新・貧打爆裂レポート『スリクソン ZX5 ドライバー』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年10月17日に発売されたダンロップ『スリクソン ZX5 ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。スリクソンの新しいドライバーの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『スリクソン ZX5 ドライバー』は飛びが満載のように見える!

『スリクソン ZX5 ドライバー』は飛びが満載のように見える!
『スリクソン ZX5 ドライバー』は、ダンロップが2020年10月17日に発売したクラブです。

「大きな飛距離と寛容性」というコピーのドライバーです。

【試打クラブスペック】
ヘッド素材 8AL-2Vチタン合金
クラウン CFRPコンポジット
フェース Super-TIX 51AFチタン合金
ヘッド体積 460cc
シャフト Diamana ZX50(S)
ロフト 9.5度(10.5度もあり)
長さ 45.25インチ
ライ角 59.0度
価格(税別) 6万6000円

『スリクソン ZX5 ドライバー』は、ツアープロとスタッフの力を集結して開発されました。

最も注目されるテクノロジーは、「REBOUND FRAME(リバウンドフレーム)」です。初速にこだわって、開発していく中で生まれたそうです。

カップフェースというフライパンのような形状のフェースを作って、ヘッドと圧着することで最適な反発を生み出すのが、現在、主流のテクノロジーなのですが、『スリクソン ZX5 ドライバー』では、カップ状の枠に楕円のフェースを圧着する方法を採りました。

その結果、フェースは軟らかく、枠は硬く、枠との接合部は軟らかく、ヘッドは硬いという4重構造になり、これが飛距離に直結したそうです。

見える部分でも『スリクソン ZX5 ドライバー』は気合いが入っています。

米ツアーを意識したというシェイプは、トウ側の膨らみ具合や、ヒールサイドのシャープさ、高さがあるクラウンなのにシャローバックになっている所など、現在のトレンドを上手に取り入れています。

現在市場を席巻している外国ブランドのドライバーユーザーの好みを意識したのだと勝手に感じましたが、それ以上に好印象でした。

フェース上部のエッジの処理が丁寧で、きれいなラインをシャフトからつながるように描いています。

これは本当にお見事です。構えやすいドライバーに仕上がっています。

クラウンはカーボンで、低重心化していることも一目瞭然です。

ソールを見ると、後方にウェイトがあることから、重心を深くして、下げているというアピールもわかりやすいです。

スリクソンの『5』シリーズのドライバーは、やさしい、というイメージがあります。

『スリクソン ZX5 ドライバー』の商品説明でも、最初に「しっかりつかまる高い弾道」と紹介されていますので、多くのゴルファーを助けてくれるドライバーなのだと思いました。

何より、松山英樹プロが、実戦投入して、380ヤード以上飛ばしたドライバーが、『スリクソン ZX5 ドライバー』です(厳密には、プロトタイプを使用)。

期待をしながら、打ってみました。

『スリクソン ZX5 ドライバー』は未知の世界の扉を開ける鍵になる!

動画を見てください。

『スリクソン ZX5 ドライバー』を打ってみました。

つかまって、左に行き過ぎないように注意しながら一発目を打ちました。

「あれ?」と思いました。ボールは狙ったフェアウェイの右サイドに向かって、まったくドローせずにストレートに飛んでいきました。「つかまらない」と感じたのです。

今までのスリクソンの『5』シリーズと比べて、別物というぐらいにつかまる挙動はしません。

ヘタをすると右へ抜けるボールが出やすいというレベルなのです。

次のホールは、思い切ってノーマルな感じで振りました。ややドローで、260ヤード飛んだのです。ヘッドスピード40メートル/秒だとすると、驚異的な飛距離性能です。

『スリクソン ZX5 ドライバー』は、フェードも、ドローも打てるドライバーです。

打音は、ちょうど良い音量で、締まった金属音質です。小気味の良い音です。

柔らかい打ち応えです。

高弾道のビックボールが、楽々打てます。高初速を感じます。

『スリクソン ZX5 ドライバー』の飛距離は、平均で230ヤード、最長で260ヤードでした。

右に行かない機能を期待すると裏切られます。むしろ、引っかけづらいドライバーです。

ミスヒットしても飛距離があまり落ちないのも特徴です。

とらえ切れなくて、少し右に抜けたボールでも飛距離が出ます。いわゆる底力で飛ぶ、というやつです。

飛ばしたいゴルファーに『スリクソン ZX5 ドライバー』はオススメです。初速で飛ばすというのは本当です。コースでもわかります。

本格的なツアードライバーで、上手く打てないと、とんでもなく方向が違うボールも出ます。

スイングが固まっているゴルファー、外ブラのドライバーと相性がいいゴルファーが使うことで、パフォーマンスは最高になるような気がします。

『スリクソン ZX5 ドライバー』は、不思議なドライバーです。見た目は昔から知っている雰囲気があって安心できるし、重さもしっかりしているのですけど、挙動やインパクトの感覚が、今までのドライバーとつながらない時があるのです。

革新というのは、そういう違和感があるものなのです。『スリクソン ZX5 ドライバー』は、未知の世界を教えてくれるドライバーです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
Z-STAR ownname 210101-210201

カートに追加されました。