キチンと知っていますか?暫定球のルールとマナー

お気に入り
ゴルフをする方なら、暫定球という言葉についてはもちろんご存知だと思いますが、暫定球に関するルールをどのくらい知っていますか?

押さえておきたい暫定球の基本ルールや、暫定球を打つことのマナー上の意義について見ていきましょう。

(※2019年のルール改正に伴い加筆修正しました)

1.暫定球の基本ルールとは?

1.暫定球の基本ルールとは?

getty

打った球がOBや紛失の可能性がある場合に、その名の通り暫定的に打つことができるのが「暫定球」です。

暫定球を打つときには、同伴者やマーカーに“暫定球を打ちます”と”打ち直し前と後のボールの情報”を明確に意思を告げるというルールがあります。

もしも宣言をせずに暫定球を打つと、その球はインプレーとみなされ、先に打った球は紛失球として扱われます。

また、暫定球は先に打った球を探しにいく前に打たなければならないというルールが以前はありましたが、現在ではなくなっています。

なので、いったんボールを探しに行き、ルールで定められた捜索時間の3分が経過していない場合でも、直前のストロークを行った場所に戻って暫定球をプレーすることができます。

もちろん、プレーファストの観点からは、紛失のおそれがある場合はすぐに暫定球をプレーするほうが望ましいです。

2.初めの球を追い越すまでは何回打っても「暫定球」

2.初めの球を追い越すまでは何回打っても「暫定球」

getty

暫定的に打った球がミスショットでほんの少ししか飛ばない、いわゆる“チョロ”だった場合はどうなるのでしょうか?

この場合、打ち直した球が初めに打った球があると推測される位置に届くまでは、「暫定球」として何度でもプレーすることができます。

初めの球があると推測される位置か、その場所よりもホールに近い地点からその「暫定球」を打ったら、その時点から「暫定球」は「インプレーの球」へと変わり、初めの球は紛失球とみなされるのです。

3.暫定球が暫定球ではなくなる状況とは?

3.暫定球が暫定球ではなくなる状況とは?

getty

暫定的にプレーしていた暫定球が暫定球ではなくなるいくつかの状況が、規則には明示されています。

まずは、球を探してもいいと定められた時間内(3分間)に、初めの球がコース内で見つかった場合。

この場合は、暫定球を放棄して最初の球でプレーしなくてはなりません。

また、前項でご紹介したような暫定球がインプレーになる状況もいくつかあります。

【暫定球がインプレーとなるケース】
・宣言せずに暫定球を打った
・最初の球がOBだった
・最初の球が時間内に見つからず紛失球となった
・最初の球があると思われる地点かその地点よりホールに近い場所から暫定球を打った

4.暫定球でスロープレーを回避しよう

4.暫定球でスロープレーを回避しよう

getty

ゴルフでは、スロープレーはマナー違反とされます。見失った球の捜索はプレーのペースを悪くする最たる要因。

そこで2019年からの新ルールでは、距離のペナルティを免除するローカルルールの採用を推奨しています。

たとえば、紛失球やOBの可能性がある場合には、暫定球を打つか、最後にOB境界を横切ったところからのドロップというどちらかの処置を選べることになりました(詳細は下記リンク先「ゴルフ規則のオフィシャルガイド ローカルルールひな形 E-5」を参照ください)。

プレーファーストを心がける上で、暫定球を打つことは重要な役目を果たすのです。

いかがでしたか? 暫定球を宣言する行為は、はじめは何となく気が引けてしまうもの。

ですが、他のプレーヤーに迷惑をかけないためにも暫定球を打つことは大切な行為なのです。

暫定球のルールやマナー、ぜひ覚えておいてください。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516