セベケン変わり種クラブ試打動画!3本立て!

お気に入り
今回もまた、パーシモンHAGEプロと中年ゴルファー2人による、ちょっと変わったクラブ試打会(?)。

まぁ、今どきの飛ぶ7番アイアン検証もやってはおりますが……クラブによって何が変わるのか? または、変わらないのか? 実際にほどほどの腕しかない、それほど飛ばないオジサンが打つとどうなるのか? ちょいと見てみるのも……面白いかも? (´∀`*)ウフフ

変態ゴルファーかよ!

まぁ、普通の人がやらないことをやったりしますので、変態と言えば変態なんでしょうね!('◇')ゞ

ということで、今回の試打は、私がゴルフをやさしくするために試みてきた、いろいろな「魔改造クラブ?」が中心の試打……というより、日常使い立ったりしますが!

基本、ロフトの多いレディースヘッドのリシャフトものや、果てはジュニア用クラブに、男子シャフトを装着したものなどが出て来ます。ちょっと変わった改造ですが……めっちゃ使いやすいです。

飛距離追及が多い中、飛距離よりもアベレージを高め、楽にそこそこのポジションをキープするという発想で作っています。

レディースドライバー試打!

ここでは、私が保有していた、レディースドライバーを試打しています!

一口にレディースと言っても、かなりいろいろなバリエーションがあって、ただ軽くて柔らかいだけではありません。

中には、けっこうロフトが立っていたり、男子のRシャフトより硬い? なんてクラブも出て来ます。

ロフトが多い分、前に進む力は弱くなりますが、男子の3番ウッドでマン振りするより楽に飛ばせますし、ミスヒットも減るので、試してみる価値はありますよ!

もちろん、私の試打ですから「最新式」は、ほとんどなく、かなり以前のチタン初期のような小ぶりなヘッドも出て来ますが、これがまた使いやすいんです。

女子も、ある程度ミート率があれば、ルール上限の460㏄を使う必要はないし、逆に振りやすかったりもします。

力任せの男子こそ、レディース用クラブを振っていると、スイングの力みが取れ、なおかつ飛距離も落ちないことに気が付いたりするもんです。

ラストは、ちょいと近代クラブ!

最後は、割と最近の、いわゆるぶっ飛び系アイアンと言われるものを試打!

ぶっちゃけ……7番と言っても昔の4番のロフトと長さだったりもしますので、飛ぶっちゃ飛ぶのは当然なんですが……打ってみると、ただそれだけではない印象と結果が!

その理由は? このアイアン型ユーティリティの中空形状から、後ろのクラウン部分を取り去ったような形状にあると見た!

言ってみれば、実質的には「アイアン型ユーティリティ」なんですよね。ですので、いわゆるウッド型ユーティリティのほうが得意な人にとっては、ちょっと振りにくいかも知れません。

私などは、普段からアイアンは、ブレードの薄いマッスル系を使っているので、アイアン型ユーティリティを持って、アイアンのように振ると「天ぷら?」みたいな打感と球筋になって、あんまり好きな飛び方ではないので、あまり相性はよくありません。

そういう個人的傾向もあるので……この辺の飛ぶ7番あたりの距離は、9番ウッドなどのショートウッドで、コントロールして打っていくことが多いです。
お気に入り
セベケン

ラウンド歴も45年以上になりました。 パーシモンも未だに使っています。 中古クラブの収集&使用は優に1000本超え! 「二本オープン」という2本のクラブの競技も開いております。 師匠は、あの!村口史子プロと同じ! https://nihonopengolf.jimdo.com/

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。