フェースを開く状況ってどんな時?オープンフェースの必要性について

一番強い欲は「食欲」です!

はい! ノザです!

今回は、「フェースを開く状況ってどんな時? そもそも開いて打つ必要ある?」について説明していきます。

ゴルフはフェースを真っすぐ向けて、真っすぐ引いて真っすぐ打ち出し、真っすぐ飛べばそれが一番良い。しかし実際は地形や風の影響など様々な要因があり、思い通りの弾道で打てることはほとんどありません。

そのため皆四苦八苦し、練習やスイングの調整をする訳です。

さて、フェースを開く状況は、結論から言えば主に「トラブル時」になります。ゴルフでトラブルは当たり前なので、覚えておいて損はありません。

ということでフェースを開いて打つべき状況などについて説明していきます。

フェースを開くとどんな球が出るのか? オープンフェースの基本

フェースを開くとどんな球が出るのか? オープンフェースの基本

getty

まず「フェースを開く」とはどういうことか? 簡単な話、上記画像のようなクラブの状態を「フェースが開いている」と言います。

フェースを開いた状態で構えると、フェース面が右を向くので球が右に飛び出すような感じになります。むしろその感覚にならないとダメですね。

フェースが開いていることを「オープンフェース」とも呼びます。

またフェースを開く以外にも「クラブヘッドを寝かせる」「ロフトを寝かせる」と言ったりもします。

1.バンカーショット時に必要

1.バンカーショット時に必要

getty

フェースを開くショットで一番重要とも言えるライ。それはバンカーショットです。

バンカーショットは通常以下のようなポイントを押さえて打ちます。

1.フェースを開く
2.オープンスタンス
3.アウトサイド軌道で振る

上記3点はバンカーショットの基本とも言えます。スタンスや軌道の話は置いといて、バンカーでフェースを開く理由について説明します。

通常のフェースの向きで打つとクラブが砂の下に刺さってしまいエクスプロージョンショットが難しくなります。クラブが砂に刺さらないようにするために、フェースを開く訳です。

なぜエクスプロージョンショットを打つのか? バンカーは基本的にわざとダフらせて砂と一緒に球を運びます。「ダフらせる=クラブを砂の下に潜(くぐ)らせる」なので、フェースが開いていないと砂の下を潜りにくくなるため、フェースを開く必要がある訳です。

フェアウェイバンカーなどは特に意識せず打っても大丈夫ですが、グリーン周りのバンカー、特にアゴが高いとしっかりフェースを開いて打たないと危険。

以上のことからバンカーショットではフェースを開くというアドレスが重要になります。

ちなみにフェースを開くとどうしても右に球が飛び出す意識になるので、オープンスタンスでアドレスすると良いですね。

つまりフェースは右を向き、両足は左を向く状態です。

2.ラフからピン近のグリーンを狙うアプローチ

2.ラフからピン近のグリーンを狙うアプローチ

getty

ラフからのアプローチ。さらにグリーンに乗ってからピンが近い時はロブ気味のショットが役立ちます。

理由として、ラフからのアプローチは芝にフェース面を邪魔されてスピンが効きません。なので転がり続けてしまいます。特に下りのアプローチなんて最悪で、下手すればグリーンから出てしまう状況まであります。

スビンを効かせるためにフェースを開きます。これはプロの試合でもよく見られる光景で、ラフからの寄せはほぼ全員のプロがフェースを開いて少しでもスピンを効かせようとしています。

また、スピンが効かなくてもフェースを開けば通常より高い球が出るので、これも球の威力を弱めるために一役買っています。

ラフでの寄せはとにかくフェースを開き、スピンと球の高さで勝負します。

注意点としては、ラフの深さです。ラフの先っちょに球が乗ってる状態でフェースを開くと「だるま落とし」になるので気を付けましょう。

3.高い球を打ちたい時全般で必要

3.高い球を打ちたい時全般で必要

getty

バンカーショット、ラフからのアプローチと2つの状況下でオープンフェースは役立ちます。ただ上記2つだけかと言われればそんなことはありません。

僕がフェースを開いて打つショットは以下の状況でもあります。

・高い球を打ちたい時
・フックボールが連発した時

まず高い球を打ちたい時ですが、これは主にラフからグリーンを狙いたい時に多用します。

上記はアプローチという状況下でしたが、例えば120ヤード程残りがあってラフにつかまった場合は高い球を打ちます。理屈は話した通り、スピンが効かないから高さで少しでもランを抑えたいがためです。

高い球になると距離は若干落ちるので、その時々で番手を上げたりもします。開く度合いも「気持ちちょっと」くらいですね。

またフックボールが連発した時もオープンフェースは効果的です。つかまり過ぎてしまう球を、フェースを開くことによってスライス要素を入れ相殺させるんです。

以上の2点は個人的によく使う、フェースを開く瞬間です。

まとめ・オープンフェースはスコアアップに必要! 覚えるべきです

まとめ・オープンフェースはスコアアップに必要! 覚えるべきです
ということでまとめます!

【フェースを開く状況とは!】
1.バンカーからエクスプロージョンショットをする時
2.ラフからピン近のグリーンを狙う時
3.高い球やフックボールが出た時

以上になります!

フェースを開くショットは覚えておいて損はありません。フェース管理は己のショットが突然不調になった時も役に立つスキルなんです。

「まぁその時になったら試すから練習はいいや〜」と思った方。日頃から練習しないと本番ではなかなかフェースは開けません。

どうしても左に打ち出すという感覚が頭にあって、スイングに影響が出てしまうから。

フェースを開いて打つ練習をして、トラブル時に役立てましょう。

それではまた!
お気に入り
クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721