新・貧打爆裂レポート『T100・S アイアン』

今回の新・貧打爆裂レポートは、2020年4月10日に発売されたタイトリスト『T100・S アイアン』です。

いつものようにコースに持ち込んでラウンドしてみました。「プレーヤーズ フォージドディスタンスアイアン」というコピーのアイアンの秘密を明らかにします。動画も含めて試打レポートします。

T100・Sは飛び系アイアンの王道を行く!

T100・Sは飛び系アイアンの王道を行く!
『T100・S アイアン』は、タイトリストが2020年4月10日に発売したクラブです。

タイトリストによる説明は、次のような感じです。

2019年秋に発売されたタイトリストT-SERIESアイアンの新たなモデルとして誕生したフォージドディスタンスアイアンです。タイトリスト ツアーアイアンのベネフィットに高い飛距離性能をプラスし、高い弾道コントロール性能、進化したフェースプロファイル、そして感性を満たす打感・打音を備えています。飛距離アップと安定性を両立させるためにストロングロフト専用の設計を行い、軟鉄鍛造ツアーモデルに驚きの飛距離革命をもたらします。

【試打クラブスペック】
ヘッド 軟鉄鍛造(#7~#9、P、48)+タングステン・ニッケル(#4~#7)
フェース SUP-10(#4~#6)
シャフト N.S.PRO 950GH neo(S)
ロフト #4/21度、#5/24度、#6/27度、#7/31度、#8/36度、#9/39度、PW/44度、48/48度
価格(税別) 5本セット(#6~#9、P)12万円、6本セット(#5~#9、P)14万4000円、別売(#4、#5、48)2万4000円/本

『T100・S アイアン』は、いわゆる、飛び系アイアンになります。名称の「S」はストロングロフトの略なのだそうです。

オーソドックスなロフトより1番手アップのストロングロフトを「新ロフト」と呼ぶケースがあるほど、飛び系アイアンは市場に増えています。

『T100・S アイアン』は、精密鍛造によって番手ごとの重心設計を最適化しているそうです。

つまり、アスリート系のゴルファーが満足するような本格的なアイアンでありながら、飛距離性能でも足りない部分を補うようなアイアンが『T100・S アイアン』ということだと考えるとわかりやすいようです。

タイトリストには、以前から、1番手アップのロフト設定のアイアンがありましたから、継続してこのカテゴリーのアイアンを使用しているファンも確実に存在します。

『T100・S アイアン』は、そういうゴルファーの期待に応える宿命も背負っているのです。

何もかもが本格的なT100・S アイアン!

動画を見てください。

『T100・S アイアン』は、気合いが入っていることがわかるアイアンです。

まず、アドレスビューが良いです。オーソドックスなアイアンを感じます。

マッスルバックのアイアンのようなヘッドのコンパクト感が良いのです。これは人によると思いますが、僕は好感を持ちました。

『T100・S アイアン』は、構えやすいところも本格的です。

スッと構えられるアイアンは、狙いやすさとイコールです。こういう部分だけで、本格的なアイアンだと感じるゴルファーもいます。

構えやすさについて特に感じたのは、ショートアイアンです。お見事でした。

打音について、最初に感じたのは、音量が静かだなぁ、ということです。市場には音量が大きめのアイアンが多いので、控えめの音量で落ち着くと感じるゴルファーは確実にいると思います。

打音の音質も、金属系の響きは控えめですが、小気味が良いしっかりした音です。芯に当たった時と、そうでない時の差が大きいところは、本格的なアイアンらしくて好感触です。

打ち応えは、打音でも想像できますが、軟らかさを感じます。フェースのどこに当たったかがわかりやすい敏感さもあります。

『T100・S アイアン』の飛距離性能については、ロフトの数字よりも少し飛びます。半番手は大げさですが、ワンピンぐらい飛ぶ感じがしました。

そして、高弾道です。ビックリするぐらい気持ち良くボールが上がるアイアンです。ロフトではなく、該当する番手のオーソドックスなロフトで打てる高さよりも高いぐらいです。

スピンもツアーモデルぐらいかかります。

タイトリストのアイアンは戻り過ぎないぐらいがちょうど良いスピン量だと設定しているような気がしています。『T100・S アイアン』は、落ちたところでボールが止まろうとしているように感じさせました。

『T100・S アイアン』を打っていて、ラウンド中に何度も感心しました。アイアンとしての総合力が高いのです。

アイアンが得意で、少し距離も欲しいというゴルファーに『T100・S アイアン』はオススメです。

得意な部分をさらに武器できれば、ゴルフを進化させることができるはずです。

オーソドックスなロフトより1番手アップのアイアンは、近い将来、主流になるという予測があります。

時代の波に乗り遅れたくないというゴルファーにも『T100・S アイアン』がオススメです。

本格的なアイアンとは? という問いへの答えは、明確に存在します。

『T100・S アイアン』は、本格的なアイアンのすべての項目をクリアします。一言でいえば、何の我慢もせずに使えるアイアンです。

タイトリストの総力が詰まったアイアンで、より高いレベルのゴルフをしている自分を想像しながら、打ってほしいアイアンなのです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。