アイアンでボールを上げるには、ダウンブローと体重移動が重要!

お気に入り
「アイアンでボールが上がらない……」

そんな悩みを抱えているゴルファーは多いかと思います。

アイアンでは、やはり高さのあるショットを打てるほうがスコアメイクにも有利です。

ここでは、アイアンでボールが上がらない原因と正しい打ち方について、ご紹介していきます。

アイアンはダウンブローが理想

アイアンはダウンブローが理想

getty

アイアンの正しいショットは、スイングの最下点がボールの少し先に来るのが理想です。ダウンブローと呼ばれる打ち方です。

しかし、多くのゴルファーは、スイングの最下点がボールの手前に来ています。わかりやすく言うと、すくい打ちになっているのです。

そのため、クラブが最下点を過ぎて、上昇途中にインパクトを迎えるため、バックスピン量が圧倒的に少なくなっています。

その結果、ボールが上がらなくなっているケースが多いのです。

みなさんのスイングはどうですか?

一度、スイングを確かめてみましょう。

どうしたらダウンブローに打てる?

どうしたらダウンブローに打てる?

getty

アイアンのスイングの最下点がボールの手前になっている場合、どうすれば正しい打ち方、ダウンブローができるのでしょうか?

打ち方を修正するために、ボールの先を打つイメージでスイングすればいいのではと思いがちですが、あまり極端なことをすると、スイングが崩れてしまいかねません。

そこで、スイングの最下点がボール1個分左に来るように(右打ちの方の場合)、いつものボール位置の左側にもう1つボールを置いてみて、その左に置いたボールを打つイメージでスイングしてみましょう(打つ時は左側のボールを外してください)。

慣れてきたら、ボールを置かずに想像するだけでもいいでしょう。

ちょっとしたことですが、スイングは改善されていくはずです。

正しい打ち方には体重移動が重要

正しい打ち方には体重移動が重要

getty

アイアンショットで高さのあるショットを打つためには、しっかりと体重移動をした大きなスイングを目指しましょう。

アイアンショットだからとコンパクトに小さなスイングをしている方もいます。

バックスイングはコンパクトでもいいのですが、フォローは大きなスイングを目指しましょう。

テークバックからトップまでは右足に体重を乗せ、インパクトからフォローにかけては左足に体重を移す、大きなスイングを目指しましょう。

すぐにボールを打って確かめるのではなく、面倒ですが素振りをしながらスイングを確かめるのが、とても効果的です。

クラブを見直してみるのもいいかも

クラブを見直してみるのもいいかも

getty

アイアンショットでボールを高く上げるために、スイングを見直してみることは大切です。

しかし、現在使用しているクラブを見直すのも、ひとつの有効な対策になるかもしれません。

最近は、ポケットキャビティのアイアンなど、ボールが上がりやすいやさしいクラブが多く発売されています。

一度、練習場などでいろいろなアイアンを試し打ちしながら、相性のいいクラブを探してみましょう。


ここまで、ボールが上がらない原因と正しい打ち方について、ご紹介してきましたがいかがでしょうか。

スイングの最下点がボール1個分左側になるように打てれば、ボールは必然的に高く上がるようになります。

無理に上げようと意識せず、クラブフェースに正しくインパクトできるように、練習を続けてみてください。
お気に入り
ゴルゴル

ゴルフ好きです。 クラブハンデは5です。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016