パターの選び方に重要な重心角について知ろう!

お気に入り
パターを選ぶときにただ打ってみて、フィーリングで選んでしまっていませんでしょうか?

たしかにそれも大切ではありますが、パターの選び方で重要となってくるのが重心角です。

言われてもピンとこない人も多いかと思いますので、その関係と特徴について説明していきましょう♪

パターの重心角とはいったい何?

パターの重心角とはいったい何?
どのクラブにもいろいろな形状のものが発売されており、自分に合ったクラブを選ぶのは非常に難しくなってきました。

その中でも特にパターにはいろいろな種類がありますが、選び方で重要となってくるのが重心角です。

重心角とはシャフトを水平なところへ置き、ヘッドをそこから外側に垂らした時にフェースが上を向く度合いが変わってきます。

このとき、シャフトの延長線上とフェース面との角度のことを重心角と呼びます。

重心角によってゴルファーとの相性が変わってくるため、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

この重心角でパターを大きく3種類に分けることができます。

フェースバランスのパターの選び方は?

フェースバランスのパターの選び方は?
ストレートなストロークと相性がいいのが、重心角がフェースバランスのパターです。

フェースバランスのパターは、パターをまっすぐ後ろに引いて、自分が打ちたい方向にまっすぐ打ち出していく人に向いています。

前傾姿勢が深く、肩の回転(ショルダーストローク)で打っていく人が、このタイプを使うと好結果が得られるでしょう。

トウヒールバランスのパターの選び方は?

トウヒールバランスのパターの選び方は?
続いて重心角の種類としてトウヒールバランスのパターがあります。

トウヒールバランスのパターは、ストロークが緩やかな弧を描くタイプの人と好相性です。

主に上級者の方に好まれることが多く、このタイプを愛用しているプロゴルファーもたくさんいます。

このパターでは緩やかな弧を描くようにスイングする人と相性がよく、機械的にショルダーストロークをしたい人よりも、やや浅めの前傾で、自身の感性もパッティングに活かしたいという人に向いています。

トウバランスのパターの選び方は?

トウバランスのパターの選び方は?
最後に重心角がトウバランスのパターです。

こちらは昔のキャッシュインタイプなどにみられるタイプのパターで、トウが真下に来て、フェースがほぼ真横に向く仕様になっています。

L字パターやL字マレット型のパターもこのタイプです。

トウ側に重心があるため、アイアンショットのような感覚で、感性をより活かしたパッティングをしたい人に向いています。

前傾はより浅くなり、ストロークの軌道もトウヒールパターを使う人よりも半径の小さい弧になります。


パターにおいて重心角が重要となってくることは理解できましたでしょうか?

パターを選ぶときには、自身のストロークタイプとパターの重心角のタイプを合わせてみるといいでしょう。

その中でもいろいろなタイプが出てきているため、あとは実際に打ってみて自分の感覚に合ったものを見つけていくことが大切です。
お気に入り
コーチャン

都内IT企業勤務の30代男性ゴルファーです。 学生時代はバイトで貯めたお金を全てクラブに費やす生活をしていましたが今では土日のラウンド代に消えてクラブはあまり変えられずな今日この頃です。 皆さんのお役に立てる情報をゆるく書いていこうともいますので何卒宜しくお願い致します!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。