アプローチはショートする人が多い!ピタッと寄せるために考えることとは?

シャンク恐怖症!

こんにちは~ノザ@ゴルフライターです!

今回は、「アプローチで失敗する人が多い理由と対策」について書いていきます。

スコアを作る以上、アプローチの重要性は言わずもがな……。ここが得意かどうかで一気にスコアも精神的な面も変わります。

例えばアプローチが得意なら、「パーオンしなくても寄せワン狙えるから♪」と考えるから、肩の力を抜いたショットができる。

ということはリラックスした状態で打てるので、結果的にパーオンしたりする。

アプローチがいいとすべてが楽になります。なので絶対鍛えたい技術な訳です。

当記事は以下のような人に読んでもらいたいです。

・アプローチでいつもショートする
・たまにトップする
・アプローチに苦手意識がある

当てはまる人はぜひ読んでみてください。

アプローチではショートする人が多い! 理由はダフるから

アプローチではショートする人が多い! 理由はダフるから

getty

アプローチでは圧倒的にショートする人が多くて、理由は単純に「ダフるから」なんですよね。

ダフってダフって、最後にはトップ。こうして精神を壊される……。

アプローチに関して、距離が短いので簡単なショットと思われがちですが、いくつかのトラップが存在しています。

・グリーンが近いために行方が気になりヘッドアップする
・フルショットでないため、リズムが悪くなる
・グリーン周りのライは結構複雑

飛ばさなくていいのでプレッシャーこそないんですが、その分他の難しさがあるんです。

で、一番多いのがダフり。

まずはこのダフりの原因を突き止めて、対策しないと前に進めません。

でも大丈夫。理由は以外と単純です。

基本的に払い打ち! 点でなく線でとらえよう

基本的に払い打ち! 点でなく線でとらえよう

getty

上記画像はドライバーですが、ウェッジでも同じイメージです。

・打ち込む=点でとらえる
・払い打ち=線でとらえる

点でとらえる打ち込み型は、スピンが効くのでグリーンで球を止めたい時に使います。

プロなんかがよくグリーン上でバックスピンをかけたりするのも、いわゆる「打ち込んでいる」訳です。

これが格好良くて僕も一時期打ち込んでアプローチしていましたが、ハッキリ言って「難易度高め」です。

説明したように、球を点でとらえなければならないから……。

当然点でとらえるのでちょっとでも当たり損なうとダフります。

その点払い打ちなら線で球をとらえるので、ダフりが極端になくなります。

「打ち込み型」と「払い打ち型」はそれぞれ一長一短がありますが、とにかくショートする人は払い打ちに変えたほうがスコアは出ます!

圧倒的に!

フェースは開かない! バウンスで跳ねてトップするから

フェースは開かない! バウンスで跳ねてトップするから

getty

とにかく払い打ちに。ドロー目に打ちましょう。

フェースの管理ですが、ここも下手に開かず「閉じ気味でアドレスする」といいです。

基本的にフェースって開き気味でインパクトしてしまうんですよね。自分が思ってるより、最初のアドレスの位置にクラブは戻らず、開き気味に当たってしまう。

フェースが開いている訳だから、バウンスでリーディングエッジが浮き、歯の部分で打ってしまう。

いわゆるトップが出ちゃうんです。

なのでフェースは閉じ気味で構えることが重要。

繰り返しますが、クラブは元の位置に戻っては来ません。大袈裟なくらい、フェースは閉じておくといいと思います!

フェースを開くとトップだけじゃなくシャンクの可能性も高まる

フェースを開くとトップだけじゃなくシャンクの可能性も高まる

getty

僕自身、シャンクにはコテンパンにされました。特に多いのが、やはりアプローチでのシャンクです。

これは絶対的に対処が必要。シャンクが一発出ればスコアは大崩れだし、何より精神的ダメージが大きい。

アプローチでのシャンクも理由はいろいろありますが、先ほどフェースの向きについて書いたので、そこから補足的に書きます。

【フェースを開くとシャンクをしやすい】のです。

理由として、フェースが開いてる状態で真っ先に球に当たる部分はどこか?

当然フェースは外を向いてるので「ネック部分が最初に当たる」訳ですよね。

そうならないようにスイングなりアドレスを工夫するのですが、小細工なしの場合ならネック部分に当たる。

ここに当たったら最後で、右に急激に飛び出すシャンクが出てしまう。

なので、繰り返しますがフェースはしっかりと閉じましょう。

ロブでグリーンに格好良く乗せたい気持ちはわかりますが、順番が大事です。

ダフらないで打てるようになってからでも遅くはない。ダフらずシャンクもトップも嫌なら、フェースは閉じましょう。

まとめ・アプローチは払い打ちが基本! 打ち込むと寄る確率が減ります

まとめ・アプローチは払い打ちが基本! 打ち込むと寄る確率が減ります
ということでまとめます!

【アプローチでショートばかりする人の対策方法】

1.ショートする理由はダフりが原因
2.点でなく線でとらえよう
3.フェースを開かずに閉じる
4.フェースが開くとシャンクも出る

以上のことから、アプローチは払い打ちでフェースは閉じましょう。そうすることでザックリやトップなどのミスショットも一気に減ってきます。

冒頭にも書きましたが、アプローチが上手く行くと全体のリズムが良くなります。

アプローチって言わばリカバリーなんですよね……。

だって確実にパーオンすればアプローチなんて打つ必要ないじゃないですか。

ただそんなに上手くいかないので、ミスショットをリカバリーする技術が必要な訳ですよ。

リカバリーに自信を持てれば、どんどん攻めることができる。結果キレのいいスイングができるんです。
お気に入り
ノザ@ゴルフライター

【ゴルフは一生モノ】関東近郊に住むアラフォー直前のノザです!今までゴルフライター&ブログなどで500記事以上を書いています。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
フォーティーン RM4 20200916-1016

カートに追加されました。