あなたのスイング改造はちゃんと根拠をもって行っていますか?

お気に入り

ゴルフはある意味単調なスポーツだと言えるかもしれません。

要は静止しているボールを打って自分が狙ったところに置いていく、ということが原則になりますから、自分のイメージ通りのショットが打てるのか、というところが重要になってくるからです。

そういう意味でも、スイングのフォームというのは非常に大事ですよね。

いかにインパクト時にスイングの力を漏れなく伝えさせるのか、自分のイメージに沿ったショットを打つのかということとフォームは密接な関係にあると言えます。

だからこそスイングの改造を行う方がいらっしゃるのですが、そのスイング改造はきちっとした根拠があって行っていますか?

もしそれがないのなら、そのスイング改造はただあなたの上達を妨げているだけかもしれません。

ダーツからみる、スイングの在り方とは

ダーツからみる、スイングの在り方とは

getty

筆者はゴルフを始める前、ダーツをやっていた時期があります。

ダーツにも「こうするべき」というフォームがあるのですが、大切なことは「再現性を高める」ということでした。

ダーツの場合、基本的に狙い続ける場所が決まっています。

だからこそ、同じ動作、同じ力加減で投げ続けることができれば自然と狙ったところに投げられるようになる、という考え方です。

この点から考えるに、ダーツとゴルフは少し似ている点があると言えるでしょう。

ゴルフも様々なライ、様々な距離、そして状況からショットしていくことになりますが、常に静止しているボールを打つというスポーツ。

決して野球のように動いている球を打つというわけではありません。

こう考えるとゴルフにおいても、「自分のスイングをどんな状態でも一定して行うことができれば自分のイメージ通り、もしくはそれに近いショットが打てる」と言えるのではないでしょうか。

一定のスイングを妨げるのが、スイング改造

一定のスイングを妨げるのが、スイング改造

getty

とはいえ、自分のスイングが根本的に間違っているというケースがゴルフには少なくありません。

だからいいショットが出ない、考えてみれば当たり前のことです。

だからこそ、みんなプロの動画や雑誌などのアドバイス、様々な理論に基づいてスイングの改造を行うのですが、これは非常に危険な行為だと言えるでしょう。

先述のダーツの話の続きですが、筆者の友人で変わったフォームで投げる人がいました。

基本的にダーツは投げた後、腕をまっすぐに伸ばすほうがいいとされているのですが、その友人は肘の角度を140度くらいで止めるのです。

様々な人から「まっすぐに伸ばしたほうがいいよ」とアドバイスされていたのですが、それに聞く耳を持たずひたすらそのままのフォームで投げ続けていました。

1年後、彼は上達していたのです。

その上達度は他の友人から比べても決して遅いわけではなく、むしろ速いスピードで上達していたのです。

こう考えると、正しいフォーム=結果に結びつくわけではないということがわかると思います。

ゴルフに置き換えて考えると、根拠のないスイング改造は上達の妨げにしかならない、ということです。

スイング改造する上で気にしているポイントをちゃんと実践できているかもわからないですよね。

そうなると、自分のスイングが崩れてただ打てなくなってしまうだけ。

気軽にスイング改造を行うのは避けておいたほうが無難かもしれませんよ。

スイング改造を行うなら

スイング改造を行うなら

getty

もしどうしてもスイングを改造してより精度の高いショットを打ちたいということならば、プロに師事する、最低でも第三者に確認してもらいながら改造するようにしましょう。

自分のスイングを確認してもらいながら問題点を指摘してもらい、その問題点を改善するということがプロに教わることで行えます。

そこには根拠がありますから、信じて練習し続けることができますよね。

また、コスト面を気にされる方なら第三者に動画を撮影してもらうだけでも違うはずです。

自分がイメージしているスイングがきちんと行えているのか、それがわかるだけでも違うでしょう。

危険なのは何の根拠もないスイング改造。

それを行うくらいなら、自分なりのスイングを続けることで上達を望むほうが確実です。

しかし、ある一定以上の壁は超えられないのかもしれません。

だからこそ、早いうちにレッスンを受ける、というのも選択肢として持っておいたほうがいいかもしれませんね。

スイング改造で諦めない

スイング改造で諦めない

getty

いくら根拠のあるスイングといえども、一朝一夕で身に付くものではありません。

そのスイングに慣れていき、自分のものとするまでには多くの時間が必要になるということは覚えておきましょう。

だからこそ、スイング改造を行うのであれば絶対に諦めないという信念が必要になります。

スイングを変えてからつらい時期もあるでしょう。しかしそれを乗り越えなければスイングを変えた意味がないのです。

その覚悟を持ってからスイング改造を行うようにしましょう。

お気に入り
TeruさんGolf

ゴルフを初めて丸2年! この2年で培ってきた知識や経験を使って、同じ年代の方、これからゴルフを始めようと思う皆さんに楽しんでもらえる記事を書いていきたいと思います!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。