心者の場合、バンカーからボールを出せずに苦労しているところをよく見かけます。

そうなってしまう可能性があるならば、やさしい方向に1回で出したほうが、最終的にスコアもよくなるでしょう。

2019年からのルールでは、2打罰を払ってバンカーの外に出すことができるという選択肢も可能になりました。


いかがでしたか?

難度が高い、左足下がりのバンカーショット。

まず、どうすれば脱出できるのかを冷静に考え、もっともやさしい方法を選択することがベストかもしれませんね。
お気に入り
keiman

ゴルフ好きなおっさんです!ミーハーゴルファーですが楽しく執筆していこうと思いますのでよろしくお願いします〜

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016