ヒールを浮かすアプローチは使える!失敗しない方法は?

お気に入り
ヒールを浮かすアプローチは「ヒールアップ」とか「パットチップ」などと呼ばれています。

このアプローチ方法は、上級者はよく行うのですが、初心者はなかなか馴染みがないかもしれませんね。

このアプローチ方法は、コツをマスターすれば失敗も少ないので、ぜひマスターしたいところです。

ここでは構え方や打ち方をご紹介します。

ヒールアップのメリットとは

ヒールアップのメリットとは
ヒールを浮かすアプローチが絶大な威力を発揮するのは、グリーンは近いけどライがベアグラウンド(むき出しの土)や救済できない程度のぬかるみ、薄い芝などの、絶対にダフりたくない場面です。

それ以外のライがいい場面で選択肢に上がることは少ないかもしれませんが、ミスが少なく一番安全なショット方法なので、積極的に使ってみてもいいアプローチ方法です。

パターではグリーンまでの距離感がつかみづらいし、かといって普通にアプローチするのも難しいという場面で特に有効です。

ヒールを浮かすアプローチ・どう構えればいい?

ヒールを浮かすアプローチ・どう構えればいい?
ヒールを浮かすというアプローチ方法は、慣れない人にとっては難しそうなイメージですが、簡単にできます。

使うクラブですが、まずは7番アイアンからサンドウェッジ(SW)で練習してみてください。

練習時に自分が打ちやすいと感じるものを見つけておくと本番で役に立ちます。

クラブは右手がシャフトにかかるくらいまで短く持ちます。

そしてボールの近くに立って構えます。クラブのヒール部分を浮かせてトウ部分にボールを合わせてください。

これでヒールアップの構えは完成です。

ヒールアップの打ち方

ヒールアップの打ち方
ヒールを浮かすアプローチは、トウ部分でボールを打つので、慣れていない初心者の人には難しく感じるかもしれません。

しかし何回か練習を積めばすぐにできるようになりますので、慣れるまで頑張ってみてください。

打ち方はパターを打つように振り子のように打ってください。

打ち方としてはシンプルです。

ヒール部分が浮いているのでクラブの抜けが非常によくなるため、まずダフりません。

また、グリーンが下り傾斜でも、芯で打っていないためボールが極端にオーバーすることのない打ち方です。

ヒールを浮かすアプローチをマスターして堅実にスコアアップ!

ヒールを浮かすアプローチをマスターして堅実にスコアアップ!
グリーンの近くからボールをグリーンに乗せるアプローチは、状況によって使い分けることが大切です。

ヒールを浮かすアプローチは、ライが悪いときなど緊急避難的に使うものですが、絶対にダフれない場面で効果を発揮します。

手首は使わないで、肩の回転のみで打つというのがポイントです。

ミスが少なく、安全にカップにボールを寄せることができるショットで、意外と使える場面も多いです。

ですから、マスターしておけば必ず役に立ちます。

ヒールを浮かすアプローチをマスターして今以上にゴルフを楽しめるようになっちゃいましょう!
お気に入り
コーチャン

都内IT企業勤務の30代男性ゴルファーです。 学生時代はバイトで貯めたお金を全てクラブに費やす生活をしていましたが今では土日のラウンド代に消えてクラブはあまり変えられずな今日この頃です。 皆さんのお役に立てる情報をゆるく書いていこうともいますので何卒宜しくお願い致します!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。