元クラブフィッターが教える、意外と簡単なクラブのメンテナンス法!

お気に入り
僕の知り合いで、今まで一度もクラブを洗ったことのないシングルさんがいます。こういう人は大変珍しいのですが、シングルになるほど練習をしているのに、ゴルフクラブについての構造的な知識がまるでないのです。

この人がもしもクラブのお手入れをしていたら、もっと上手くなっていたのでは? と思ってしまいます。

お手入れをしていると、クラブの構造を理解できるようになったり、クラブの傷の付き方でミスの原因がわかったりします。

ゴルフ工房のクラブ職人さんは、クラブを見ただけでその人のクセやミスの原因がわかります。なぜならクラブに付いたキズが物語るからです。

クラブを見ただけでわかるようになるには大変な労力がいりますが、自分自身の特徴くらいは、クラブをメンテナンスすることにより、つかんでおいたほうが良いのではないでしょうか。

そして何よりきれいなクラブでプレーしたいですよね! 今日はクラブのメンテナンスについてのお話です。

キズ消し編

1.ドライバーのテンプラ跡やボール跡を消す

用意するものは車用のコンパウンド液体です。できたら、キズ消しとつや出しの2種類。

少量のキズ消し液をキッチンペーパー等に含ませ、ドライバーのテンプラ跡を擦ってください。きれいになったら全体をつや出しで磨けばピカピカになりますよ!

2.ドライバーやウッド系の塗装剥がれ

小石等で塗装が剥がれてしまった小さなキズには車用のタッチペンです。

まず、キズ部分を中性洗剤で洗いよく乾かします。その部分にタッチペンを塗り1時間ほど乾かします。その後、1で使ったキズ消しのコンパウンドで擦って、その後つや出しで磨けば、驚くほど目立たなくなります。

失敗したら、アセトンの入ったネイル用の除光液で拭き取ればやり直せます。

3.ドライバーの塗装の引っかきキズを目立たなくする。

引っかきキズは少々手強いですが、根気があれば大丈夫。

まずは、細かい目のサンドペーパー(1500~2000番)で引っかきキズを目立たなくなるまで擦ります。この時塗装を削るので削り過ぎないように注意してください。

その後は車のコンパウンド(練り系のもの)でサンドペーパーをかけた部分を中心にヘッド全体擦ります。

キッチンペーパーで擦るとやりやすいかと思います。ここまででキズそのものが目立たなくなればほぼ成功です。

その後はリキッドタイプのコンパウンド→つや出し液の順で磨き上げてください。この磨き作業に根気がいります。とにかく愛情を込めて磨き上げてください。

きれいになった時にはなんだかとても愛しくなってたりします。さらなる愛着が湧きますよ!

ラウンド、練習後のメンテナンス

ラウンド、練習後のメンテナンス

getty

コースではラウンド後にクラブ確認をしますが、その後にキャディさんやマスター室の方がクラブを拭いてくれます。

ヘッドの泥なんかはだいたいこれできれいになりますが、これだけでは不十分です。キャディバッグは車のトランクに入れっぱなしにしないで、家に持って帰りましょう!

ラウンド後メンテナンスとしては以下の1、2をクラブに愛情を込めて施してあげてください!

1.アイアンのボール跡や溝のゴミ取り

キッチン用のスチールウールや硬めのスポンジで直接擦ればきれいになります。溝もほとんどきれいになりますが、気になるようなら、楊枝など尖ったもので溝を掃除してください!

ちなみに、練習場などで古いツーピースボール等を打つとボール跡(ゴムのカス)が残ります。これを残ったままにしておくとボールにスピンがかかりません。

スピンが効いてほしいクラブほどボール跡が付きやすいので、絶対に擦り取ってくださいね!

2.グリップの拭き取り

濡れた布(タオルやおしぼり等)で1本ずつグリップを拭きます。大概の汚れはこれだけでOKです。

中性洗剤とたわしを使ってごしごしやっても構いません。この場合、スチールシャフトのアイアンクラブはグリップエンドから水が混入しないように注意しましょう。

また、最近では樹脂系のカラーグリップが多いですが、黒ずんでしまった汚れは気になりますね。せっかくの鮮やかなカラーに黒ずみがあると美しくないです。

この黒ずみは中性洗剤とたわしでごしごしやっても意外と消えないんです。

油性の汚れなので、ホワイトガソリン(キャンプ用品店に売ってます)やベンジンをキッチンペーパー等に含ませ、拭き取ってみると簡単にきれいになります。

普段のメンテナンスとしては、グリップを濡れた布で拭き取ってあげる程度で十分ですが、ラウンド後にはフェース面の拭き取りをしましょう!

キャディバッグは家に持って帰ろう!

キャディバッグは家に持って帰ろう!

getty

家にキャディバッグがあると、意外にキャディバッグの中身が気になります。長い間開けていないポケットはありませんか?

例えば、ずっと雨が降ってないと、前回着たレインウェアがクシャクシャのままバッグのポケットに入っていたりします。

雨の後はレインウェアのメンテナンスもきちんとしておきましょう! 次回が突然の雨であってもスムーズに気持ちよく着用できます。

こういうことも無駄なくこなせると、スコアに反映されてきますので、キャディバッグの整理整頓というのは大事なスコアアップの要因なんです!

使わないボールやグッズが長期間入っていたり、無駄に重いキャディバッグは扱いにくいだけです。

ぜひともキャディバッグは家に持って帰りましょう!

以上、愛情を込めて道具をお手入れすれば、スコアアップにつながるというお話でした。

元クラブフィッターの《zoro》より
お気に入り

カートに追加されました。