思うように上達せず、熱が冷め気味だという人の話

getty

思うように上達せず、熱が冷め気味だという人の話

お気に入り

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

毎日のように一人で来場してラウンドしていたSさんという方を最近見掛けないなと思っていましたが、先日久しぶりに会ったところ……。

「上手くなるどころか、ハンデが増えてしまって熱が冷め気味です」だそうです。

熱が冷め気味

熱が冷め気味

getty

以前は、毎日のようにラウンドしていたsさんに久し振りにお会いしました。

私「しばらくですね」

sさん「最近熱が冷め気味です」

私「ハンデが減りませんか?」

sさん「減らないどころか、増えました」

私「上達の壁にぶつかり停滞ですか?」

sさん「そうですね、ちっとも上手くなれません」

私「以前、どうしたら上手くなれますか? と私に聞いたことを覚えていますか?」

sさん「はい、ゴルフは簡単には上手くなれないから、定期的に教わらなくては駄目だと言われました」

私「ゴルフは、一生楽しめるスポーツです。sさんのように数多くプレーする方こそ、定期的にレッスンを受けたほうが良いですよ。私の生徒様には、2年間同じハンデではいけませんよと言ってます」

sさん「2年どころか、もう5、6年行ったり来たりです」

私「ゴルフは、sさんの考えているところに答えはありませんよ。答えにたどり着いていれば、今頃はシングルプレイヤーですよ」

上を目指すためにスイング改造しました

上を目指すためにスイング改造しました

getty

sさん「そうなんでしょうね。ここの倶楽部のチャンピオンの〇〇さんは、河野先生の生徒さんだそうですね」

私「そうです。〇〇さんは、日本という名前の付く試合に出るためには、効率的でリピータブルなスイングでなければ、出られないと確信していましたので、そのお手伝いをさせてもらいました」 

sさん「〇〇さんのスイングを見ましたが、きれいなスイングですよ。スイング改造は、どのくらいの時間が掛かったのですか?」

私「〇〇さんは、ラウンド回数も多く年間150回くらいラウンドしていましたので、スイング改造するのは大変でしたが、オーバースイングを治すのに1年は掛かりました」

上手な人ほど基礎練習をしています

上手な人ほど基礎練習をしています

getty

〇〇さんが昔の仲間と5年振りくらいにラウンドして、帰りがけに当店(ビッグキャリーゴルフショップ)に寄ってくれてお話を伺いました。

「5年前には負け越していたライバル達よりも、今は自分のほうがボールも飛んでいる。

それに、彼らのスイングがそれぞれに個性的で無駄な部分のあるスイングだったことに改めて気が付いた」

と言っていました。

sさん「上手な人ほど、努力してるということですか」

私「そうですね。ラウンドは楽しいですが、技術を向上させるのは地味な練習ですよ」

別れ際、sさんには「ゴルフは、何歳からでも上手くなれます。現状を打破しようとするならぜひ私のレッスンを受けてください」と言いましたが、多分お見えにならないでしょう。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

お気に入り
レッスンプロ・クラフトマン 河野

 私は、趣味が高じてプロにまで成ってしまいました。 それには、沢山の壁がありました。一つの壁を乗り越えると又絶壁のような壁に 当たり、「この壁は絶対に乗り越えられない」と思いながらもコツコツと地味に 練習をしていますと、或る日ヒントに遭遇します。 その繰り返しで小さな成功体験を重ねたおかげで、ハンデ0に成りアマチュアでは日本と言う試合にも出場する事が出来、倶楽部チャンピオンにも成れました。 今は、得た知識と技術を生徒様に出来るだけ分かり易く、レッスンすることが仕事です。 そして得た知識と技術で本も10冊程、楽天ブックス様にて出版させて頂きました。 https://books.rakuten.co.jp/search/nm?g=000&sitem=%B2%CF%CC%EE%CF%C2%C7%B7&x=0&y=0   「ハンデ14からハンデ0までの軌跡」 http://460262.golsta.jp/add/1254804340264     レッスンプロ・クラフトマン 河野和之 http://www3.plala.or.jp/kkouno/

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。