ドライバーがOBばかり!OBを減らすためにできる5つの即効薬

納豆こそ長生きの秘訣! と信じてます!

どうも~ノザ@ゴルフライターです!

今回は、「ドライバーがOBばかりで辛い!」という人に向けた内容となっています。

これ、僕もよくありました……。

ドライバーはホールの最初に打つクラブです。ここから始まる、肝心なクラブ。

それがOB。その次もその次もOB……。

もうね、心が折れますよ、これ。

まだアイアンが悪いなら切り替えられるんです。

でもドライバーはホールで最初に握るクラブでしょ? それが悪いとね、そのホールを捨てて次のホールに進む気になってしまう。

僕はドライバーで調子を上げていくタイプなので、ドライバー次第でスコアが全然変わるし、ゴルフの楽しさが変わる。

ドライバーは自分のモチベーションが上がる重要なクラブです。

ということで、ドライバーでOBが激減するポイントを紹介していきます!

その1.フェースの開閉で調整してみる

その1.フェースの開閉で調整してみる

getty

もっとも簡単な方法として、フェースの開閉があります。

コースでOBが出始めると、一番最初にいじるのがスイングですが、これは結構上級者向けだと思っています。

スイングを変えれば他の調子の良いクラブに影響が出るし、実際いじってさらに迷子になることもあります。

スイングはそのままで、まずはフェースの開閉での調整を試してみましょう。

・フェースを開く=スライス系になる
・フェースを閉じる=フック系になる

と、覚えておいてください。

つまり、スライス系でOBになるなら、フェースを閉じればフック系になって相殺されて球は真っすぐになるので、スイングを変えずにフェースを閉じて打ってみること。

単純な理論ですが……。

まずはフェースの開閉でOBコースに球が行かなくなるか? チェックしましょう。

その2.球の位置で調整してみる

その2.球の位置で調整してみる

getty

フェースの開閉でまずは確認。

球が少しでも改善されれば、希望が見えます。

ここで気を付けなければならないのは、フェースの開閉によって良い兆しになっても、決してやり過ぎないことです。

次は球の位置で調整しましょう。

・球を内側に入れる=スライス系になる
・球を外側に出す=フック系になる

と、覚えておいてください。

フックが強い人は、球を内側に入れるとフェースが閉じる前にインパクトを迎えるため、曲がる幅が減少するはずです。

フェースの開閉で直らない場合、球の位置での調整をしてみましょう。

その3.ティーの高さを低くしてみる

その3.ティーの高さを低くしてみる

getty

それでも直らない人は、「ティーの高低」で調整しましょう。

ティーによっても球筋はだいぶ変わります。

まぁよく言われるのは、高い球を打つときはティーを高く。低い球を打つ時はティーを低く、です。

基本的に、OBを連発する人はティーを低くしておきましょう。低い球を打つことでOBはかなり減ります。

高い球だと必然的に曲がり幅は増えますし、木に当たることはなく一直線にOBゾーンです。

低い球なら障害物(木やブッシュ)に当たるので球が止まりますから。

また、ティーを高くするとクラブがアップライトになってつかまりやすく、低くするとフラットになってつかまりにくくなります。

自身のスイングレベルやその日の球筋によって使い分けてみてください。

その4.スイングはゆっくり大きく

その4.スイングはゆっくり大きく

getty

OBばかりすると、スイングが縮こまってしまいますが、これは絶対にNGです。

縮こまってスイングすると肩が回らず、どうしても手打ち気味になります。

当然手首の力に頼るので、余計なスピン量が増えてさらにさらに曲がるようになります。

どんどん悪い球が出て、恐怖からスイングが縮こまるという悪循環に陥ってしまう……。

「OBが連発する時ほど、ゆっくり大きくスイングしましょう」

驚くことにフェースの開閉も、球の位置も直さずに、意外にこれだけで直ってしまうパターンもあります。

ラウンドとなると、肩に力が入ってリズムが速くなることありますからね。

ゆっくり大きく振るのが、実は一番簡単な即効薬かも!

その5.直進性の高いドライバーにチェンジ

その5.直進性の高いドライバーにチェンジ

getty

上記4つの対策を施しても無理なら……ドライバーを買い換えましょう!(即効薬じゃないけど……)。

まず前提として、今、難しいドライバーを使ってませんか? 単純に5年前のクラブと今のクラブでは「やさしさ&直進性」が違います。

今の流れとして、プロすらも直進性のあるやさしいモデルのクラブを使っていますよ。

どんな手を使ってもひたすらに曲がる。そんな人は、思い切ってドライバーをやさしいモデルにしてみる。

ラウンドの帰りにでもゴルフショップに寄れば良いだけ。

スイングを変えず、フェースも球の位置も変えずにOBが劇的に減る。

裏を返せば、一番簡単にOB対策をすることができます。

もちろん、自分に合うドライバーを選ぶということが最低条件になりますが。

ただお金が掛かるので、順位的には最下位にしました(笑)。

まとめ・ドライバーのOB対策は組み合わせが大事!

まとめ・ドライバーのOB対策は組み合わせが大事!

getty

ということでまとめます。

【ドライバーがOBばかり! OBが減る5つの即効薬】

1.フェースの開閉を使う
2.球の位置を変えてみる
3.球の高さを変えてみる
4.スイングをゆっくり大きく振る
5.直進性の高いドライバーに替える

冒頭でも書いた通り、僕はドライバーが悪いと【良い流れ】が作れません。

スコアを作るのはパターだけど、楽しさと流れを作るのはドライバーだと思っています。

初心者の方で、たいていゴルフが嫌になるのはドライバーが苦手でOBしまくるから。

ドライバーは大事なクラブです。自身のモチベーションが下がらないよう、OBだけは徹底的に排除しましょう!

ちなみに、どうしてもドライバーの調子が悪いという日は、5番ウッドでティーショットをするという対策もおすすめですよ!
お気に入り
ノザ@ゴルフライター

【ゴルフは一生モノ】関東近郊に住むアラフォー直前のノザです!今までゴルフライター&ブログなどで500記事以上を書いています。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016