アイアンのスイングは、右手の押し込みがポイント!

お気に入り
ゴルフスイングは、「左手主導で右手は使わない」とよく言われます。

しかし、決して右手を使わないというわけではありません。

右手にも正しい使い方があり、正しく使うことでより良いスイングへと導けます。

特にアイアンでは、右手の使い方がポイントとなってきます。

今回は、アイアンのスイングと右手についてご紹介していきます。

アイアンと、右手の押し込み

アイアンと、右手の押し込み

getty

アイアンのスイングで大切になってくるのは、インパクト後のボールの押し込みです。

アイアンショットでは、いわゆるダウンブローという打ち方をする訳ですが、このダウンブローを行う際にはボールをつぶすイメージを持って、インパクトの瞬間からボールを押し込んでいく動きが必要になってきます。

このときにポイントとなるのが、ボールを押し込む役割を持つ右手の存在と使い方なのです。

では、右手の押し込みはどのように行えばいいのでしょうか?

アイアンショットの方向性は、右手のひらの向きが重要!

アイアンショットの方向性は、右手のひらの向きが重要!

getty

アイアンのショットの方向性において、とても重要なのが右手のひらの向きです。

右手のひらの向きを間違えて使ってしまうと、フェースが開いてしまって適正なロフト角でインパクトできません。

その結果、番手通りの飛距離が出せないのです。

アイアンショットで方向性を出すには、インパクトの前に右手のひらはターゲットの方向を向いていなければなりません。

そして、そのままターゲット方向に、ボールを右手で押し込む動きが必要です。

右手の押し込みで飛距離アップ!

右手の押し込みで飛距離アップ!

getty

アイアンの正しいスイングは、ボールを押し込むダウンブローです。

ダウンブローができれば、インパクトの瞬間にロフトが立ち、適正なロフト角でショットを迎えられます。

つまり、右手のひらでフェースの向きを管理し、ダウンブローの要である右手の押し込みが飛距離アップのポイントとなるのです。

右手は決して使われない存在ではありません。

この機会に、右手をもっと意識してみてはいかがでしょうか?
お気に入り
オオカミ

ギア好きな40代メタボ気味なおっさんです。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。