ゴルフシューズ選びのポイントは5つ!スコアもオシャレ度もアップ!

お気に入り
ゴルフを始める際に揃えるものの中に、「ゴルフシューズ」があります。

必要だから買わなければといざショップに行ってみたは良いものの、所狭しとゴルフシューズが並び、その値段もさまざま。なにを選んで良いのかわからないですよね。

ここでは、ゴルフシューズ選びの5つのポイントをお伝えします!

ゴルフシューズとは?

ゴルフシューズとは?

getty

ゴルフシューズとはその名の通り、ゴルフ場でラウンドする時に使用するゴルフ専用のシューズです。

市販されている運動靴と大きく違う点は、ゴルフ場の芝の上でも滑りにくくなるよう、ソール(足裏)部分がしっかりとグリップできる構造になっているところです。

ヒールのある靴は言わずもがな、普通のスニーカーで実際に芝の上を歩いてみると、思った以上に滑り、特に傾斜地では、上手く歩くことも難しいです。

ゴルフシューズは、芝の上でプレーをするゴルフにはなくてはならないものなのです。

ゴルフシューズ選びのポイント1.サイズ

ゴルフシューズ選びのポイント1.サイズ

getty

ゴルフシューズを選ぶ上で一番大切なものは、サイズです。

サイズが大き過ぎても小さ過ぎても、ゴルフのプレーに影響を与える恐れが出てきます。

ゴルフショップのシューズ売り場で店員さんに声をかけると、専用の器具で測定してくれ、それに合ったシューズを選んでくれるサービスもあります。

自分で足の長さと足囲を測り、それに合ったサイズのシューズをインターネット通販で買うという人もいると思います。

しかし、サイズが同じでも足の甲の高さがメーカーによって変わる場合もありますので、必ずしも、買ったシューズが自分にピッタリと合っているということは言えません。

特に初めてシューズを購入する方は、お店の人に測ってもらう方法を選ぶと間違いがないでしょう。

ゴルフシューズ選びのポイント2.スパイクの形状

ゴルフシューズ選びのポイント2.スパイクの形状

getty

シューズのソール(裏部分)の形状は、大きく2種類存在します。

樹脂やプラスチックで作られた鋲(びょう)が付いている「ソフトスパイクシューズ」と、スパイクは存在せず、代わりにソール部分に凸凹の突起がついている「スパイクレスシューズ」です。

以前は革のソールに金属の鋲をつけた「スパイクシューズ」が使用されていましたが、鋲を直接地面に突き刺し芝の滑りを防止していたため、そのスパイクでグリーンの上を歩いてしまうと、グリーンが傷ついてしまうということで、現在ではほとんどのゴルフ場で禁止となりました。

どちらもゴルフ用に販売されているものですが、特にグリップ力が強いと言われているのが、「ソフトスパイクシューズ」です。

このグリップ力は、芝の上での滑り防止だけではなく、スイング中に、足が滑ってしまうのを防止する力も優れています。

対してスパイクレスシューズは、グリップ力はソフトスパイクシューズに劣るものが一般的とされていますが、その軽さに装着性の良さを感じる人も多く、人気となっています。さらに最近では、グリップ力でもソフトスパイクに互するモデルも登場してきています

ゴルフシューズ選びのポイント3.紐式かダイヤル式か

ゴルフシューズ選びのポイント3.紐式かダイヤル式か

getty

以前は運動靴のように、紐で調整するタイプのゴルフシューズが多かったのですが、近年人気を博しているものが、ダイヤル式です。

シューズについたダイヤルをクルクルと回すと、それに連動したワイヤーが全体を締め込む仕組みになっています。

ダイヤル式のメリットは、なんといっても着脱のしやすさ。ダイヤルをきつく締めたとしても、それを上に引っ張る一動作で、緩めることが可能です。

プレー中に着圧が緩んでしまっても、片手でクルクルと回せる手軽さが良いですね。

対して紐は、ダイヤル式のように全体を締め込むものではないので、つま先や足の甲など、細かなところの微調整が自在にできる点がメリットです。

着脱に時間がかかり、両手を使わなければいけないところに煩わしさを感じるゴルファーも存在しますが、足元のホールド感から、紐式を手放さない人も多いです。

ゴルフシューズ選びのポイント4.アウトソールの硬度

ゴルフシューズ選びのポイント4.アウトソールの硬度

getty

アウトソールとは、足裏の、地面と接する部分のことです。

このアウトソールの硬さなど気にしたことがないという人もいると思います。

しかし、アウトソールが硬ければ硬いほど、地面を踏みしめた時に反発力が働くようになります。その反発力を使って、より力強いショットを生み出すことができます。

反対にアウトソールが柔らかければ、足とシューズとの一体感が高まり、しっかりと地面を踏みしめることができるため、しなやかなスイングを補助してくれる役割を果たしてくれます。

スイングタイプによって選び分けることが大切ですね。

ゴルフシューズ選びのポイント5.スニーカータイプか革靴タイプ

ゴルフシューズ選びのポイント5.スニーカータイプか革靴タイプ

getty

アッパー素材といって、足を覆う部分のタイプにも、スニーカータイプと革靴タイプの2種類があります。

スニーカータイプは通気性がよく素材も軽く、履き始めから足にフィットするため、疲れにくく初心者にもおすすめです。

革靴タイプは、履いているうちに自分の足に馴染んでいくため、フィット感を得るには少し時間がかかります。

スニーカータイプに比べて重さもありますが、防水性があるため、雨の日の使用におすすめのものです。

ゴルフは足元からこだわろう!

ゴルフは足元からこだわろう!

getty

ゴルフシューズと一口に言ってもさまざまなタイプがあり、特に初めて購入する方にとっては迷ってしまいますよね。

ご紹介した5つのポイントをチェックしながら、必ず試着をして、自分に合ったゴルフシューズを選んでいきましょう。
お気に入り
亜月

ゴルフと食べることが大好き! ゴルフ歴6年、ラウンドは週1。スコアはまだまだ安定しませんが、楽しくプレーしています。 https://www.instagram.com/_.risa._18

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016