パッティングの素振りでは、イメージの中でボールを転がす

お気に入り
ショットやパットに入る前の素振りは、ただ体がスムーズに動くか、イメージ通りの軌道で振れるかを確かめるだけのものではありません。

特に、パットに入る前の素振りでは、イメージしているボールの転がりを実行するための動きはどれくらいの大きさ、速さなのかという、より具体的なリハーサルをするのです。

ターゲットやラインを見ながら素振りをする

ターゲットやラインを見ながら素振りをする

getty

人間の感性は優れていて、振ったストロークの感じから、その振り方で打ち出されるボールの転がりがイメージできるものなのです。

今の素振りでちょうど良いのかどうか確認し、ズレがあれば修正します。

さらに、その素振りで打ったボールが、思い通りに転がってくれるかどうかも、イメージの中で確認することができます。

だからこそ、素振りはターゲット、あるいはラインを見ながらしたほうがよいのです。

視界の中で、どのようなスピードとラインで仮想ボールが転がっていくのかを見るのです。

ボールが止まるくらいまではイメージします。

パッティングにおける上手い素振りとは?

パッティングにおける上手い素振りとは?

getty

よく練習で、同じ場所から同じカップに向かって打っていると、「何度も打ってれば、入るのは当たり前」という人がいますが、このような上手い素振りをする人は、グリーン上でもイメージの中でそれと同じことを何度もして、ラインやスピードを確認してから本番に入っているのです。

このような「上手い素振り」をすると、フィニッシュまで振った後、すぐに次の素振りはできるはずがないのです。

なぜなら、その間仮想のボールは転がっており、それを見ていなければならないからです。

シミュレーションを重ねてから本番に臨む

シミュレーションを重ねてから本番に臨む

getty

ちなみに上りのラインではボールを速く転がすので、この時間は短くなります。

下りのラインでは遅く転がすので、長くなります。

よくそそくさと素振りを繰り返す人を見かけますが、イメージが湧いていないということが分かります。

逆に、イメージが出ていると感じさせる人もいます。

グリーンの速さやラインについての読みも、それで見て取れるものです。

読みが自分と同じと読み取れた場合、結果を観察すれば、自分のラインについての最終的な判断に生かせます。

上手い素振りをする人は、シミュレーションを重ねて本番に臨んでいます。

より効果の高い情報を得てストロークするのですから、入る確率が高くなるのも当然なのです。
お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5大処分市200701-0801

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200701-0801