ゴルフスイングでは手の開閉を行わないようにしよう!

お気に入り

ゴルフスイングの基本といえば、インサイドアウトやインサイドインという言葉を耳にしたことがある方も少なくないのではないでしょうか?

インサイド、と聞くとより内側に手を引いていかないといけないイメージになりますよね。

しかし、インサイドアウトやインサイドインをイメージするとなぜかボールを上手く打つことができない、チーピンやプッシュアウトスライスになってしまうことも少なくないのはなぜなのでしょうか?

それは、インサイドにテイクバックを取ることを強く意識し過ぎて手首が開閉してしまうことに原因があるのです。

実はインサイドにテイクバックしていくということは、ただテイクバックを内側に引き上げる、ということではないのです。

本当の意味でインサイドアウト、あるいはインサイドインといったスイングにしていくために、スイング理論の意識を変えていきましょう。

手の開閉でインサイドに引き上げるな!

手の開閉でインサイドに引き上げるな!

getty

まず、インサイドに上げるために、オーソドックスな方であれば右手を右方向に開いて(時計回りに回して)左手を右方向に絞り込むようにしてテイクバックを取っていく方が多いと思います。

これは根本的に間違いです。

というのも、手を開いてしまうことでスイング中にどうしても手を閉じていく動きがプラスされてしまいます。

こうなってしまうと、インパクトの瞬間がどうしても一定に保つことが難しくなってくるのは理解できますでしょうか?

手を開閉することでインサイドに引き上げるというのは無駄な動きになってしまうのです。

また、開閉することでコックを作るという認識も間違いです。

インサイド、とは肩で捻転を作ること

インサイド、とは肩で捻転を作ること

getty

では、俗にいうインサイドからスイングをしていくというのはどういうことだと考えればいいのでしょうか?

それは、インサイドに引き上げる、ということではなく肩でしっかり捻転することだと考えてください。

手を特に開閉せず、肩をしっかり捻転していけば、自然とクラブはインサイドに上がっていきます。

一度自分の中でかなりアップライト、もしくはアウトサイドにクラブを引き上げていくような意識でテイクバックを取ってみて、後ろから動画で撮影してみてください。

肩の捻転がしっかりと取れているのなら、クラブは自然とインサイドに引き上がっているはずです。

後は、体の近くを手が通るように振り下ろしていくだけで、自然とインサイドインのスイングが出来上がるのです。

手を開閉してしまうことで肩の捻転が上手く取れず、いわゆる手打ちのような状態が出来上がってしまいますので、しっかりと捻転を意識するようにスイングしてみましょう。

なぜ手を開閉してしまうのか?

なぜ手を開閉してしまうのか?

getty

では、なぜ意識せずとも手を開閉してしまうのでしょうか? それはインサイドに引き上げるというのはとても体に負担が大きいからです。

手を開いてテイクバックを取ると、インサイドに簡単にクラブが上がっていくように錯覚してしまいますが、実は肩の捻転ができていませんから決していいスイングにはなっていません。

実際、手の開閉をしないように意識してテイクバックしていくと、体に大きな捻じれが感じられると思います。

プロは、この大きな捻じれに耐えられる筋力を持っているからこそあそこまでの飛距離を出すことができるのです。

筆者の場合、ナイスショット1打に対する体の負担で自分のスイングをしっかりとできているかをチェックしています。

腰や肩にある程度の負担を感じられなければ、きちんとスイングができていないというような判断基準を持つことも大切かもしれません。

手の開閉がなくなればショットは安定する

手の開閉がなくなればショットは安定する

getty

単純に手の開閉を行っているゴルファーはショットが安定しにくいでしょう。

先述の通り、開閉してしまうことでインパクトゾーンのフェースの向きがどうしても安定しにくいものです。

また、少しフェースが被ってしまうだけでフック、開いて当たると大きくスライスと大ケガの原因になってしまうこともしばしば。

しかし、手の開閉をなくしインパクトゾーンでのフェースの向きがある程度安定してくると、自分の中で起こるミスを予想することができます。

手を開閉しないと、比較的ボールをつかまえることが難しくなります。

だからこそ、フェアウェイの左サイドを狙っておけばジャストミートしても左サイド、もし若干のスライスやフェードが出ても右サイド、悪くてもラフには残るといったショットができるのです。

さらに、肩で大きく捻転が取れていると、飛距離も今までより20ヤードほど伸ばすことができるでしょう。

実際、筆者はこのスイングを取り入れてから当たりが悪くても夏場のドライバーショットより飛距離が出ています。

初めは体の負担を感じてしまうかもしれませんが、あくまでゴルフはスポーツ。ある程度体に負担を感じるのが当たり前といってしまえばその通りです。

むしろ、その一方で得られる「飛距離」や「安定性」というものはゴルファーにとって何よりも価値のあるものではないでしょうか?

一度意識してスイングしてみるようにしてください。

お気に入り
TeruさんGolf

ゴルフを初めて丸2年! この2年で培ってきた知識や経験を使って、同じ年代の方、これからゴルフを始めようと思う皆さんに楽しんでもらえる記事を書いていきたいと思います!

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5 コーデバトル200403-0416

カートに追加されました。