難局!グリーン周りでラフにボールが沈んでるときの対処法!

お気に入り
ラフにボールが沈んでいるシチュエーションを見るだけでテンションが下がる方は多いのではないでしょうか。

グリーン周りのアプローチでボールが沈んでる時、どう切り抜ければいいのか、考え方のポイントや打ち方のコツをご紹介します!

1.ラフからのグリーン周りアプローチ・特徴

1.ラフからのグリーン周りアプローチ・特徴

getty

ラフから打つ場合、特にボールが沈んでいる時は、芝がボールとフェースの間に挟まります。

その上、芝の抵抗を受けてヘッドが減速し、球が上がらず距離も出ない打球になりがちです。

そのような状況では、

1.クラブを短めに持ち
2.クラブのフェースを開いて
3.芝に負けないようにスイング

しましょう。

特に3.では、芝の抵抗でグリップがずれないように強めに握ることが重要です。

2.ラフからのグリーン周りアプローチ・注意点

2.ラフからのグリーン周りアプローチ・注意点

getty

前述したように、ボールがラフに沈んでる時は、フェースを開いて打つというのがポイントです。

目的は、2つ。

ロフトを寝かせることによってクラブヘッドが芝から受ける抵抗を減らすことと、ボールを前ではなく上に飛ばすことによって、ボールが芝に当たって飛ばなくなることを防ぐことです。

アドレスは、肩のラインは必ず目標に対してスクエアに構えます(足元はオープンに構えても構いません)。

アプローチショットのようにロフトのあるクラブで打つ場合、フェースを開くと、ボールは右ではなく上に飛ぶようになります。

フェースを開いているからといってボールが右に出てしまうことはないということ。

肩のラインをスクエアに構えてしっかりとスイングしてください。

3.ラフからのグリーン周りアプローチ・素振りは必須

3.ラフからのグリーン周りアプローチ・素振りは必須

getty

ラフからのアプローチでボールが沈んでる時は、実際に打つ前に必ず2、3回素振りをしてみましょう。

芝にボールが沈んでいるシチュエーションでは、芝の抵抗がどれくらいあるのか見ただけでは判断ができません。

ラフからのアプローチで距離感を左右するのは、ボールを打った後のクラブの抜けです。

抜けが良ければ飛距離が出ますが、抜けが悪ければ思うように飛びません。

ですので、アドレスに入る前に必ず、ボールがある場所と同じような芝の状態の場所で素振りを行い、抵抗感を確かめておくことが重要なのです。

ただし、ボールに近過ぎる場所で素振りをして、ボールを動かしてしまわないように注意しましょう。

4.ラフからのグリーン周りアプローチ・打ち方2パターン

4.ラフからのグリーン周りアプローチ・打ち方2パターン

getty

▽ボールが半分くらい沈んでいる時

ロフトのあるクラブを選び、しっかりとグリップして、芝に負けないようスイングします。

ただし、力が入り過ぎて手打ちになってしまうのはNG。

柔らかいタッチで無理に寄せようとせずグリーンに乗ればOKの気持ちで打ちましょう。

▽ボールが隠れる深さの時

バンカーからアプローチする要領で、ヘッドを思い切り開いてボールの3~5センチくらい後ろにヘッドを叩き込み、ヘッドを滑らせる感覚で振り抜きます。

ヘッドが芝に食われるため力加減が難しいですが、素振りを入念にして、感覚を確かめてください。


グリーン周りからのアプローチでラフにボールが沈んでる時の打ち方をご案内しました。

一見難局ですが、考え方やコツをつかめば大丈夫! ぜひ参考にしてください。
お気に入り
colosuke

エンジョイゴルファーです!

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。