アイアンのミート率アップのための即効ドリル!

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

ゴルフを楽しんでいる人の中には、アイアンが苦手な方が一定数いると思います。ダフりやトップ、またスイートスポットになかなか当たらないなど。

これはつまるところ、アイアンの芯でボールをとらえられていない、またはその確率が低い、という事実なんですよね。

さて、今日はこのアイアンのミート率をアップさせるドリルを紹介していきましょう。これであなたもアイアン上手!?

アイアンのミート率アップにはダウンブローで打ちたい

アイアンのミート率アップにはダウンブローで打ちたい

getty

アイアンのミート率をアップさせるには、まずダウンブローでボールを打ちたいんですよね。

これはよく言われるアイアンの基本でもあります。

アイアンショットを芯でとらえるコツは、やはり基本と言われているダウンブローにあったんですね。

そのためダウンブローに打つドリルこそが、アイアンのミート率アップに直結するドリルになります。

アイアンをダウンブローで打てればミート率は上がる

アイアンをダウンブローで打てればミート率は上がる

getty

アイアンをダウンブローに打つと、ミート率が上がる理由を説明しましょう。

まず払い打ったケースを考えてみましょう。アイアンの芯でとらえるためには、スイングの最下点前後でボールにヒットしなければいけません。

少し手前から入ればダフってしまいますし、高い位置で当たればハーフトップのミスになります。

スイングのインパクトポイントが非常にシビアになってしまい、ミスが許されないスイングになってしまうんですね。

ダウンブローの場合はどうでしょうか。

ダウンブローでは、手前から入った場合同じくダフります。しかし高い位置で当たった場合、ヘッドが下方向に動きます。そのためボールの赤道付近までならスイングの途中でボールがフェースに乗ります。

わずかにヘッドが高い位置でボールに当たっても、ミスショットにならないんですね。

少しの違いかもしれませんが、スイングにおいてはこれが結構重要なんです。

ダウンブローに打てる人は正確に打てているだけでなく、ミスに対する許容度が広いスイングを身に着けていることになるんです。

また、インパクト時にロフトが立っているほうがエネルギー効率が高くなるため、ダウンブローでインパクトロフトが立った状態で打ったほうが、初速が速くなり、結果としてミート率が高くなるのです。

アイアンショットが払い打ち、すくい打ちになってない?

アイアンショットが払い打ち、すくい打ちになってない?

getty

先ほども触れたように、アイアンショットが払い打ち、すくい打ちになってしまっていませんか?

スイングの軌道が緩いダウンブロー~レベルに収まっていればある程度のミスがミスとならずにショットが打てるんです。

しかしレベル~アッパーになった途端、インパクト時のヘッド位置がシビアになってしまいます。

これはなかなか自分の感覚で、スイング軌道を感じ取るのは難しい場合が多いので、アプリや計測器でチェックをしてみてください。

もしかしたら思わぬ結果になっているかもしれませんよ。

ダウンブローともう1つ、再現性がポイント

ダウンブローともう1つ、再現性がポイント

getty

アイアンのミート率アップには、ダウンブローが大切ですが、それともう1つ再現性も大切なポイントになります。

再現性は言うまでもなく、アドレス位置にヘッドを戻してこれるかどうか。

逆にこの再現性が完璧であれば、レベル~ややアッパーでもきれいにボールを打ち続けられるのでしょうが、精密機械でなければさすがにそうはいきません。

ダウンブローのスイングを維持しつつ、再現性を高めていけば、アイアンショットのミート率が今よりももっと高くなるでしょう。

ダウンブローのスイング軌道を体得しながら、再現性を高めるためのドリルを紹介しましょう。

ロフトを立ててインパクトするドリル

ロフトを立ててインパクトするドリル

getty

ダウンブロー&再現性アップにはこのドリルです。

ロフトを立ててインパクト、と聞くとパンチショットを思い出す方もいると思いますが、まさにパンチショットそのものです。

しかしここでは、ドリルなので体に正しいスイング軌道を身につけさせなければいけません。そのためこのドリルの条件は

・ハーフショットで行う
・ティーアップする
・ロフトを立ててインパクトする

この3つを意識して取り組みましょう。

ハーフショットで行うのは、再現性を高めるため、そしてダウンブローで打つための動きを自分で感じ取りやすくするためです。

そしてティーアップするのは再現性を高めるためです。下のティーを叩けばヘッドがインパクトで垂れているので、それはNG。ハーフトップOKです。

またロフトを立ててインパクトするのは、自然とハンドファーストの形でインパクトを迎えられるようにするためです。

ハンドファーストでインパクトができれば、スイングの最下点よりも手前でボールをとらえられます。自然とダウンブローが身につくんですね。

自然にハンドファースト&ダウンブローになるためミート率がアップする!

自然にハンドファースト&ダウンブローになるためミート率がアップする!

getty

このドリルを行って、ダウンブローの感覚と再現性を高めるための動きを再確認しておきましょう。

練習といってもただボールを打ち込むだけでは、やはり効果は薄いのです。

しっかり目的意識を持って体に動きを覚え込ませていきましょう。練習の最初にこれを行って、ダウンブローの動きを確認してみてもいいですね。

アイアンが苦手だというあなたも、ぜひこのドリルでアイアン上手を目指してみてください。

アイアンのミート率が上がれば、パーオン率がぐぐっとアップしてきますよ。

※練習場によっては、ティーアップしてのアイアン練習を禁止している場所もあります。必ず練習場の指示に従ってください。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >
日本シャフトGOSTバナー

カートに追加されました。