ゴルフを始めるならパートナーを見つけましょう!

お気に入り

今回も前回に続きゴルフを始めるにあたって参考にしてもらえればという内容でお伝えします。

一人でやるのもいいけれどパートナーを見つけることでよりゴルフが上達し、楽しくなることを書いてみたいと思います。

ボールを実際に打って練習場、ゴルフ場を楽しみましょう。

まずはゴルフをしている友達を探そう

まずはゴルフをしている友達を探そう

getty

なんで1人より良いのかと言えば、話もできるしゴルフ場に行くのもショッピングに行くのも行きやすくなることが挙げられます。

1人で初めてだとゴルフは少し近づきにくいスポーツになっていて、敷居が高かったり、お金持ちのスポーツだと思われている部分が多々あると思います。

なので複数になれば気軽に入っていけるでしょう。また、パートナーは欲を言えばゴルフをすでにやっている人がよいでしょう。

教えてもらいながら準備ができるのでより効率的です。

買い物一つとっても、ゴルフクラブやウェアにどんなメーカーがあるのか、有名なところを挙げても1つ2つではないので選ぶのも大変です。

参考にできることをたくさん知っているような人と一緒にゴルフを始められれば、より楽しくなると思います。

友達が見つかれば一緒に練習場に行こう

友達が見つかれば一緒に練習場に行こう

getty

練習場と聞くと野外の打ちっ放しを思う浮かべるかもしれませんが、最近は手ぶらでも行ける駅近の室内練習場も数多くできています。

スイングをしっかり作りたいという方は、そういった施設が身近にあればお勧めします。

レッスンもやっているので利用してみてください。室内ではボールがどこまで飛んでいくかということを考えなくてよいので、スイングがコンパクトになりやすく、大振りにならないので力みも取れて一石二鳥です。

なぜパートナーがいたほうが良いかですが、自分のスイングというのは客観的に見ることがとても難しいものです。

思っているスイングと実際のスイングのずれというものは思いのほか大きいもので、実際にムービーなどで撮ってみてみると、自分はこんなスイングなのかと驚いてしまいます。

そんなことが多々あるというのが現実なので、お互いに確認しあいながらできればいろいろなことに気づくことができます。

自分のことも気づけて、人のスイングを見てどう振ればどんな球筋になるのか、どんなミスするのかが分かってきます。

分からなくても一緒に練習すればスマホなどを使って動画を撮ってあげるだけでも助かります。

一緒に練習しているとお互いのスイングも分かってくるので、いつもとの違いなども気づき始めます。

気づけばお互いに切磋琢磨し、高めあえるパートナーになっているはずです。

練習を積んだらゴルフ場へ行こう

練習を積んだらゴルフ場へ行こう

getty

最近ゴルフを始めて、まだゴルフ場へ行ったことがない人には、ショートコースへ行ってみることをお勧めします。

まずは芝の上からボールを打つ感覚、ゴルフ場の雰囲気を知るには一番ですし、何より距離も短くリーズナブルでミスをしても楽しく回れるでしょう。

また2人でも回りやすいので人数を多く集める必要もありません。

気の知れた人とだけでも回れるので気を遣ったり、プレッシャーなどを感じることもないでしょう。

ゴルフ場に慣れるという意味ではぜひ行ってみるといいでしょう。

さて、いよいよコースデビューです。

まずゴルフ場というところは、クラブハウスと呼ばれる建物で受付をします。

ゴルフは紳士淑女のスポーツとして始まり、クラブハウスに入る時は正装をするということになっており、サンダルやジーンズにTシャツなどを着ての入場は控えるようにしましょう。

ゴルフ場によっては本当に入れてくれないようなところもあるので注意が必要です。

心構えとして知っておいてください。ネットでホームページを見てみると注意書きとしてドレスコードが出ていると思うので確認をしておくと安心です。

ゴルフ場に着いたら何をする?

ゴルフ場に着いたら何をする?

getty

ゴルフ場の施設について紹介しましょう。

ゴルフ場に着いて何をするのか。

いきなり1番ホールに行ってスタートという人も多いとは思いますが、こんなこともできるというものです。

パッと目に入るのが練習グリーンだと思います。

これはほぼすべてのゴルフ場にあると思うのでぜひ使ってください。

その日のグリーンでのボールの転がる感覚を知るためにも確認しましょう。

グリーンでのパッティングはスコアに直結するので、とても大切なものだと認識しておきましょう。

他には打球練習場、アプローチ練習場があります。ただこれらに関してはゴルフ場によってはありませんので確認が必要です。

練習をしようと思うのであればスタート時間の1時間前にはゴルフ場に着いておくようにしましょう。

練習場では、やみくもに振り回して遠くへ飛ばそうとかナイスショットをしようなど、あまり気合を入れ過ぎないようにしましょう。

特に冬の時期では、体がまだ動き出したところで寒いとケガをしてしまうので注意が必要です。

体を徐々に動かしていく、ストレッチをするような感覚でゆっくりと振っていきましょう。

アプローチ練習場では低いアプローチや高いアプローチ、ラフでのショットなど状況に合わせた感覚を確認します。

バンカーの練習をできる場所があれば、砂の質なども分かるのでいい練習になります。

朝の練習をするときは、ウォーミングアップをするつもりでその日の感覚を確認する作業として行いましょう。

冬場は、先ほども挙げたように寒い中いきなり体を動かすとケガをする危険があるので、特に肩甲骨回り、首、腰などよく動かす場所はストレッチしておくようにしましょう。

いよいよラウンドスタート!

いよいよラウンドスタート!

getty

ラウンドスタートです。朝いちばんのティーショットは緊張します。そんなことから次回書いてみたいと思います。

楽しいゴルフライフを!

お気に入り
悩めるSO-RYO

どうも皆さんはじめまして。お坊さんをやりながらゴルフを楽しんでおります。自分のゴルフ体験を中心に皆さんのお役に立てるような情報、考え方などお坊さん目線で深くお伝えできればと思います。瞑想や修行とゴルフの関係性や競技に出てみて感じたこと、プロと回ってみて思うこと、色々なゴルフの楽しみ方を見てきたつもりです。実力は、、、ベストスコアは69です。さらなる飛躍を目指して日々模索中。お金、時間をできるだけ使わずにいかにスコアを出していくかが課題です。そんなことも記事にできればと思います。どうぞよろしくお願いします。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。