新・貧打爆裂レポート『T//WORLD GS アイアン』『 D1 SPEEDMONSTER ボール』

今回の貧打爆裂レポートは、2021年1月29日発売の本間ゴルフ『T//WORLD(ツアーワールド)GS アイアン』と『D1 SPEEDMONSTER(スピードモンスター)ボール』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。新しいアイアンとボールの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『T//WORLD GSアイアン』は最先端を凝縮させている!

『T//WORLD GSアイアン』は最先端を凝縮させている!
『T//WORLD GS アイアン』と『D1 SPEEDMONSTER ボール』は、本間ゴルフが2021年1月29日に発売したクラブです。

“高反発と高弾道への追求がBIGキャリーを生む。”というコピーのアイアンと、“WOW! +5”というコピーのボールです。

今回は、本間ゴルフから強い要望があって、アイアンとボールを一緒にテストすることになりました。

【試打クラブスペック】
ヘッド素材 17-4プラス+タングステン(#4~#7)、17-4プラス(#8~SW)
フェース素材 AM355P(#4~#7)、17-4プラス(#8~SW)
シャフト SPEEDTUNED 48(S)
ロフト #6/26度、#7/29度、#8/33度、#9/37度、#10/42度
価格(税別) 5本組(#6~#10)11万円

【試打ボールスペック】
構造 3ピース
カバー 新配合ソフトアイオノマーカバー
コア モンスターコア
レイヤー 新開発 Flexレイヤー
ディンプル 368個
カラー ホワイト(イエローあり)
価格 オープン価格

『T//WORLD GS アイアン』は、スピードアップとやさしさのベストバランスを追求したクラブになっているそうです。

一目でわかるのは、ソールにあるクランク状の溝です。「バリアブルワイズスリット」と呼びます。

4番~7番で採用されていて、トウ側の溝の幅を広げることで、トウ側のミスヒットの時に、より機能を発揮するようになっているようです。

次のテクノロジーは「高反発Lカップフェース」です。L字型のカップフェースは、反発力アップ、反発エリア増加という目的で開発されて、ボールスピードをアップすることに貢献します。

フェースの裏に縦の溝を設置したことで、上下の打点のズレにも強くなっているようです。

タングステンウエイトを4番~7番アイアンに内蔵しました。トウ側に配置したことで、スーパーワイド&ディープキャビティバックと合わせて、深重心設計・高MOI(慣性モーメント)になり、高い直進安定性と高弾道を可能にしたそうです。

『T//WORLD GS アイアン』の搭載テクノロジーは、まだまだあります。

8番アイアン以下には「フェース外周アンダーカット」を採用しました。これもフェースの反発力をアップさせ、反発エリアの拡大にも貢献するそうです。

「ソール部肉厚化による低重心」も8番アイアン以下に採用されています。高弾道を打ちやすくしています。

『D1 SPEEDMONSTER ボール』は、安価帯なのに飛距離性能がすごいということで大ヒットした『D1 ボール』の追加バージョンボールです。

前モデルを超える飛びと、グリーン周りのアプローチでのスピン性能の向上をコンセプトにして開発したそうです。

『D1 SPEEDMONSTER ボール』は、ルール適合内で飛びを追求して、グリーン周りのスピン性能を向上するために、コアも、レイヤーも、カバーも新しくなりました。

安価なのに、ディスタンス系のボールとして、トータルバランスに優れているというのが、前モデルの『D1 ボール』の評価でした。今回の試打では、前モデルとの比較ではなく、新しいボールというつもりで考えようと思います。

“モンスター”という名称が付くボールは、強いインパクトがあり、ファンのゴルファーに大きな期待を抱かせます。本間ゴルフには自信があるという証明なのだと感じました。

『T//WORLD GS アイアン』と 『D1 SPEEDMONSTER ボール』で魔法を体験せよ!

動画を見てください。

『T//WORLD GS アイアン』で、最初に感じたのは、トップエッジに厚みがあって良いな、ということでした。トップエッジは、薄いほうが好きというゴルファーが多数派になりましたが、個人的にはクラシックな雰囲気がして、大好きです。

もう1つ良かったのは、ショートアイアンのヘッドが、実際はそれなりの大きさがあるのに、小さく、丸く、締まって見えるところです。さすがホンマと感心しました。

『T//WORLD GS アイアン』の打音は、音量はちょうど良い感じで、音質はピシッとした単音です。やや湿って柔らかい感触に相応しい音です。

打ち応えは、グッと重さを感じることができますが、柔らかい打ち応えです。フェースに乗る感触は独特で良いと感じましたが、これは、『D1 SPEEDMONSTER ボール』の影響もかなり受けていると考えられます。

『T//WORLD GS アイアン』は、やや低めの高弾道です。初速感がある強いボールが出ます。ボールは少し伸びがある、きれいな軌跡を描きます。

少し気になったのは、ややとらえる動きに敏感なところです。これは一概にマイナスとは言えません。スライスや右のプッシュに苦しんでいるゴルファーにとっては、助けになるからです。

逆に、引っかけが怖いゴルファーには、嫌な動きということになります。

飛距離はロフト通りで、クラシックロフトのアイアンより、きれいに1番手から1番手半アップの飛ぶアイアンに仕上がっています。

『T//WORLD GS アイアン』は、しっかりと打って、ややドロー目のボールを打つゴルファーにオススメします。スピン性能はかなり高いです。特にショートアイアンは戻ろうとするぐらいのスピンが苦労せずにかかります。

深いキャビティのアイアンとしては、ツアーモデルのようなスピン性能を持っている珍しいアイアンです。

スピンで点で攻めたいゴルファーにも、『T//WORLD GS アイアン』はオススメです。

『D1 SPEEDMONSTER ボール』は、もっと尖った飛距離最優先ボールを想像していましたが、ドライバーは低スピンな分曲がらず、飛距離も出て、ショートアイアンに向けて、スピン性能を増していくというバランスの良いボールになっています。

予想以上に良いボールでした。

『D1 SPEEDMONSTER ボール』という名前は強烈なインパクトがありますが、怪物というよりも、ゴルファーに寄り添う守護霊みたいなソフトで心強いイメージを持ちました。

プラス5ヤードをドライバーで感じるという部分は、僕のヘッドスピードとスイングタイプでは難しかったですが、間違いなく飛ぶボールではあります。飛距離性能は、規則上、ギリギリまできていますから、飛び抜けてわかりやすい数字で飛ぶのを実感するのは夢物語です。

最も飛ぶレベルの飛距離性能とトータルバランスの良さとコストパフォーマンスの良さでボールを選ぶゴルファーには『D1 SPEEDMONSTER ボール』はオススメです。

『T//WORLD GS アイアン』と『D1 SPEEDMONSTER ボール』は、セットで最高のパフォーマンスを発揮すると、僕は断言はできません。そこまでの体感はできませんでした。

ただし、こういう合わせ技が、気持ちの問題と縁起物みたいな要素で、とんでもないパワーを発揮することがゴルフでは、たびたび起きます。つまり、使ってゴルフをした本人にしかわからない、ということなのです。

セットで使用することで、魔法がかかる可能性は感じました。どちらも、高性能で、使い勝手の良い用具だからです。

最後に、本間ゴルフというと高級、高額のイメージがあり、自分には無関係だと考えているゴルファーがけっこう多いと聞きましたが、『T//WORLD GS アイアン』と『D1 SPEEDMONSTER ボール』はコストパフォーマンス的にも攻めています。

この機会に、一度、触れてみてほしいと思います。その価値があるクラブとボールです。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516