新・貧打爆裂レポート『ゼクシオ イレブン アイアン』

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年12月7日発売予定のダンロップスポーツマーケティング『ゼクシオ イレブン アイアン』です。

いつものようにコースに持ち込んでラウンドしてみました。「伝統を継承するアイアン」の真相に迫ります。動画も含めて試打レポートします。

ゼクシオ イレブンのアイアンはやさしさを前面に打ち出している!

ゼクシオ イレブンのアイアンはやさしさを前面に打ち出している!

『ゼクシオ イレブン アイアン』は、ダンロップスポーツマーケティングが2019年12月7日に発売するクラブです。

ゼクシオは、本数累計で世界一の売り上げを誇るブランドで、今回のモデルチェンジで、11代目となります。

一般のゴルファーを対象にしていたゼクシオは、今回のモデルチェンジで二つのブランドに分かれることになりました。

今までのゼクシオを継承するイメージの『ゼクシオ イレブン』と、アスリートゴルファー向けの『ゼクシオ エックス』の二つです。

ゼクシオにはゴルファーの間で流れていた都市伝説のような噂があります。2年おきにモデルチェンジする歴代のモデルを比較すると、奇数の代の出来が良いというものです。

前モデルの『ゼクシオ 10 アイアン』は、それを覆す出来の良さだと評判でしたが、奇数になる11代目に期待を寄せるゼクシオファンはたくさんいると思われます。

そういう意味でも、二つに分かれたことなども含めて、『ゼクシオ イレブン アイアン』は注目されて、良いクラブであることがマストなのです。興味津々です。

『ゼクシオ イレブン アイアン』は、ドライバー他と一緒で「WEIGHT PLUS(ウェイトプラス)」というテクノロジーを採用しています。

グリップエンドにウェイトを入れて、クラブの手元に重量を集中させることでスイングにブレを少なくするという理論に基づいた技術です。

新開発の「TWIN GROOVE(ツイングルーブ)」は、バックフェースの溝を従来の2倍の深さにしたことで、フェースの下部を大きくたわませることが可能になるそうです。これで反発を高めることができます。

さらに、ヘッドは「新開発4ピース構造」で、フェースとボディ部が2つ、バックフェースの4つに分けることで、反発を上げることや重量配分などを自由にできました(この技術は、5番~7番アイアンにのみ採用)。

『ゼクシオ イレブン アイアン』を構えた第一印象は、『フライパンみたい』でした。
フェースが大きくて、丸いフォルムをしているからです。

これだけ大きなフェースであれば、どこかに当たるだろう、と安心するゴルファーはたくさんいると思います。

丸いフォルムも、フェースの向きの許容性が上がるという考え方もあるので、やさしさと感じるケースもあると思われます。

『ゼクシオ イレブン アイアン』は、最先端を詰め込んで、自らの宿命に立ち向かうクラブだと、改めて感じました。それでいて、今までのゼクシオらしさは踏襲しているのです。

試打したアイアンは、5番~9番、PW(ピッチングウェッジ)、AW(アプローチウェッジ)、SW(サンドウェッジ)の8本で、シャフトは純正の「MP1100 カーボンシャフト」のフレックスはSでした。

感性を刺激する高性能アイアンがゼクシオ イレブンだ!

動画を見てください。

『ゼクシオ イレブン アイアン』の5番から打ちました。飛距離は170ヤードとぶっ飛び系のアイアンほどではないですが、しっかりと飛びました。

驚いたのは、打音と打ち応えです。音量は控えめで、少し湿った小気味の良い単音です。「カッキーン」という感じではなく、「スパッ」という感じです。打ち応えも、抜けるような爽快感があります。

フェースにグッと乗って、ドーンと飛んでいく感触がします。弾道はきれいです。力強い高弾道で、上手くなった気になれるアイアンです。

ラウンドを通して使用して、『ゼクシオ イレブン アイアン』のミドルアイアンはクラシカルなロフトのアイアンに比べて、1.5番手飛びます。

ショートアイアンは1番手という感じです。

高弾道で、スピンもまあまあ効きます。スコアを作るために必要な要素は満たされています。

打っていて感じたのは、懐かしさです。

フェースが大きいですが、フェースの真ん中でボールを打つと、明らかにトウ側に当たった感触があります。飛距離も少し落ちます。

意識してフェース寄りに当てるように構えれば、問題は解決です。スイートスポットが、ヒール寄りになっているのです。

『ゼクシオ イレブン アイアン』を使う場合、これは重要なポイントになります。

『ゼクシオ イレブン アイアン』は、まずは、全国にいるゼクシオファンにオススメします。

王道の後継機種アイアンです。

そして、ぶっ飛びアイアンにクラブ変更しても、まったくスコアが良くならずに、むしろ悪くなっているゴルファーにも『ゼクシオ イレブン アイアン』をオススメします。

飛距離は落ちるかもしれませんが、いわゆる「やさしいアイアン」の1つの完成形を体感することができるからです。

奇数の代のゼクシオが優秀だという伝説を信じて、4年置きに奇数の代のアイアンに替えるゴルファーがいるそうです。

彼らも満足するアイアンになっていると思います。

ちょっとボールが打てると『ゼクシオ エックス アイアン』を選択したくなるゴルファーもいると思われますが、ゼクシオらしさを楽しむのであれば、迷うことなくこちらをオススメします。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。