データあり!新ツアーB X/XSボール 新旧モデルを徹底比較!!

ブリヂストンスポーツの新しいゴルフボール「TOUR B(ツアーB)X/XS」が2020年2月21日に発売されました。

「ツアーB XS」はタイガー・ウッズも使用しており、年々シェアを伸ばしてきましたが、待望のリニューアルです。

私は旧モデルの「ツアーB X」(2017)をエースボールとして長らく使用してきましたが、今回のリニューアルでどのような変化があったのか、超高性能計測器「フライトスコープX3」を使用して新旧モデルを比較してきました!

トッププロのように打点が安定している訳ではありませんが、それがむしろアマチュアゴルファーにっとってリアルなデータの差になると思います!

ぜひボール選びの参考にしてください!

ツアーB X/XS 新旧モデル比較方法

ツアーB X/XS 新旧モデル比較方法

1.計測器:フライトスコープX3
2.比較ボール:旧ツアーB X(2017)、旧ツアーB XS(2017)、新ツアーB X(2020)、新ツアーB XS(2020)
3.比較クラブ:SW(58度)、7番アイアン(34度)、ドライバー(M6)
4.比較方法:各3球のデータ平均
5.比較順序:旧ツアーB X→新ツアーB X→旧ツアーB XS→新ツアーB XS
5.ヘッドスピード目安:ドライバーで48メートル/秒程度

なるべく同じようなスイングで振れるように、極端に強く振ったり、上から打ち込んだりせず、ゆっくり大きなスイングを心掛けて試打しました!

ツアーB X/XS 新旧モデル比較 サンドウェッジ編

ツアーB X/XS 新旧モデル比較 サンドウェッジ編

まずは、準備運動がてら、サンドウェッジでの比較です。

使用したクラブは、クリーブランドRTX 4 FORGED ウエッジ(58度・ダイナミックゴールドS200)です。

■試打インプレッション

まずはいつも使用している旧ツアーB Xから打ち始め、新ツアーB Xへと移ります。

打感や打った瞬間の初速やボールの高さはあまり変化を感じませんでした。思わず、「全然違いがわからない……」とボヤいたほどです(笑)。

気を取り直して旧ツアーB XSへボールをチェンジ。やはり打感は圧倒的に柔らかいですね。ボールが潰れた感じがよく伝わってきます。

最後に新ツアーB XSを打ってみると、相変わらず打感は柔らかいのですが、旧ツアーB XSと比較すると少し潰れた中に芯を感じました。

■データ比較

驚いたことに、バックスピン量や飛距離に大きな違いはありませんでした。スピンをかけにいっていないというのもあると思いますが、Xシリーズが健闘しています。

新旧の違いとしては、打ち出し角が高くなっていますね。X、XSともに、新旧で2度程度変化がありました。

次世代「REACTiV(リアクティブ) ウレタンカバー」の効果が表れていそうですね。

添付データでは見えにくいのですが、一番大きな差としては、

・新X→距離がバラけにくい
・新XS→方向がバラけにくい

という違いがありました。

サンドウェッジのような短いクラブでは、縦のバラケは大きくても5ヤード程度ですので、サンドウェッジでの比較では、方向性抜群であった新ツアーB XSが一歩リードという感じです。

ツアーB X/XS 新旧モデル比較 7番アイアン編

ツアーB X/XS 新旧モデル比較 7番アイアン編

マイクラブであるミズノMP5(シャフト:モーダス125S)を使用しての試打です。

■試打インプレッション

サンドウェッジと同様、まずはいつも使用している旧ツアーB Xから打ち始め、新ツアーB Xと移ります。

やはり、旧ツアーB Xと新ツアーB Xの違いがわかりません……よっぽど鈍感なのでしょうか……?

新ツアーB Xから旧ツアーB XSへ移ると、さすがに柔らかさでは圧倒的な違いを感じましたが……。

しかし! 新ツアーB XSにボールを変更すると、フィーリングが激変しました!!

相変わらず「潰れる」感覚はあるのですが、そこから「バッ」とボールが飛び出していく感覚がありました。

潰れた分、ものすごい勢いでボールが戻りながら飛び出して行く感覚は、3球とも感じることができました。

■データ比較

サンドウェッジと比較すると、XとXSシリーズにスピン量で違いが見えてきました。やはりXSのほうがバックスピン量が増えてきますね。

ただ、新ツアーB Xのバックスピン量は旧ツアーB XSと同様まで増えてきています。

スマッシュファクター(ミート率)はそれぞれ、新ツアーB X、新ツアーB XSがいい数字でしたので、「大径ハイドロコア」と「ハイスピード・インナーカバー」の効果が出ていますね。

7番アイアンの比較でも新ツアーB XSが一歩リードです。

ツアーB X/XS 新旧モデル比較 ドライバー編

ツアーB X/XS 新旧モデル比較 ドライバー編

まあ、アイアンは新ツアーB XSが有利だろうなと思っていたので、ここまでは順調にボールの王道進化を感じることができていました。

しかし、いくらアイアンが良くても、ドライバーが飛ばなかったり、曲がりまっくてしまっては、ゴルフが楽しくありません。

アイアン試打で体が温まってきたこところで、ドライバーでの試打を開始しました!!

■試打インプレッション

打った手応えとしては、旧ツアーB Xと新ツアーB Xの違いがわかりませんでした。

また、サンドウェッジ、7番アイアンと同様、新ツアーB XSは柔らかさの中にも芯を感じることができます。

打っていて気持ちい打感です! 旧ツアーB XSは打感が軽過ぎたのですが、新XSはちょうどいいですね!!

■データ比較

この日はヘッドがダウンブローに入り過ぎていたので、ちょっとバックスピン量が増えるデータになってしまいましたが、驚いたことに新ツアーB XSが一番安定して飛ぶ結果になりました。

もう少しバックスピン量は減らすことができますので、さらにトータル飛距離では差が出てきそうです。

どのボールでもドローが強く出やすかったのですが(これはその日の調子によるものです)、そんな中でも新ツアーB XSは着弾点が安定しています。

まさかの、ドライバー部門でも新ツアーB XSが勝利です!!

ツアーB X/XS 新旧モデル比較 まとめ

旧ツアーB Xと旧ツアーB XSではドライバーの飛距離やスピン量に大きな違いがあったので、今回も新ツアーB Xがエースになると考えていました。

ところがどっこい、全部門で新ツアーB XSがいい結果になったことに大きな驚きを感じました!

そしてさらに、方向性でも新しいXSが一番安定しているという結果です!!

飛んで、曲がらなくて、スピンが効いて、柔らかい!!

新ツアーB XS、最高です!!

さすがにタイガー・ウッズが使用しているモデルですね!

新ツアーB XSは、旧ツアーB Xの上位互換ボールという印象を受けました。

私のように、旧TOUR B Xがエースだった人も、自動的に新ツアー B Xを選ぶのではなく、新ツアー B XSもぜひ試してほしいと思います!!

ツイッターでもゴルフ中心に呟いてます(`・∀・´)

フォロー&コメントお待ちしてます!!

お気に入り
Yanagi@JPDAドラコンプロ

JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 Twitterやブログもやってますので、気になる事があればお気軽にお問い合わせください。 https://twitter.com/Out_Drive300

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5 コーデバトル200403-0416

カートに追加されました。