やっぱり、アイアンショットはダウンブローに打ちたい!

やっぱり、アイアンショットはダウンブローに打ちたい!

お気に入り

アイアンショットを打った時にきれいにターフが取れていたら、いいショットが打てたなと思いますよね。

プロがアイアンショットを打つとよくその光景を目にします。

これこそダウンブローがしっかりできている証拠なのです。

少しでもダウンブローが身に付くように説明していきましょう。

ダウンブローとはいったい何?

noimage

アイアンでダウンブローに打てたらと言いましたが、まずはダウンブローについて説明しましょう。

ダウンブローとはクラブヘッドの通り道(軌道)が一番低い位置に達する手前でボールにヒットさせ、ボールの前側のターフ(芝)が取れるスイング軌道のことを指しています。

つまり、ヘッドが下降している途中でインパクトを迎える軌道になります。

ボールの手前でターフを叩いてしまうことをダフリと呼び、ヘッドが上がり始めてボールにインパクトすることをアッパーブローと呼びます。

それぞれインパクトの場所、瞬間で呼び方が変わってくるので覚えておきましょう。


ダウンブローをわかりやすく確認(動画)

ダウンブローのメリットを知っておこう!

ダウンブローのメリットを知っておこう!

getty

プロのアイアンショットはほとんどがダウンブローで打っています。

それには当然ながらメリットがあるからなのです。

地面にあるボールを、毎回クリーンに打つためには、必須の技術です。

ボールの先に最下点が来るため、手前の芝の状況に影響されることが少なくなります。

ついつい最下点がボールの下に来るショットが一番いいように感じてしまいますが、このイメージで打つとほとんどがダフリにつながります。

ダウンブローの打ち方とは?

noimage

ではクリーンなアイアンショットを打つためのダウンブローの打ち方を説明しましょう。

それは、アドレスの際にグリップエンドを少し左脚側に持ってくる、いわゆるハンドファーストにするだけでいいのです。

そうすることでスイング軌道全体が少しだけ前側に移動することになり、自然と最下点もほんの少しだけ前側にずれるようになります。これでダウンブローになります。

特別な振り方をするのではなく、少し工夫するだけで簡単にダウンブローで打てるようになっていくのです。

その形が身についてくればアイアンショットの安定感が抜群によくなっていくでしょう。


辻梨恵プロ アイアンショット(動画)↓

ダウンブローを身につけたら意識すること!

noimage

ダウンブローできれいなアイアンショットが打てるようになってきたら考えておかないといけないこともあります。

まず、今までよりもバックスピンがかかりやすい打ち方だということです。

特にスピン系のボールを使用している場合は、よりバックスピンがかかるようになるので、グリーンではボールが止まりやすくなります。

そしてダウンブローの場合、ロフト角が立ってインパクトするようになるため、今までより飛距離が出るようになります。

番手の選び方を考え直すことが必要です。


辻梨恵プロ アイアンショット(動画)↓

目土はしっかりしましょう!

noimage

そしてターフが取れるショットになるということは、フェアウェイの芝を削るようになるということです。

後ろでラウンドしている人たちのことだけでなく、コースのことを考えて、洋芝のコースならターフはしっかりと元に戻すように、コーライ芝のコースならディボット跡(ダウンブローで削られた穴)に目土・目砂を忘れずにしましょう。


ダウンブローについて説明してきましたが、理解できましたでしょうか?

アイアンショットの基本であり、上達していくには欠かせないスキルともなっています。

安定したショットにつなげるためにも、しっかりと練習しておきましょう♪

お気に入り
akemi

80台を夢見るゴルフ女子

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


求人