パターを上達させるための効果的な練習方法

お気に入り
ゴルフのスコアを良くするために重要なのが、ボールがグリーンに乗ってからのパターでしょう。

パターが上手いかどうかによってゴルフの成績が格段に変わってきます。

パターは効果的な練習を行うことで比較的結果が短期間で表れるので、試してみてはいかがでしょうか。

まずはフォームを見直してみる

まずはフォームを見直してみる

amazon

パターが苦手な人に効果的な練習方法のひとつが、フォームのチェックを行うことです。

ゴルフを始めたときにはキレイなフォームや手本となるフォームに近づくように練習したり、意識したりしています。

しかし、ゴルフの経験を積んで慣れてきた頃になると自己流のフォームになってしまって、ミスが増えてしまうような悪いクセがついてしまっているケースが少なくありません。

パターでも同様です。

ボールに対する姿勢や目の位置など、一度確認してみてはいかがでしょうか。

そうすることでパターの精度が上がるはずです。

具体的には、目の真下にボールが来るように構えるといいでしょう。

このとき、目の真下よりボール1個分程度ボールが遠くなるくらいなら構いませんが、目の真下よりボールを体の近くに置いて構えるのはNGです。

写真のような鏡付きの練習器具で確認するといいでしょう。

距離感を体で覚えてしまうことが大切

距離感を体で覚えてしまうことが大切
パターの上達に効果的な練習方法のひとつが距離感の把握を行うことです。

まず重要なのはカップまでの距離を歩いて測ってみることです。

歩いたときに何歩分の距離があるかということが把握できれば距離感を把握しやすくなるので、パターの精度が高くなります。

歩いて測ることの重要性はもうひとつあります。

歩いて何歩分の距離があるかを測ることによって、距離感を体で覚えられるようになってくるのです。

1回では覚えられなくても、何度も行っているうちに距離を把握できるようになるので、毎回行うことが大切でしょう。

そのうち、「今日はいつもの10歩分の距離が12歩分転がるから、少しグリーンが速い」など、身体に距離感が蓄積されていきます。

ラウンドの回数が少なくても、家でパターマットを同じ強さで転がすようにしてその力感や振り幅を身体に覚えさせられれば、コースの練習グリーンでその強さで打ったときに、いつもと比べて速いか遅いかなどの目安にできます。

室内練習で数をこなすことで上達する

室内練習で数をこなすことで上達する

amazon

パターの効果的な練習方法として室内練習も良い手段のひとつだと言えます。

パターマットなど、室内でパターの練習が行えるようなアイテムが売られているので、それを購入してパターの練習を毎日欠かさず行いましょう。

毎日行うことでカップに入れるまでの距離感や力加減を体で覚えることができます。

前述したように、自分の部屋のカップまでの距離をいつも同じ力加減で打てるようになれば、それが自身の距離感やグリーン速さの基準になります。

室内練習用のものであれば場所を取らないので、部屋が広くなくても練習ができるでしょう。

使用しないときには収納できるように考えて作られているものもありますから、自分の家に合ったパター練習のマットを買うといいでしょう。

メンタルコントロールでパターを上達させる

メンタルコントロールでパターを上達させる

getty

パターの練習方法で効果的なものにメンタルコントロールが挙げられます。

精神的なところを改善しただけで上達するわけがないという意見を持っている人もいるかもしれませんが、ゴルフは精神面の影響が大きいスポーツなのです。

特にパターはホールの締めの部分になりますから、緊張しやすい場面でしょう。

そういった場面で、緊張した状態のままパッティングをしても失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

特にバーディパットや、入れたら自己ベストとなるパットなど、パターで緊張する場面は数多く訪れます。

一度深呼吸を行う方法や、「成功する」と自分に暗示をかける方法を取ることでメンタルが安定し、パターの成功率が上がるでしょう。
お気に入り
トラトラ

ゴルフ歴15年 在京なのに阪神タイガースファンの40代オヤジです。 ゴルフは真剣にやり始めて5年くらいでクラブハンデが現在は7で落ち着いてしまっています・・・

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。