右手に力が入ってもかまわない!?問題なのは右肩が突っ込むことなのです!

お気に入り
皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーリーです。

「スイング中は右手に力を入れてはいけません!」

よく聞くアドバイスですね。

しかしいっぽうで右手主導を唱えるレッスンがあるのも事実。

スイング中は本当に右手に力を入れたらいけないのでしょうか。

結論から言うと、私は右手に力が入っても構わないと思います。

ただし右肩が前に突っ込まなければですけどね (^_-) 。

右手には右手の役割がある!

右手には右手の役割がある!

getty

多くのネット記事や雑誌のレッスンでは、スイングの時には『左手がリードし、右手は添えるだけ』『ゴルフのスイングは左手主導がいい』といったことが言われますよね。

しかし本当に右手を添えるだけにして左手1本でスイングするのは至難の業です。

ゴルフスイングで右手をまったく使わないというのはありえない話で、右手には右手の役割というものがあると考えるべきなのではないでしょうか。

実際にタイガー・ウッズ選手や松山英樹選手といった名だたるプロゴルファーたちも「飛距離や方向性を決定づけるのは右手(右腕)にある」というコメントを残しているわけですからね。

たとえば右手のひらはフェース面とほぼ同じ方向を向いているので、フェースローテーションやフェースをスクエアに戻す際の目安にすることができます。

つまりインパクトの瞬間に右手のひらがスクエアになるように動かせば、インパクトでフェースの向きもスクエアに戻せるというわけです。

また右手を上手く使うことができれば飛距離アップにもつながります。

ゴルフのダウンスイングからインパクトは左向きに動いていきますので、左手は引っ張り込む動きになります。

逆に言うと、左手だけではクラブを押し込む動きはできないわけで、ここで右手を使って押し込む動作を加えることで、より強い力でクラブを振ることができます。

よく切り返しからダウンスイングにかけてタメを作れと言われますが、タメを作っても振り遅れることなくボールを打つことを可能にするためには、この右手の押し込みが必要不可欠なのです。

このように飛距離や方向性に大きな影響を及ぼすことを考えると、「スイングで右手を使うな」というのはちょっと違う気がしますよね。

右手に力が入り過ぎると右肩が……

右手に力が入り過ぎると右肩が……

getty

このようにスイングに重要な役割を果たしている右手なのに、どうして“添えるだけ”というような扱いを受けるのか(私的には多少右手を使い過ぎてもまったく問題ない気がするんですが……)。

私の個人的な見解なのですが、右手に力が入ることで“ある個所”が悪さをするからだと思うのです。

その“ある個所”とは……。

それはズバリ右肩なんです

右手に力が入ることで切り返しからダウンスイングにかけて右肩が前に突っ込んでしまう人がとても多いんです。

右腕と右肩はつながっていますから、当然といえば当然の結果なんですがね。

しかしこのダウンスイングで右肩が前に突っ込む動きがスイングを乱す原因なのです。

右肩が突っ込んでしまうことで本来のクラブ通り道が塞がれてしまうわけで、クラブは突き出た右肩よりさらに外側から下りてくることになります。

そうするとクラブの軌道は否が応でもアウトサイドインになってしまうわけで、こうなるとインパクト以降で左腕を引かないとスイングすることができなくなります。

初心者なんかだとこすり球しか出なくなり、結果として物すごいスライスボールが出てしまいます。

また手打ちではなく、ある程度体の回転でスイングができるようになった人でも、右肩が前に出てアウトサイドからクラブが入るわけで、これを修正しようとクラブフェースを返してしまうと、ボールは左に飛び出し、さらにそのままフック回転で大きく左に曲げたり、チーピンのミスになってしまいます。

ちなみに初心者がある程度スライスが出なくなった頃に今度はチーピンやフックに悩まされるのは、右肩の突っ込みが原因であることが非常に多いので注意が必要です。

右手の力感よりもまずは右肩の動きに注意しましょう!

右手の力感よりもまずは右肩の動きに注意しましょう!

getty

いかがだったでしょうか。

右手に力を入れるか入れないかの前に、まずは切り返しからダウンスイングにかけて右肩が突っ込んでいないかを確認するようにしましょう。

右肩が突っ込んだ状態では、スイング軌道はいつまでたって修正することはできません。

まずは右肩の突っ込みを抑えてクラブの通り道を作ってあげること。

そうすればアウトサイドインのクラブ軌道がインサイドインもしくはインサイドアウトの正しいスイングプレーンに修正されていくはずです。

さらに言うと、右手に力が入ると右肩が突っ込むわけですから、逆に右肩の突っ込みが抑えられれば右手は自然と適正な力感に修正できるはずです。

力が入らないようにと極端に右手の力を抜いてしまうと、左手とのバランスがとりづらくなり、かえってスイングを乱すこともあります。

それならば右手の力がどうこうというよりは、右肩の突っ込みを抑えることに集中したほうがスイングの修正は簡単だと思うのは私だけでしょうか。

『右手に力が入ってもかまわないから、ダウンスイングで右肩が突っ込んで前に出ないようにしよう!』

このくらいの気持ちでスイングをしてみてください。

そうするだけでスイングやボールの方向性がすごく改善されるかもしれませんよ!


といったところで今回はこのへんで。

それでは、また (^^♪
お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』(https://moriygolflab.com/)     https://moriygolflab.com/

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200801-0901
ダンロップX2ボール200801-0901

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901