初心者はティーアップして練習すべき3つの理由!当たらないとゴルフは面白くない!

40代はストレッチが大切!

どうも~ノザです!

今回は、「初心者はティーアップして打つべき」について説明していきます。

初めてのゴルフ、初めてのクラブ、初めての打ちっ放し。ゴルフに興味を持ってくれた人なら、絶対ゴルフ好きになって帰ってもらいたいですよね?

しかし実際はゴルフの難しさに打ちのめされ、「ゴルフって思ったより難しい……つまんない」と感じる人も少なくない。

これは連れていった者の責任です。

こうならないためにどうしたら良いか? について説明していきます。

初心者はティーアップして打とう! 難易度が全然変わる

初心者はティーアップして打とう! 難易度が全然変わる

getty

タイトルにもあるように、クラブも握ったことのない初心者さんには、「ティーアップして打つ」ことをおすすめしましょう。

理由としては「難易度が下がる」からです。

ゴルフは極めて難解なスポーツです。クラブを球に当てるという子供でもできそうなことができない。

止まってる球なのに、クラブを当てるだけなのに、最初は本当に難しいんです。その難易度を下げてあげることが大切。

球にさえ当たればゴルフは一気に面白くなる。当たらなければこれほどつまらないスポーツはない。

とにかくゴルフ難易度を下げて楽しんでもらうのが第一ミッションです。そのためには、地面に置いて打たせるより、ティーアップして球を浮かせた状態で打ってもらいましょう。

ではここから、ティーアップして打つ3つのメリットを、1つずつ紹介していきます。

メリット1.球が浮いてるので初心者は打ちやすい

メリット1.球が浮いてるので初心者は打ちやすい

getty

初心者は地面に置いてある球を打つのが難しい。理由としては、地面を叩いてしまう恐怖があって体が動いてしまうためです。これは特に女性に多い傾向です。

しかし球が浮いていれば地面の恐怖も減り、すくって打てるのでダフりがひどい人にも適しています。

地面から打つ=難しい
ティーアップして打つ=簡単

という図式は初心者ゴルファーなら納得できるはず。なので少しでも当たりやすい状況を作ってあげる。

それじゃダメ! 最初が肝心だからちゃんと地面から打たせる! という考えも十分理解できます。僕もスタートはピッチングウェッジで地面からコツコツ打ってました。

それでゴルフを嫌いにならないタイプなら良いんです。

でもね、経験上特に女性はそれじゃゴルフ好きになりません。最初の練習でもういいやって感じになる人が多い。だから最初は楽をさせてあげるんです。

メリット2.打てるとゴルフが楽しくなる

メリット2.打てるとゴルフが楽しくなる

getty

ティーアップして打つメリットは、当たる喜びをいち早く体感できることにあります。

繰り返しますが、当たらなければゴルフの面白さなんて到底理解できません。ティーアップして何球かに1球芯を捉える感触を得られる。ロフトにそった球筋で、きれいに飛び、そして最高の打球音。

そんな感覚を覚えれば、誰しもゴルフの魅力に惹かれるはず。

何でもそうですが、楽しさが大事なんです。楽しさが継続につながる訳ですから。

メリット3.当て感を養えるので、地面から打つのも楽になる

メリット3.当て感を養えるので、地面から打つのも楽になる

getty

ティーアップのメリットはただただ難易度を下げるだけではありません。もちろん実力も身に付きます。

1.当て感を養える
2.良いショットと悪いショットの違いを知れる

当て感を養えると、地面に置いた状態でのショットにも優位に働きます。スイングは現実とイメージのギャップを埋めていく作業が大切。

自分では球より奥にクラブを入れるイメージで打っても、実際は超ダフりをする。

イメージと現実のギャップが現れる訳です。

そこで重要なのが当て感です。もちろんスイングや基礎的な部分が一番重要ですよ? しかし良いショットを打つためには当て感も重要なファクターになるんです。

プロは目隠ししてもドライバーショットが打てます。何千球、何万球と打ってきたことで当て感が養われていく。第六感という表現でも良いかも知れません。

とにかく1球でも多く当たることで当て感が養われる。

続いては、悪いショットと良いショットの区別が付くようになります。それがわからない人は、芯で打ったショットじゃなくても喜び、芯で打った球も同じリアクションをします。

これは経験値の差。その経験は打つことでしか積めない訳です。

まとめ・初心者はティーアップして打とう! 難易度を下げて始めることが大切

まとめ・初心者はティーアップして打とう! 難易度を下げて始めることが大切
ということでまとめます!

【初心者の練習ではティーアップがおすすめ】

1.球が浮いてるので打ちやすい
2.打てることでゴルフが面白くなる
3.当て感が養われ、ショットの区別が付く

以上になります。

中盤で自身のことを書きましたが、僕はとにかくティーアップもせずひたすらピッチングウェッジを地面の上から打ち続けました。

教えてもらった師匠がそういうタイプだったので、従順に守っていましたね。たとえ一人で練習場に行った時もほとんどティーアップして打ちませんでした。

僕はそれで楽しかったんです。地面から打つことで上手くなる近道ができると思っていたんです。

しかしそれはあくまで僕の場合。人によっては最初の練習から空振りばかりの人もいる訳です。

その人にですよ? 空振りを続ける人に「地面から打つほうが上達が早い」と言っても、「いやいや上達の前に二度と練習場に来なくなるよ?」と言い返されてしまいます。

まずは楽しさ重視です。また来たいと言わせることがミッションです。

空振りが多い初心者には、積極的にティーアップをおすすめしましょう。

それではまた!
お気に入り
ノザ@ゴルフライター

【ゴルフは一生モノ】関東近郊に住むアラフォー直前のノザです!今までゴルフライター&ブログなどで500記事以上を書いています。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。