アプローチで大切なことは右手首の角度を固定することです!

お気に入り
こんにちは、ライターのとやです。

短いアプローチでトップしてしまったり、ダフってしまったりした経験ってありますよね。

アプローチは手元の緩みや浮き上がりなど、いろいろなミスの原因があります。そこで右手のある一部分を意識してみるだけで、安定感がググッと上がってきちゃうんです。

アプローチでは右手を意識して、ベタピンに寄せちゃいましょう。

目指せ、寄せワン職人!

アプローチのミスは手打ち?

アプローチのミスは手打ち?

getty

アプローチでミスショットをしてしまうとき、距離が近いためについつい手で打ちにいってしまうのが原因の1つです。

手で打ちにいくと、体を使ったスイングができず短いアプローチショットでもミスになってしまうんです。

せいぜいグリーンをオーバーするだけならまだいいのですが、グリーンの反対側に池があったりバンカーがあったりすると、それだけでスコアを大きく浪費してしまいます。

いくらドライバーを飛ばしたって、アプローチで台無しにしてしまうケースだって多いですよね。

アプローチではアドレスの右手の角度をキープしよう

ズバリ、短いアプローチのコツは、右手を意識していきましょう。

アドレスで構えた右手首の角度を、キープして打つのです。

短いアプローチでは、オープンに構えてボールは右側に、そしてダウンブローに打っていくイメージではないでしょうか。

このダウンブローという言葉に惑わされてついつい、手で上から打ち込もうと操作してしまうんです。

そうではなく、ボールを右側にセットした時点で、自然にダウンブローのアプローチになっています。だから右手首の角度を固定したまま、バックスイングをして、そのまま打ちましょう。

インパクトとフォローでも右手の角度はそのまま!

インパクトとフォローでも右手の角度はそのまま!

getty

インパクトでリストターンを入れてしまうと、ヘッドがブレやすくなります。短いアプローチなので、飛距離は必要ありません。

それよりも右手の角度をキープして、そのまま打っていくほうがミスの確率を大きく減らせるんです。

インパクトからフォローでは、アイアンやドライバーショットのようにリストターンを入れてしまう人もいるかもしれません。しかし手元の動きは体幹の動きよりも安定感では勝てません。

アドレスで決めた右手首の角度をキープしたまま、ボディターンでアプローチをしていきましょう。

グリップが常に胸の前にあるように意識

グリップが常に胸の前にあるように意識
右手の角度をキープしてアプローチのスイングをしますが、このときグリップの位置は常に胸の前にあるように動かしましょう。

右手首の角度が固定されていれば、ヘッドが前に出てくるケースは減ってきます。しかし手元を前に出してしまうと、すくい打ちになってしまいますので注意が必要です。

両肩とグリップが常に三角形になるように、と教えられた方は多いと思いますが、まさにこの教えの通りなのです。

しかも短いアプローチショット。グリップを胸の前に置いてスイングができるかどうか、がアプローチを成功させる大きなポイントになってきますよ。

右手の角度を固定すると低めのボールになる

右手の角度を固定すると低めのボールになる

getty

この右手の角度を固定して打つアプローチですが、右手の角度がついたまま打ちますのでロフトは立った状態でインパクトします。

そのため必然的にボールは低いボールになります。

高くボールを上げたい、グリーンエッジからピンまでが短くて転がすスペースがない、というような場合にはちょっと使いにくいかもしれません。

ただ、なかなか高いボールしか打てなかったり、転がすスペースがないような場面は少ないのです。

基本のアプローチの打ち方として、自分の技術として持っておくと、グリーン周りからのアプローチが苦ではなくなります。

右手の角度を固定してピッチ&ランで寄せていく

右手の角度を固定してピッチ&ランで寄せていく
右手の角度を固定してアプローチをすると、フィニッシュでヘッドを返さない打ち方になります。

これは強くスピンをかける打ち方とは逆で、フェースにボールを乗せて運ぶようなイメージのアプローチになります。

当然ロフトなりのスピンは入りますが、強くバックスピンで戻してくるようなボールにはなりません。そのためピッチ&ランのようにキャリーで狙ったところに落としてから、ピンまでランで寄せていく、というショットになります。

右手首を固定して打つので、アドレスの位置に戻して打てればショットはほぼ成功してくれます。そのため微妙な感覚で、距離やスピンを打ち分ける必要がありません。

体を使って打っていけるので、振り幅での距離感が出しやすくなります。そのためロフト角と振り幅によってキャリーとランを狙って打ちやすいメリットがあります。

グリーン手前からアプローチで寄せられる!

グリーン手前からアプローチで寄せられる!
右手首を固定してアプローチができるようになると、距離感が非常に安定してきます。そのため厳しい状況で無理にパーオンを狙わなくてもスコアを作っていけるようになるでしょう。

ピン奥が狭かったり、奥にバンカーがあっても、ピンの位置がグリーン奥にある場合は、できるだけ突っ込んでいきたくなるのがゴルファー心理。

しかしその通りに狙ってしまうと、ミスをしたときに取り返しのつかないことになる場合もあります。

そんなときでもアプローチの距離感に自信が持てるようになれば、短くてもいい、と割り切って手前から攻められるような、心の余裕が出てきます。

グリーン周りからのアプローチに絶対の自信を持って臨めるようになると、無理をして攻めなければならないケースが減ってきます。

右手首を固定したアプローチ方法をマスターしよう

右手首を固定したアプローチ方法をマスターしよう

getty

アプローチはやればやるほど上達します。しかし練習量だけが多くても、なかなか上手くならない人がいるのも事実ですよね。

そうした方はもしかしたら、右手首が必要以上に動いてしまっているのかもしれませんよ。

短いアプローチでは右手首を固定して、安定した寄せをマスターしていきましょう。これができればあなたもアプローチ名人!?
お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >
ダンロップゼクシオの日200801-0901
ダンロップX2ボール200801-0901

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901