「バンカーでの力み」を解消してナイスアウトしよう!

お気に入り
バンカーが苦手なゴルファーさんは多いのではないでしょうか。

バンカー大好きな人のほうが少ないと思いますが、バンカーは多くのゴルファーを苦しめるコースの大きなトラップになります。

それでも練習では上手く打てるのに、コースに出るといつも力みがあって上手く打てない人もいるかもしれません。

ここではバンカーで力まずに打つための方法を紹介します。

なぜバンカーだと力んでしまうのか

なぜバンカーだと力んでしまうのか

getty

バンカーで力みなく打てる方法を学ぶ前に、まずなぜバンカーでは力んでしまうのかを考えてみましょう。

ほとんどの場合が、一発で外に出したい、あわよくばピンの近くに寄せたい。

そんな思いが力みにつながっています。

なるようになれと投げやりになると意外と上手いことリカバーできるのですが、何度かバンカーでミスをしている人には、バンカーは精神的なプレッシャーになってしまいます。

「なんとかしたい」という思いが強くなり過ぎて力みが生まれてしまうのです。

バンカーで上手にリラックスする方法

バンカーで上手にリラックスする方法

getty

まずは精神的なプレッシャーによる力みを解消する方法を紹介します。

一般的な方法として、上がってしまった重心を下げるために、その場でジャンプするという方法があります。

多くのアスリートやゴルファーが取り入れている方法です。

もうひとつが首筋をほぐすことです。

人間は緊張すると肩に力が入ってしまいます。

この肩の筋肉は首の筋肉と連動していますので、首をほぐしてあげるとリラックスして、バンカーでも力みがとれた良いスイングをすることができます。

バンカーに入る前に軽く首を回してみるといいでしょう。

バンカーから抜け出すことだけに集中する

バンカーから抜け出すことだけに集中する

getty

あれもこれもしなくてはいけないと思うから、力みが発生します。

別にピンそばに寄せる必要もなければ、キレイなショットをしなくては……なんて考える必要はありません。

バンカーで考えることはただ一つだけ。しっかりボールをバンカーから出すことだけです。

「ピンに寄せたい」「バックスピンをかけたい」

そんなことを考える必要はありません。

バンカーからボールが抜け出せばそれでOKなのです。

仮にバンカーから1メートルだけしか抜け出せなくても、失ったのはたったの1打です。

どこでもリカバリー可能です。

バンカーでは手首を柔らかくして打つ

バンカーでは手首を柔らかくして打つ

getty

技術的なことを言えば、バンカーでは右手一本だけで打つくらいのつもりで、力みなく軽く打つことが求められます。

目玉になっているような時は別ですが、ほとんどのシチュエーションでは、手首の力を抜いて、軽く打つことでバンカーからの脱出が可能になります。

大きなスイングでソールをボールの手前にしっかり叩きつけることができれば、ボールは自然と前に飛んでいきます。

手首が柔らかくなっていれば、思い通りのショットにはならなくとも、少なくともバンカーからの脱出はできるはずです。

頑張ろうとすればするほど、結果としてマイナスになってしまうのがゴルフの面白さです。

バンカーに入れてしまったら、バンカーを楽しむくらいの気持ちの余裕が重要です。

ただし、それに見合うだけのバンカー練習もしっかり行うようにしておきましょう。

「バンカーから出せる」という自信もまた、リラックスにつながりますからね。
お気に入り
seamoon

ゴルフを始めて10年になります。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
ゴルフ5初心者バナー

カートに追加されました。


ゴルフ5初心者バナー