決まったらカッコイイ! ロブショットをマスターする!

お気に入り

テレビなどでツアープロがやっているロブショットを見るとカッコいいし、いつかは打ってみたいと考えますよね。

でもなんだか難しそう、という印象を持たれる方も多いのではないでしょうか。

もしかしたらやり方をマスターすれば簡単にできるなんてこともあるかもしれませんので、コツを習得してカッコよくロブショットを打ってください!

ロブショットとはどんなショットのこと?

ロブショットとは、フロップショットなどとも呼ばれ、ふわっと高く上がって止まるショットのことです。

グリーンの端からあまり距離がない時やバンカー越えで手前にピンがある、また打とうと思っている方向に木があって下からは行けないのでその木を越えていかなくてはならない時などに有効です。

はたから見ていると難しそうで、初心者の方は到底無理だと思い込んでしまいがちな打ち方ではあります。

正しい打ち方に加えて、勇気の試されるロブショットですが、完璧に決めていきたいですね。

ロブショットのアドレスをマスターする!

まず大前提です。

ロブショットは、ボールの下にクラブフェースをくぐらせるような打ち方です。なので、薄い芝の上やベアグラウンドのような場所からだと難易度がとてつもなく高くなります。

ですから、最初の内はフェアウェイや、ラフでもボールが浮いていて、ボールの下にクラブを入れる隙間があるライであることを確認してからロブショットにチャレンジするようにしましょう。

では本題です。

ロブショットを打ちたいという時には、普通のアプローチのアドレスとはかなり違ってきますので注意が必要です。

ロブショットを簡単に打つにはまず左足寄りにボールを置きます。

ハンドダウンにしてフェースは思い切り開き、オープンスタンスに立ってください。スタンスは広めにし、重心を低く構えます。

ゴルフの初心者でも簡単にロブショットを打つにはアドレスが重要ですので、確認しつつこの打ち方をマスターしましょう。

この時、フェースを開いてボールに対してセットをしてから、その後にグリップし直すとスイング中にフェースが閉じにくくなります。

スイング中にフェースが閉じてしまうとボールが高く上がらなかったり、引っかけてしまったりするので要注意です。

アドレスを決めたら、ためらわずに打つ!

View this post on Instagram

The Flop Shot Master @jontmclean !

A post shared by Joe Compitello Golf (@jjcompit) on

次はいよいよ打ってみましょう。打ち方のポイントはふたつあります。

まずひとつ目は、クラブをスタンス方向に振るということです。

オープンスタンスなので左を向いていると思いますが、フェースは右を向いている状態です。

そのためクラブをスタンス方向に振るとボールはフェース面とスタンスの間に飛んでいくことになります。

ふたつ目は、フォロースルーを大きく取るような意識を持ち、インパクト以降でヘッドを加速させることです。

ハンドファーストにならないようにフルスイングします。

これらのコツをやってみると、意外にも簡単にロブショットを打つことができます。

あとは勇気を持ってフルスイング!

ロブショットの打ち方の最大のコツは、勇気を持ってフルスイングする、ということです。

遠くに飛ばすわけでもないのにフルスイングで振り抜くのですから、やはり躊躇してしまいますよね。

「ロブショットを打つアドレスをしているからとはいえ、フルスイングだからとんでもないところにボールが飛んでいったらどうしよう」と考えてしまうのも無理はありません。

しかしロブショットの一番のコツはこの時の勇気とも言えます。

勇気が持てないでスイングしてしまうと、ダフってしまったりトップしてしまう可能性も高くなります。

最初は失敗続きで痛い目に遭うこともあるかもしれませんが、果敢な挑戦心からロブショットは上達していくと考えて挑戦し続けてみましょう。

ご自身のゴルフの上達と、さらにゴルフを楽しむために勇気を持ってフルスイングし、ロブショットの打ち方をマスターしてくださいね!

お気に入り
keiman

ゴルフ好きなおっさんです!ミーハーゴルファーですが楽しく執筆していこうと思いますのでよろしくお願いします〜

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。