新・貧打爆裂レポート『スリクソン ZX7 アイアン』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年10月17日に発売されたダンロップの『スリクソン ZX7 アイアン』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。スリクソンの新しいアイアンの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『スリクソン ZX7』は最先端のツアーキャビティーで高機能を予感させる!

『スリクソン ZX7』は最先端のツアーキャビティーで高機能を予感させる!
『スリクソン ZX7 アイアン』は、ダンロップが2020年10月17日に発売したクラブです。

『スリクソン ZX』シリーズのアイアンは『スリクソン ZX5 アイアン』と『スリクソン ZX7 アイアン』2種類が発売されました。『スリクソン ZX7 アイアン』は、上級者向けの位置付けとなります。

“吸い付くような打感でシビアな要求に応える操作性を持つキャビティアイアン”というコピーのアイアンです。

【試打クラブスペック】
ヘッド #3~#7:軟鉄(S20C)鍛造+タングステンニッケルウェイト #8~SW:軟鉄(S20C)鍛造
シャフト ダイナミックゴールド DST(S200)
ロフト #3/20度、#4/22度、#5/25度、#6/28度、#7/32度、#8/36度、#9/41度、PW/46度、AW/51度、SW/57度
価格(税別) 6本組(#5~#9、PW) 10万8000円 1本(#3、#4、AW、SW) 1万8000円

『スリクソン ZX7 アイアン』で特に注目する点は、3番から7番のトウ側に埋め込まれたタングステンウェイトと、V字のソールです。見た目でわかることだからですが、どちらもやさしい印象が強くなります。

スリクソンのアイアンは以前からV字ソールを採用しているモデルがあって、新たに改良されたのが「新・TOUR・V.T.SOLE」というテクノロジーです。明らかに見てわかるのは、トウ側とヒール側に凹ませた段差があることです。

よく見ると、番手ごとに少しずつ違っています。抜けの良さが向上しているのはイメージできます。

バックフェースにダイヤ型に膨らみがあるのが、打点位置に厚みを持たせた「ツアーキャビティデザイン」というテクノロジーです。これは、ミスヒットしても、ソフトな打感と優れた操作性を発揮するそうです。

『スリクソン ZX7 アイアン』は、軟鉄鍛造のシンプルなツアーキャビティアイアンです。

ただ、やさしくするためのテクノロジーがすごそうだという印象も持ちます。

新しい『ZX』というスリクソンブランドのフラッグシップモデルアイアンとして、期待ができます。

『スリクソン ZX7』は高い完成度でゴルファーをシビれさせる!

動画を見てください。

ツアーキャビティアイアンと呼ばれるアイアンは、市場にたくさんあります。『スリクソン ZX7 アイアン』は、まず、見た目でそれを納得させてくれます。

小さくシャープなアドレスビューを無視しているアイアンもありますが、個人的にはツアー系のアイアンの絶対条件だと思っています。

『スリクソン ZX7 アイアン』は、ヘッドが短く、小さく締まって見えます。そして、ネックの形状の処理など、番手ごとの流れまで、本当に丁寧に作られていて、構えやすいのです。素晴らしいデキです。

スリクソンのアイアンを何代も使っているヘビーユーザーが、納得して、買い換えたくなるように『スリクソン ZX7 アイアン』はできているのです。

『スリクソン ZX7 アイアン』の打音は、音量が控えめで、柔らかい音質です。打ち応えも、市場にあるアイアンで上位に来る柔らかさを感じさせます。

「上質なアイアンだなぁ」と思いました。

真芯に当たった時に、本当に淀みがない抜けた感触があるからです。ダンロップが最近開発したアイアンは、澄んだ芯感のフィーリングに感心させられます。『スリクソン ZX7 アイアン』は、そういう中でも特別です。

中弾道で、ストレートに飛ぼうとするアイアンです。

7番アイアンのロフト32度は、クラシックなロフトの34度と2度しか違いませんが、この2度が半番手以上の飛距離、特にキャリーになっていると感じさせます。

『スリクソン ZX7 アイアン』のショートアイアンは、マッスルバックのようなスピン性能を発揮します。ツアーキャビティアイアンで重要なのは、狙ったところに止められることです。落下地点に、止まろうとしてくれます。

また、距離の打ち分けでも、試打ラウンドではなく、年の単位で使い慣れたアイアンのように可能でした。

『スリクソン ZX7 アイアン』は、ツアーキャビティアイアンを使いたいゴルファーにオススメします。

使い手の感性をシビれさせる強力な完成度を誇るアイアンです。

シャフトのバリエーションがあるので、アイアンが好きなゴルファーであれば、幅広いゴルファーが使えます。興味があれば、その時点で使いこなせる可能性が出てきたということです。

『スリクソン ZX7 アイアン』のボールの拾いやすさ、ボールの浮力は、誰でも使えるやさしいアイアンそのものだからです。

スリクソンのアイアンは、スリクソンユーザーの買い換えが多い、と聞いたことがありますが、『スリクソン ZX7 アイアン』は、それだけではもったいないクラブです。

『スリクソン ZX7 アイアン』は、今まで、深いキャビティしか使っていないゴルファーにもやさしいですし、マッスルバックしか使っていないゴルファーをも満足させてくれます。

『スリクソン ZX7 アイアン』は、感性を刺激するアイアンです。

飛距離はキャリーで十分だということを教えてくれるアイアンは、スコアアップに直結できる可能性があります。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
Z-STAR ownname 210101-210201

カートに追加されました。