クリーブランドの「RTX4」と「RTX4フォージド」ウエッジを試打してみた!

ゴルフが少しずつ上達しスコアが良くなってくると、ショートゲームの重要性が身に染みて分かります。

そして、グリーン周りやバンカーで活躍する「サンドウェッジ」選びも「好きなブランド」から「イメージに合うウェッジ」にシフトしていくと思います。

私自身、ウェッジと言えば「ボーケイ」でしょ! とミーハーなチョイスを続けてきましたが、何となくイメージがズレてきたので、ウェッジ探しの旅を始めました。

そして今回は、クリーブランドの「RTX4 ウエッジ」と「RTX4フォージドウエッジ」を試打しましたのでレビューしたいと思います。

クリーブランドゴルフの紹介

クリーブランドゴルフの母体は住友ゴム工業株式会社で、ゴルフ用品を専門とするSRI スポーツが所有するブランドです。

日本国内でのブランドの位置付けとしては、ダンロップ系列である「スリクソン」や「ゼクシオ」と同じ並びになります。

クリーブランドゴルフは、ショートゲームに絞って取り組んでいるという点ではトップブランドでしょう。

ショットメーカーとして有名な松山英樹選手もクリーブランドの「クリーブランド RTX2.0 プレシジョン フォージド ウエッジ」を長く愛用しています。

トッププロは状況によって1本のクラブでも様々なショットを打つため、松山英樹選手が使うウェッジもヒールの高さを抑えて開きやすさを追求した形状になっています。

クリーブランドの「RTX4」と「RTX4 フォージド」を打ってみた!

クリーブランドの「RTX4」と「RTX4 フォージド」を打ってみた!

左側が「RTX4フォージド」、右側が「RTX4」です。

クリーブランドは他社ウェッジと比較してヘッドの座りがよく、ハイバウンスでもそれを感じさせません。

またソール部分は、開いても使いやすいように削られて、グリーン周りでいろいろな使い方をしたい人にはイメージがバッチリ合うと思います。

砂の薄いバンカーでプレーすることが多い人にもオススメですね。

実際に「RTX4」と「RTX4 フォージド」を試打してみると、ヘッドの抜けの良さを感じます。

人工芝ということを差し引いても、ボールの下をスパッと抜くショットが打ちやすそうだなと感じました。

スペックの主な違いとしては、「RTX4」はオーソドックスタイプなウェッジ(他社ブランドのアイアンとミックスしても違和感なし!)に設計されています。

一方、2019年に発売された「RTX4 フォージド」は、フェーストップに向かって厚くした『逆テーパーブレード設計』であったり、S20C軟鉄鍛造モデルであったりと、やや日本のゴルファー向けに開発された感があります。

「RTX4」と「RTX4 フォージド」の一番大きな違いは、ヒールの削り方!

「RTX4」と「RTX4 フォージド」の一番大きな違いは、ヒールの削り方!

「RTX4」と「RTX4フォージド」の一番大きな違いは、S20C軟鉄鍛造の打感や逆テーパーブレード設計ではなく、ヒール部分の削り方にあると感じました。

「RTX4 フォージド」のヒール部分は、「RTX4」と比較して削り込まれた形状になっており、開いて使ってもバウンスが主張してきません。

スクエアに構えた時は大きな差を感じませんが、開いて構えてみるとこの差が非常に大きく感じました。

「バンカーでも使うため、それなりのバウンスは欲しい。だけどアプローチで開いても使いたい!」という人は「RTX4 フォージド」がオススメです!!

お気に入り
Yanagi@JPDAドラコンプロ

JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 Twitterやブログもやってますので、気になる事があればお気軽にお問い合わせください。 https://twitter.com/Out_Drive300

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5 コーデバトル200403-0416
日本シャフトGOSTバナー

カートに追加されました。